2006年03月03日

いた!

今日のスカパー生中継は、TNTダブルヘッダーの第2試合マブス@スパーズ。でもって、ダブルヘッダーの第1試合はキャブス@ブルズ。なので、試合終了間際がかぶってくることを期待して(OTにでもなればかなりオイシイ)録画しておきました。

すると。
マイケルが一瞬だけ映ったー♪
(マブス@スパーズのハーフタイムでも見られますヨ)
本当に一瞬だけだけど。
マイケルってば、ピストンズを見に来て、キャブスを見に来るなら、どーして間のウルブスも見に来てくれないかなぁ。(「今日は今シーズン2度目の観戦」とデイリー・ヘラルドに書いてありました。立て続けですね。ならば、日本で放送される来週のネッツ戦にもぜひ!)

しかし、ヤッホー晴れな気分もつかの間、今日のブルズの負け方ってば・・・雨
日本での放送開始時点で、ゲームは残り3分ほど。ブルズがリード、キャブスが逆転、ブルズが再リード、を繰り返し、残り24秒を切ってブルズ1点リード。
ファウルアウトしたイルガウスカスの交替選手に(名前知らない(^^;)ファウルしてしまい、フリースローのピンチ!ところが、2本とも失敗してくれて、リバウンドはデンが(NHKはデングって発音してましたね。じゃあ、ヤオ・ミンはヤオ・ミングか?)確保。仕方なくキャブスはファウルゲーム。デンは2本とも決めて3点差。
キャブスに2点取らせ?(あまりにも簡単に取られた感が)、ハインリックがファウルを受ける。ところが、ハインリックが1本ミス。2点差。レブロンを警戒するあまり、3Pラインの外でマレー(誰?(^^;)がオープン。あっさりスリーポイント〜。
残り時間は3.9秒。ブルズはゴードンにパスを回すことができず、仕方なくノシオニが打つ格好で、ブザービーターはリムに弾かれ、試合終了―――。

もったいない。
せっかく最大25点差を追いついたらしいのに。


posted by まき at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。