2005年12月23日

vs キャブス

2年前の12月にはレブロンを見に現れたので、今日もひょっとして?と思ったけれど、来たのはピペンだけみたいです。これは20日のボブキャッツ戦だそうですが、マイケルもこうやってコートサイドで観戦してくれないかな〜。

051220_Pip

さてブルズ、せっかくの全米放送で見事にレブロンの引き立て役…。
なにしろ、チーム全体でフリースローが10、レブロン1人で13。ブルズのFG%は良いのに、リバウンドもアシストも上回っているのに、FTが10対41じゃ勝てないよ。

ところで、レブロンは相変わらずの活躍ぶりですが、試合前にシカゴ・トリビューンのサム・スミスが少ーし辛口なコラムを書いていました。先日のピペンのトークで、「お金を払ってでも見る価値がある選手」にレブロンの名前がなかったこともあり、ちゃんと読んでみたのですが。(訳は「続きを読む」にて)

ヒューストン・クロニクル紙が付けたタイトルは、『James good but not near Jordan's level』――それは年齢的に当たり前だろうけど、トリビューンのタイトルは、『If he pays mind to "D," he may matter -- LeBron James is brilliant on offense, but Cavs need more from superstar』ということで、やはりディフェンスが今いち、という内容でした。(ひでさんが言われる通りでしたね!)
まぁ、レブロンは称賛されるばかりだから少し辛口に感じるだけで、あえて粗探しというか、期待すればこその提言だと思いますけど。

でも、サム・スミスはコービーのことはすごく買っています。2004年のファイナル終了後、コービーがメディアから一斉に「セルフィッシュ」と批判されたときも、かなりかばっていました。(だったら、若い頃のマイケルのこともかばってくれよ、と思わないでもなく(笑))それはやはり、コービーのディフェンスを評価しているんでしょうね。そこのところ、結局ピペンも同じ見方ということかな。

なんにせよ、レブロンはまだやっと21歳(月末で)ですもんねぇ。まだまだこれから。いいなぁ。レブロンのファンになれば、彼のキャリアをずーーーっと最初から最後まで見守ることができるんだ。。。たっぷり20年くらいも。<20年後の自分の年齢は考えたくない!(^▽^)

続きを読む


posted by まき at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。