2005年08月31日

9月の予定

●2−4日 AMAスーパーバイクレース
        ジョージア州 Braselton ロード・アトランタ

・・・だけ。
秋になるとチャリティーゴルフやバスケキャンプがなくなるから
仕方ないですね。


プレゼント楽天でこんなアクセサリー売ってます。(Jumpman Triple Threat
Triple_Threat

posted by まき at 20:51| Comment(2) | TrackBack(1) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

Kiss Kiss? Kiss

MariahCarey
2003年2月9日、最後のオールスターゲーム


Jasmine
1996年6月16日、優勝を祝うロッカールーム


Bull
1994年9月9日、シカゴ・スタジアムのブルに


何年かぶりで『スラムダンク』をパラパラしていたら、21巻のカバーに「ブルにキス」のことが書いてあったので・・・あとのはついでですわーい(嬉しい顔)
ひざまずくマイケル、素敵。キスでお別れしたこのフロアが、今は自宅のトロフィールームの床になっているというのも素敵なことだと思う。
(もしご存知ない方がいらしたら――取り壊しが始まる前の旧シカゴ・スタジアムで、最後にスコティ・ピペン主催のチャリティーゲームが行われ、野球をやっていたMJも「現役最後の試合がシカゴ・スタジアムではなかった」ということもあって参加。187−150のゲームで両チーム最高の52得点。ゲーム終了後に「親友にさよならを言うのに、言葉だけじゃ足りないから」と、コートにひざまずいてキス――という事情です。)


ジャバーがレイカーズのACにというのは、ただの噂だったんでしょうか。
レイカーズが3人のアシスタントコーチを雇った、というニュースには、フランク・ハンブレン、カート・ランビス、ブライアン・ショーの名前しかありませんね〜。
嘘書いちゃってスミマセン。





posted by まき at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

2年目でなかなか好調?

8月28日のレースでは、チーム・ジョーダンのジェイソン・プリッドモア(日本テレビの解説者がそう発音していたので「プリドモア」から変更)とスティーブ・ラップが8位、9位に入ってます→ レース結果

050826 左がラップ、立っているのがプリッドモア

今週末にあるアトランタでの最終ラウンドを残して、総合順位でもラップが8位、プリッドモアが20位(レース中の事故による負傷で長期欠場したため)→ 総合順位

去年は参加しているだけだったけど、今年は競うレベルにはなっていますね。でも、その一方で、マイケルがAMAレースに加わるきっかけだったモンテス・スチュワートの名前は見つからず…クビにはなっていないと思うけど、どの世界も厳しいなぁ。

それに、チーム力がアップすれば、マイケルはますます黒衣に徹する感じで、去年ほどの露出もないのがツマラナイ。(と、また言ってみる(爆))
posted by まき at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

UNCチャリティーゲーム(追記あり)

豪華メンバーのフォトギャラリーでもあるかな?と思ったんですが、スタックハウスとボブキャッツのルーキー、レイモンド・フェルトンのみ…。(2人のQ&A

Stackhouse スタック Felton フェルトン

まだこれから?
マイケルが参加しているわけじゃないので、写真や記事を探し回る気もありませんけど。(^_^;

☆SSさんのHPのフォトギャラリー(29日追記)
カメラ World's Greatest Alumni Game @ Chapel Hill

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

梅田香子さんが、イリノイ州では8月20日くらいから新学期と書かれていたので、いよいよマーカス君もハイスクールの1年生なのかしらと、ロヨラ・アカデミーのHPを覗いてみたら、ドレスコードを発見。
・学校指定のポロシャツ
・トラディショナルなデザインのパンツ(黒、ネイビーブルー、カーキ等)
・靴はドレスシューズ、テニスシューズ、ドレスサンダル

dresscode2005

ビーチサンダルやシャワーサンダルはダメ、とか、パンツ丈は足首まであること、腰でずり落として下着が見えてはダメ(笑)とか、さすがにカトリックの学校ですね。

posted by まき at 21:14| Comment(3) | TrackBack(0) | UNC | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

