2005年12月20日

Scottie: Now and forever

By Sam Smith December 8, 2005

スコッティ・ピペンのようなプロバスケットボール選手は、かつて1人も存在しなかった。そして、再び現れることもないだろう。もう1人のマイケル・ジョーダンは現れるかもしれない。そのカリスマと才能で世界をわくわくさせる誰か。おそらく、スキルと熟達の技を備えたもう1人のラリー・バードも。ウィルトやシャックのような支配的な誰か、ジェリー・ウェストの鋼鉄の表情と氷のような神経を持った誰か、マジック・ジョンソンの魅力と芸術性がある誰かさえ。

しかし、NBAは二度と、自宅近くの大学からは奨学金どころかウォークオンの資格さえもらえず、高校のコーチが知り合いに頼んでくれたおかげで進学できたものの、NAIAに属するセントラル・アーカンソー大学という、NBA選手とは無縁のバスケットボール部で、タオルボーイ兼マネージャーとして働いていたプレーヤーを見いだすことはないだろう。そのすべてが、NBA史上最高の50人に選ばれ、殿堂入りも確実な選手の若き日の姿だった。

続きを読む


posted by まき at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。