2005年12月28日

ブルズは4連敗中…

負けてばかりいると、多少は凹みます。
まぁ、それも結果を知った直後だけで、昔のように次に勝つまでず〜っとどんよりではないけど。(それじゃいつ立ち直れるか分かんないしね(笑))

トリビューンのサム・スミスは「ゴードンをトレードすべきでは」と書いていました。ゴードンは「あまり口には出さないが、スターターとしてプレーしたがっているのは確実」だし、「ハインリック、デン、デュホン、ノシオニとほぼ同時期に再契約を結ばなければならないが、この全員に希望のサラリーを払うのは無理」だから、「ゴードンに価値がある今のうちにトレードするのも悪くない考え」

候補としては、クリッパーズのクリス・ウィルコックス、ナゲッツのネネ、ウルブスのオロウォカンディ、ブレイザーズのジョエル・プリズビラ、ロケッツのストロマイル・スウィフト、バックスのダン・ガズリッチ、シクサーズのスティーブン・ハンターのインサイド陣。あるいは大型ガードとして、ホーネッツにフィットしていないデズモンド・メイスン、ホークスのアル・ハリントン、などなど。

なーんか、良く知らないせいか、あまりピンときませんが。ネネならいいかな〜。あとアル・ハリントンかな〜。
でも、「ポール・ピアースがトレード可能なのは秘密でも何でもない。ダブルチームを引き出すために7フッターは必要ない。ピアースは得点できる。ブルズにはスコアリング・スターが必要かもしれない」だったら、ピアースが1番じゃないですか?
サンタイムズのマリオッティさんも、ブルズにはスターパワーが必要――dominant force, a feared go-to guy, an elite scorer――と、ピアースかネッツのビンス・カ−ターの名前を上げています。

ほんと、私もブルズのゲームを見ていると“dominant force”が必要だと思う。コービーやアイバやレブロンやT-Macのような超ド級スコアラー獲得は無理でも、ピア−スだっているといないじゃ大違い。だけど、サラリーを釣り合わすためには誰をトレードすればいいの?

・・・GMって難しい仕事ですね。(^_^;
ロン・アーテストのトレードもなかなか決まらないみたいですが。アーテストの場合は、実力のわりにサラリーが安いから、釣り合う選手のレベルが低いとか?
そういえば、サム・スミスはこの件に関しても、「それでもフィル・ジャクソンはアーテストが好き」と、ブルズがロドマンを獲得したいきさつ(チームに反抗的な態度で価値が急落したため、実力が見合わないウィル・パデューとトレードできた)と絡めて書いていましたが、「ロドマンは少なくとも渡ってはいけないラインを知っていたが、ア−テストはラインがあることすら知らない」(爆)
まぁ、フィルにしてみれば、デニスがマイケルに一目置いていたように、アーテストもコービーになら一目置くのではと踏んでいるのかも。(実際、アーテストは「レブロンの控えにならなってもいい」と、クリーブランド行きを希望したそうだし…)

9697StopRodman …で、これがマイケルに一目置くデニス?(笑)
いいのが見つからなかった〜。


posted by まき at 21:39| Comment(3) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。