1995-96 Bullsが2番の理由

とりあえず、これだけ読んでみました。
別にブルズが1番じゃないのはいいんですけどね。
私には判断できないことだし…。
ただ、「ジョーダンが一時引退していなくても、8連覇はロケッツに阻止されていただろう」と言われれば、「逆にファイナルで対戦して目にもの見せてやりたかった」と思うし、シャック&コービのレイカーズが3連覇した頃は、「王朝時代のブルズより強い!」という世評にムムッとなったり、最近もまた、「ジョーダンズ・ブルズの時代は今よりリーグのレベルが低かった」なぞという一部の若いファンの意見に悲しくなっていたので、高く評価されるのは単純に嬉しい。


1995-96 Bulls >1991-92 Bulls の理由:リバウンド、チームディフェンス、チームスピード、ベンチプレーヤーでまさる。オフェンスの実行力がずっと上だし、MJは若い頃より多彩。ウェニントンはカートライトをフープから引き離せただろう。ハーパーはアームストロングを無効にできる。クーコッチはどの控え選手が相手でも思いどおりにプレーしただろう。

1995-96 Bulls >1971-72 Lakers の理由:チームスピードに勝り、スターターのディフェンスも総体的に優れている。クーコッチはレイカーズのサブ(スターターでも)の手に余るはず。ウェニントンはゴール下から離れないチェンバレンを相手に望むままオープンショットを得ただろう。ロドマンはスピードのあるヘアストンと一緒に走れるし、ボードでのチェンバレンの支配力を弱めただろう。ハーパーのディフェンスは、グッドリッジをシュートで苦心させただろう。

1966-67 Sixers >1995-96 Bulls の理由:ブルズは本質的に技巧のチームで、手荒な戦術に弱い。シクサーズはブルズを振り回しただろう。チェンバレンはロングリーを完全に混乱させ、ロドマンは(カール・マローンにしたように)ジャクソンの頭に入り込んだかもしれないが、得点を当てにされない相手では策略の効果も小さかったはずだ。ピペンが一方のエンドでウォーカーをクィックネスで上回ったとしても、ウォーカーは他方のエンドでピペンを倒しただろう。MJは確実にグリアーを封じ、ハーパーはジョーンズの力を制限したろうが、カニングハムはクーコッチを壊滅させたはずだ。そして、ロドマンはペイント内で圧倒され、フィリーはオフェンスリバウンドをバレーボールのようにプレーしただろう。


こんなことでしょうか。
見たことないチームだから何とも言えない・・・つまり、35歳のチェンバレンには勝てても31歳のチェンバレンには勝てないってことかしらん。(^_^;

<参考までに各チームのメンバー&スタッツ>
66-67 Sixers  95-96 Bulls  71-72 Lakers  91-92 Bulls
posted by まき at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

インテンシティ

『ジョーダン』(PLAYING for KEEPS)でも紹介されていた強烈さのエピソード、チャーリー・ローゼン氏も目撃者だったようで、下記リストのMJ評にも綴られていました。実際こんな場面に居合わせたら、身震いするでしょうね。

All-time best shooting guards
No. 1 ― MICHAEL JORDAN

 この選択は簡単。
 ほとんどの主力スコアラーは、得点のためにエネルギーを温存しようと、ディフェンスは惰性でプレーする傾向がある。ジョーダンは、不屈のディフェンスによって、コートの両エンドでのクラッチプレーでゲームに勝てる、まれな例外だった。
 並外れた才能のほかに、ジョーダンの成功のXファクターは、とてつもない競争心にあった。MJはたいていの選手が試合で見せる以上の激しさで練習した。そして、チームのスーパースターが練習に全力を尽くせば、ベンチの最後のメンバーも同じことをするモチベーションを与えられた。

