2005年12月16日

思い出をたどれば、とでも

1週間かかって、ようやくサム・スミスのオマージュを読むことができました。
セレモニーの前日に掲載されたピップへのトリビュートも読んでみたいけど、何しろ長い〜。
そろそろ年賀状のことも考えないといけないし。(笑)
またそのうちに、ということで。

【Down memory lane】
      December 10, 2005

92Finals

ホーレスはそこにいた。14カ月のベビーを追いかけ回している北カリフォルニアから飛んで。レイカーズで非常勤の仕事をしながら、ロングビーチ近郊で子供たちのために働いているホッジも現れた。テックスはオレゴンから。数日前にシカゴに着いたデニスは、セレモニー出席のために滞在を延ばしていた。ウィルも、ステイシーも、トニーも、ランディも、ビルもいた。もちろん、ブルズと対戦するレイカーズの一員としてフィルも。そしてマイケルは、ゴルフコースか、モトクロスのトラックか、どこからかやって来た。

そう、必要なのはファーストネームだけ。我々にはそれで分かる。

金曜日、ここではNBAの1試合が予定されていた。しかし、レイカーズ対ブルズのハーフタイムに行われたスコッティ・ピペンの永久欠番セレモニーは、再会の集いとなった。

それは、シカゴ・スポーツ史上一番良い時代の再会、おそらく、アメリカのスポーツ史上最もエキサイティングな時代の再会だった。

多分、かつて一度もこのようなグループは集まらなかったろう -- 魅惑的で、熟練していて、面白くて、論争の的で、幅広く、個性が強く、なおかつ献身的な、大成功を収めたチーム。ボストン・セルティックスやニューヨーク・ヤンキースのようなフランチャイズは、もっと勝っている。アメリカズ・チーム、ダラス・カウボーイズのような、もっと長い間もっと有名だったチームもあるかもしれない。そして、グリーンベイがパッカーズを愛したように、より愛されたチームもあるだろう。

けれども、ジョーダンの並外れた才能、ピペンの優雅さ、それを支えるグラントの勤労意欲やロドマンの因習打破、ビル・カートライトの威厳、フィル・ジャクソンの導き、を兼ね備えた集団は、決して存在しなかった。

続きを読む


posted by まき at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。