 私が今までに目撃した最も驚くべきプレーは、マイケル・ジョーダンによって演じられたものだ:1989年10月、CBAのロックフォードでコーチをしていた私は、トレーニング・キャンプが始まったばかりのブルズの練習場にいた。ブルズはロックフォードにとってNBAの「系列組織」だったので、私にはブルズを解雇されたドラフト指名選手やFA選手の所有権があり、最も注目していた選手が、キャンプの間だけブルズと契約していたセント・ジョセフ大卒の6−4のタフガイ、マット・ブラストだった。
 どこのトレーニングキャンプでも、最初の数日は同じ手順だ:主力メンバーはドリルやスクリメージで流し、他の全員はがむしゃらにプレーする。だからジョーダンは、さもなければ生ぬるいスクリメージの見学者を自分のスラムダンクで楽しませようと、セミ速攻の場面で軽くギアを上げた。しかし、ブラストが、まるでパンツに火がついたように猛然とジョーダンに追いつき、ヒズ・エアネスを押し倒したのだ。
 ドスン!とジョーダンは倒れ、しばらく動かなかった。突然ジムは静まり返り、トレーナーが慌ててコートへ走った。聞こえるのはただ、ジェリー・クラウスが朝食のドーナツをのどに詰まらせて、むせる声だけ・・・
 ・・・ジョーダンがようやく立ち上がり、トレーナーの介抱を振り払って、スクリメージを再開するように合図するまで。だが、MJの恐ろしい目つきは、破壊的かつ創造的な報復を予告していた。
 ゲーム再開まもなく、不注意なパスを盗んだジョーダンは再びフープへ向かい、御前プレーに没頭するブラストがボールを追う。
 トラブルの最初の気配は、ブラストを追いつかせるように、ジョーダンがややスピードを落としたことだった。それからジョーダンは、前と同じように、右手でボールをつかみ、バスケットめがけて上昇した。だが今回のMJは、ブラストの2度目の大それたアタックに対して、左肘でルーキーの額に猛烈な一撃を加えるという先制攻撃にでた。そして次に、まだ空中に浮いたまま、ボールを右から左に持ち替え、リムの反対側へ腕を回して、とどろくようなダンクでジム全体を震わせた。
 ジョーダンに2得点とノックアウト。ブラストに軽い脳しんとうと早い引退。

* * * * * * * *

私がファンになった頃は、もうかなり丸くなったと言われていたものだけど。
それでも、こういう激しい表情が素敵♪

9596Shout

三浦哲郎氏もお好きな、“こめかみに膨れる血管の曲線模様”も麗しく
posted by まき at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

All Time Best

フィル・ジャクソンの親友で元CBAのコーチだった作家のチャーリー・ローゼンによる史上最高のチーム&選手。
解説は訳しきれないので、一応リストアップだけ・・・昔のことは全然わからないけど、どんなもんなんでしょうか?名前も知らない人が入っていたり、私にはけっこう意外なチョイスがあります。

■チーム(1−4位)(5−8位)(9−13位

 1:1966-67 シクサーズ(68勝13敗)    
 2:1995-96 ブルズ(72勝10敗)
 3:1971-72 レイカーズ(69勝13敗)    
 4:1991-92 ブルズ(67勝15敗)
 5:1964-65 セルティックス(62勝18敗)  
 6:1983-84 セルティックス(62勝20敗)
 7:1988-89 ピストンズ(63勝19敗)    
 8:2000-01 レイカーズ(56勝26敗)
 9:1969-70 ニックス(60勝22敗)   
10:1986-87 レイカーズ(65勝17敗)
11:1970-71 バックス(66勝16敗)
12:1993-94 ロケッツ(58勝24敗)
13:1949-50 ミネアポリス・レイカーズ(51勝17敗)

上位4チームはチェンバレンとマイケルのチームですが…好み?(笑)
このシクサーズが史上最高のチームという意見は初めて見たような。

コーチ
1:フィル・ジャクソン 2:レッド・アワーバック 3:レッド・ホルツマン 4:パット・ライリー 5:レニー・ウィルケンス 6:グレッグ・ポポビッチ 7:ビル・シャーマン 8:ジャック・ラムジー 9:アレックス・ハンナム(1位のシクサーズのコーチ) 10:ラリー・ブラウン

6th マン
1:ジョン・ハブリチェク 2:ケビン・マクヘイル 3:フランク・ラムジー 4:ビリー・カニングハム 5:マイケル・クーパー 6:ビニー・ジョンソン 7:リッキー・ピアース 8:ボビー・ジョンズ 9:デトレフ・シュレンプ

センター
1:ビル・ラッセル 2:カリーム・アブドゥル・ジャバー 3:シャキール・オニール 4:ウィルト・チェンバレン 5:ジョージ・マイカン 6:ハキーム・オラジュワン 7:ネイト・サーモンド 8:ビル・ウォルトン

PF
1:ティム・ダンカン 2:ケビン・マクヘイル 3:ボブ・ペティット 
4:カール・マローン 5:デイブ・デブッシャー 6:ドルフ・シェイズ 
7:デニス・ロドマン

SF
1:ラリー・バード 2:ジョン・ハブリチェク 3:スコッティ・ピペン 
4:ジュリアス・アービング 5:リック・バリー 6:エルジン・ベイラー 
7:ビリー・カニングハム 8:ドミニク・ウィルキンス 9:ジョー・ファルクス

PG
1:オスカー・ロバートソン 2:マジック・ジョンソン 3:ジェリー・ウエスト 4:ジョン・ストックトン 5:ウォルト・フレイジャー 6:デニス・ジョンソン 7:レニー・ウィルケンス 8:ラルフ・ベアード 

SG
1:マイケル・ジョーダン 2:ビル・シャーマン 3:サム・ジョーンズ 
4:コービ・ブライアント(まだ26歳、今後の成熟しだいではジョーダンの牙城を脅かすかも?) 5:ハル・グリアー 6:クライド・ドレクスラー 
7:アール・モンロー 8:シドニー・モンクリーフ 9:ジョージ・ガービン
 
過大評価されている選手
チャールズ・バークリー、ウォルト・ベラミー、パトリック・ユーイング、コニー・ホーキンス、エルビン・ヘイズ、カール・マローン、ボブ・マッカドゥ、ピート・マラビッチ、ゲイリー・ペイトン、デイビッド・ロビンソン

過小評価されている選手
リック・バリー、ジョー・デュマース、ハル・グリアー、ネイル・ジョンソン、ジェリー・ルーカス、バーン・ミケルソン、シドニー・モンクリーフ、ウィリス・リード、デニス・ロドマン
posted by まき at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

Senior Flight School

昨日ツマランと愚痴ったら、シニア・キャンプの様子がUPされてました。
言ってみるもんやな。(笑)

こちら

でも、マイケルの写真は少ないです…。

SeniorCamp_1   SeniorCamp_2   SeniorCamp_4

さすがに1万5000ドルのキャンプよねぴかぴか(新しい)
SeniorCamp_3

posted by まき at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケキャンプ | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

まだプレーするデニス

デニス・ロドマンが、フィンランド/ヘルシンキのチームと11月6日に1試合だけ、15分以上プレーするという条件で出場契約を結んだとか。

現在のブルズについては――
・FAのマリク・アレンと複数年契約成立
・チャンドラーとは6年6000万ドルから6400万ドルで交渉中
・キングスの制限付FAダリアス・ソンガイラにも関心
・ポストプレーヤーの獲得は、ガードのエイドリアン・グリフィンやレイカーズ他から大きな関心を寄せられているジャネロ・パーゴの離脱につながるかもしれない

――こんなところ。


それにしても、毎年のことながら、ラスベガスのシニア・キャンプは何の情報も漏れ聞こえてこなくてツマンナイバッド(下向き矢印)
そう言えば、レジー・ミラーがTNTと契約したそうで、ファンが羨ましいです。
いつかブルズがファイナル進出を成し遂げたあかつきには、マイケルも特別ゲスト解説者か何かでテレビ出演してくれますように…(他チームのオーナーになっていたら無理か<どっちもいつのことやら)
posted by まき at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

Sports Illustrated(2)

CHAPTER 1: THE RISE
【LOOK OF A WINNER】

初期のジョーダンはリングマスターというよりアクロバットと思われていたが、すぐにもゲームを支配するだろうチャンピオンの兆候は明らかだった。

BY ALEXANDER WOLFF

彼を忘れたかのように、マイケル・ジョーダンのことを考えてほしい。無冠の、優勝前の、タイトルのないジョーダンを。プロとして最初の6シーズンは、幾人かのNBA闘牛士に征服された雄牛(ブルズ)と共に終わった。その当時は、突き出た舌も取るに足りない小児のチック症状に見え、四肢には、いずれそうなるだろう彫りも輪郭もなく、いまだ思春期のか細さ。暗くて隙間風の入るシカゴ・スタジアムで、4人のコーチのためにプレーする彼は、まだ時々、いつかエア・ジョーダンの曲芸や魔術を模写できるようにと願う世界中の子供たちの1人のように見えた。

実際には、すでに彼はタイトルを手にしていたのだが:ノースカロライナ大学の1年生として1982年に勝ち取ったNCAAチャンピオンシップを。ターヒールズをその王座に就かせたプレーは、より高いレベルのタイトルが彼を待ち受けていると我々に知らしめたはずだった。ニューオーリンズで行われた決勝戦の遅いタイムアウトのハドルで、ディーン・スミスコーチは19歳のジョーダンの方を向き、キーの左サイドからのジャンプショットをコールして、「ぶちかませ」と命じたのだから。もちろん、ジョーダンはやってのけた。けれども、その当時の彼は、スミスのマシーンの単なる1つの歯車、カロライナのカースト制度における不可触賤民、すべてのターヒールズ1年生のように、遠征では重いフィルムプロジェクターを運ぶように命じられる男でしかないように思われていた。

続きを読む
posted by まき at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 99SI | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

目の保養

今日のテレビで、ジュード・ロウが「世界で最も美しい男」やら「世界一セクシーな男」やら「世界で最も着こなしのよい男」やら「最もセクシーなお尻」やらに選ばれていると知って、何かむらむらと対抗心が…(笑)

23WhiteShirt    jude_law   

悪いけど、どー見ても勝ってるし♪
《こんな写真で較べるのは不公平?だって、ジュード・ロウは綺麗な顔のアップばかりで、上半身が映っているのはこんなの(暴言)しか見つからなかったんですもん》
posted by まき at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

Sports Illustrated(1)

99年の引退会見直後、他では見られないグラビア目当てにスポーツ・イラストレーテッドの引退特別号を買いました。
私は中1の2学期くらいから出来る限り英語を避けて通ってきた人間なので、読もうなんて大それたことは考えていなかったけど(笑)、だんだん眺めるだけではもったいなくなり、再々引退後に少しずつ解読を始めたんです。
・・・まったく、翻訳より解読という感じ。(^_^;
でも、過去のスポイラから厳選された記事ばかりなので、さすがに面白くて、日本語にするのも楽しかった。
自分のために訳したものですが、順々に載せてみようと思います。でも、ホント英語は苦手なので、自分の訳が合っているか間違っているか自己判断できないことをご了解ください。


Sports Illustrated PRESENTS
MICHAEL JORDAN A TRIBUTE

――A tribute to Michael Jordan, including the best stories from the archives of SPORTS ILLUSTRATED

INTRODUCTION
【A MAN FOR HIS TIME】

それは、人種、文化、国籍を超えたメディア受けの良いスーパースターの出現に絶好のタイミングだった -- そして、マイケル・ジョーダンはその役割にうってつけだった。

BY FRANK DEFORD

我々がその意義を誇張している可能性は認めても、最も忘れがたいアスリートたちがそれぞれの時代を映しているのはめずらしいことではない。間違いなく、ベーブは狂騒の1920年代と共にあった。ちょうど、ジャッキー・ロビンソンが第二次世界大戦後の大きな社会の前進を完璧に体現し、アリとビリー・ジーンが彼らの時代の混乱を象徴しているように。同じく、マイケル・ジョーダンはただバスケットボール選手として非凡なだけではない。彼はまた、現代の我々にとって適切で、うってつけのアスリートだった。この、アメリカ合衆国が唯一の超大国であるだけでなく、文化的にも世界を支配する、比較的平穏な、すっかり豊かになった世紀末にとって。

すでにジョーダンは、アスリートであるのと同じほどカルチャー的な象徴ではないか? 例えば数年前、中国の学生たちによる「世界で最も偉大な人物」の投票で、彼は周恩来と同順位だった。今日では、背が高く、肌が黒く、頭を剃った青年が、地球上で最も知られた顔になったことも無邪気に受け入れられる。ダイアナ妃の死去に伴い、ノースカロライナ州ウィルミントン出身のマイケル・ジェフリー・ジョーダンは、確実にあちこちで見聞きする存在、人間ハードロックカフェTシャツ、世界一の有名人になった。

けれども、もしジョーダンがプレーしたアメリカンスポーツ(わずか100年の歴史の)が、彼の登場したまさにその時期に、アメリカ国内のフットボールや野球、他国のサッカーに挑むほど台頭していなければ、彼の世界的な名声は -- そして個人的な資産も -- 得られたはずがないことは教訓的である。ジョーダンが現代の他の誰かに最も似ているとしたら、それは恐らく、ほんの昔には存在さえしなかったビジネスと企業体としての富で世界のトップに登り詰めたビル・ゲイツであろう。

このような名声は批判も呼んだ。いまだに、ジム・ブラウンやしつこい反ナイキ狂信者のような人々から彼に向けられる非難の大半が、アスリートとしてや個人にではなく、ビジネスマンとしてのジョーダンに関係するのは、好況時代 -- マイケル・ジョーダン時代 -- ゆえである。このジョーダンは、あまりにも貪欲で、社会的責任に欠ける巨大複合企業だと彼らは言う。ジョーダンはなぜ、クリスマスの七面鳥を配るなりして、もっとスラム街で時間を過ごさないのか? 奇妙にも、今までにラリー・バードがアパラチアで援助活動をして休日を過ごさなかったと厳しく批判した人間は1人もいない。

続きを読む
posted by まき at 22:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 99SI | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

Alumni Game

ノースカロライナ大学で開催のチャリティーゲームは、「The World's Greatest Alumni Game」と言うんですね。スタックハウスとジェイミソンがホストですか。確かに豪華な顔ぶれではあるけど、The World's Greatestと言えば・・・来ないのね、彼。(笑)
て言うか、ドワイト・ハワードはカレッジ行ってないじゃん。(^_^;
あ!ACCチームの方にラルーがいる〜。なつかし〜。

980613_LaRue 98年6月13日

98 Finals Game5 に負けた翌日のチーム練習で、なんとなく全員が重苦しい雰囲気の中、1人リラックスムードのマイケルは、チーム練習後も試合出場の少ないシンプキンスやブラウン、アクティブ・ロスターに入れなかったラルーやブースと1 on 1 を楽しんだとか。
そういうところが、ス・テ・キ♪


さて。
NBAには次々いろいろな動きがあり、ブルズもデュホンと再契約、次はチャンドラーとカリーという段階のようですが、やっぱり私にとっては二の次で。
私がどうこう思っても仕方ないことをどうこう思うほど強い情熱はない…というところでしょうか。
ここ数日はマイケル関連の情報もさっぱりだし、そろそろ当ブログもスローダウンすると思います。(もうしてる)いや〜4ヶ月以上もほぼ毎日更新のハイペースを持続できたことの方が不思議。
posted by まき at 20:57| Comment(2) | TrackBack(1) | UNC | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

壁紙

NikeTalkで、マイケルのDesktop wallpaper のページが紹介されていました。
他にも各チーム、レジェンド、高校時代のレブロンなど。
お気に入り、ありませんか?

MJはこちら

これだけ綺麗なブルーなら、ウィザーズのユニフォームも悪くない♪

MJwiz
posted by まき at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

現代のミダス王

 マイケル・ジョーダンの母校として有名なウィルミントンのレイニー・ハイスクールは、ジョーダンのハイスクール・ジャージ等のレプリカ販売契約をナイキと結び、純売上高の7%を得ることになった。
 6月に最初の3ヶ月分の小切手が届くと、それは高校にとって1年分の教育用品購入費にほぼ匹敵する11万2000ドル。
 校長は決してそれほどの金額は期待していなかったと言う。「突然、ドカン!だ」
 レイニー・ハイスクールはドリンク自販機からの収入が急落していて、資金不足からシニア・アワードのカットを考えていた。さらに、ニューハノーバー郡からの助成金が足りず、新しい体育館のプランも断念した。ナイキからの収入の一部は、現在の体育館の改装に使われるだろう。他の使い道は考え中。
 

という記事が。
さしずめ、金のなる木かミダス王か、何でも出て来る打ち出の小槌有料
7%で11万2000ドルというと、3ヶ月で160万ドル売れたんですね。
ナイキのハイスクールジャージってこれのことかな?
(白はNBA Storeでセール中:$69.99 - $79.99 → $39.99 - $45.99)

white    blue
posted by まき at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

13歳のMJが米国議会図書館に

夏休みに米国議会図書館で古い著作権記録を調べていた大学生が、いろいろ面白いものを見つけた…という記事があり、1954年にゴルフ練習場でスイングするマリリン・モンローのホームビデオや、暗殺されたリンカーン大統領の血と思われる染みのある1865年4月14日のフォード劇場のプログラムの写真などと一緒に、13歳のマイケルがバスケットボールをしているビデオもあったんだそうです。
すべて著作権保有者からの許可を得るまで公開できない、ということだけど、私は中学生のマイケルのプレーを見たいと思うより、誰が撮影したビデオか、どういう経路で議会図書館にあったのか、そういうことの方が知りたい。

13歳のマイケルって、さぞやピョロピョロだったでしょうね。スキャナがあれば、『FAMILY FIRST』に掲載されていた小枝のような10年生のマイケルをUPできたんだけど…。
これは72年頃だそう。

FamilyPhoto (妹、次兄、マイケル、母、長兄、父、姉)

お母さんによれば、「マイケルは小学校に入学する頃から1つ年上の兄ラリーより体が大きくなり、力も強かった」


◆あちこちでFAやトレードが決まっていくのに、ブルズは音沙汰なしですが。
クリス・デュホンは3年で約1000万ドル(来季280万ドル)というラプターズのオファーシートにサインしたとか。でも、最初は3年600万ドルという条件を提示したブルズも、ラプターズの条件にマッチするつもりだそう。ラプターズGM談:「だけどまぁ、彼らがマッチしない可能性もほんの少しはあるかと思ってね」
他には、「パーゴはキャブスと会談することになっているが、キャブスの本命はマイアミのデイモン・ジョーンズで、パーゴやワシントンのスティーブ・ブレイク、ニューオーリンズのダン・ディカウはジョーンズ獲得に失敗した場合の穴埋め」とか「ブルズはブライアン・グラントに関心がある」などと地元紙で報じられてます。
ブライアン・グラントは無理でしょー?
posted by まき at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

被疑者にあらず

最初からそこをはっきりさせてほしかった。
ESPN と、MSNBCが「ESPNによると」と報じた記事には、「Official says Jordan not directly responsible」とか「Officials say NBA legend not suspect, but "would know who was involved"」と書いてありました。本当にyuko_mj23さんの言う通りですね〜。

ざっとESPNの内容。

 サンタバーバラ郡消防当局は、放火捜査に関してマイケル・ジョーダンと話したいと思っている。
 ジョーダンと12人ほどの友人がゴルフをしていたランチョサンマルコス・ゴルフコースに隣接する25エーカーを焼いた火事は、250人の消防士、2機のタンク航空機、3機のヘリコプターで鎮火に4時間半以上かかった。
 「我々はジョーダン氏が直接火災に責任があるとは考えていないが、彼のパーティーのメンバーが火元という可能性もあるので、彼らのグループについて知るためにジョーダン氏かマネージャーと話がしたい」と、サンタバーバラ郡消防署の広報担当官キース・コルムは、木曜日にESPNハリウッドに語った。「これまでのところ、我々は彼から協力を得ていない」
 「マイケル・ジョーダンは火事が始まったホールにいなかったが、誰が関わったか知っているのではないかと思われる。我々はマイケル本人に電話をくれるよう求めてはいないが、マネージャーか代理人が捜査に協力してしかるべきだろう。これまでのところ、彼らはそうしていない」
 マイケル・ジョーダンのスポークスパーソン、エスティー・ポートノイは木曜日、「当局が言及したように、マイケル・ジョーダンはカリフォルニア州サンタバーバラのランチョサンマルコス・ゴルフコースの火事には関与していません。火災が発生したときはゴルフコースでプレーしていました。彼は消防士の活動を称賛すると共に、1人も負傷者がでなかったことを喜んでいます」と述べた。
 火事を起こした人間は、過失であっても刑事責任を問われる可能性があり、多額の経費を請求されるかもしれない。


前の記事から消防士の人数は倍増、延焼面積は半減。なんだかな。
posted by まき at 21:39| Comment(3) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

さらにキャンプ写真

カウンセラーか何か、10日間スタッフとして働いた方から提供の写真がいっぱい。
The Whole Flight School Experience

ダンクしてます!

Day2_dunk  

Day2_dunk2

キャンプ申し込みのウェイティング・リストに数百人て、すごい人気ですね。
posted by まき at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケキャンプ | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

火事

昨夜の件、カリフォルニアの地方テレビ局に記事がありました。(こちら
だいたいこんなところかな…と。

Investigators asking "His Airness" for help
By: Matt Cota  

jordanfire

 週末の火事を調査しているサンタバーバラ郡捜査当局は、マイケル・ジョーダン、もしくは彼のゴルフ友達からの連絡を必要としていると言う。
 土曜日、ランチョ・サンマルコス・ゴルフコースの10番ホール近くで小さな茂みが燃え始め、約40エーカーを焼いた。目撃者から話を聞いた後、捜査当局は、マイケル・ジョーダンと一緒にゴルフをしていた人間の誰かが火元である可能性があると述べた。しかしながら、ジョーダンやパートナーたちと連絡を取る試みはうまくいっていない。
 「我々はマイケル・ジョーダンからの電話は期待していないし、その必要があるわけでもない。しかし、彼から友人たちに、捜査当局と連絡を取って自分達が知っていることを知らせるよう伝えてくれることを望んでいる」と、サンタバーバラ郡消防署のキース・コルムは言う。
 火事は不注意な喫煙者によって起こされたものかもしれないとはいえ、これは犯罪捜査である。捜査当局は、正確に何が起こったか決定するために、当時ゴルフコースにいた全員と話す必要があると言う。
 ハイウェー154が一時的に閉鎖され、けが人はいない。消火活動には100人の消防士と2機のタンク航空機と2機のヘリコプターが出動した。その経費はまだ集計中だが、火事の原因になった者が支払うことになる可能性もある。
 マイケル・ジョーダンは先週、UCSBで開かれているバスケットボール・キャンプのために、サンタバーバラに滞在していた。


キャンプは9日まであったのに、なぜ連絡が取れないんでしょう?
昨日は驚いたのと話が見えないのでネガティブになりましたが、まあ、最悪でも失火だから・・・それにしても、上の写真が"jordanfire"って・・・やめてよ。
posted by まき at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

何、これ

ヤフーでニュース検索してみたら、こんなのが・・・

Investigators focus on Michael Jordan's golf buddies
Santa Barbara News-Press -- Aug 09 12:24 AM
Fire investigators are looking to question at least four people who may have been golfing with former basketball star Michael Jordan at the Rancho San Marcos Golf Course when a fire broke out, officials said Monday.

消防捜査官は、火災発生時にランチョ・サンマルコス・ゴルフコースでマイケル・ジョーダンとゴルフをしていた可能性がある少なくとも4人の人間に事情聴取する予定――ってことですか?

記事を読もうと思ったら、例のサンタバーバラの地方紙なので、有料登録制になっていてアウト。
1記事2ドル50セント、4週間分の記事を読むのに6ドル、13週間分だと18ドル、1年分なら60ドル、は別にいいんですが、この御時世だからカード番号をあちこちに知らせたくないし・・・事件ならば他でも記事になりますよね・・・なってほしくない〜。

ゴルフコースで火災…山火事?葉巻の火の不始末…とか、つい考えてしまう。
さらに、今日のラリー・キング・ライブはABCのニュースアンカー、ピーター・ジェニングス氏(私もファンでした…合掌)の追悼だったのですが、911をきっかけに喫煙を再開したことが肺ガンと関係あるかのようなニュアンスもあったりして。
Cigar Aficionadoのインタビューで、葉巻でリラックスするのは良く分かったけど、やっぱり減らしてもらいたいなぁ・・・。

ありゃ、暗すぎてスミマセン。
☆☆祝スペースシャトル・ディスカバリー無事帰還☆☆
posted by まき at 21:24| Comment(0) | TrackBack(1) | MJ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。