2006年03月05日

ゴッドファーザー

ESPNのビル・シモンズ記者のオールスターウィークエンド・レポート・・・こういう遊びのある文章は私も翻訳ソフトも苦手〜。まあ、だいたいの雰囲気はこんなもんかいな、と。(^^)
例えに使われている『ゴッドファーザー』は16日と17日にNHK-BSで放送予定です。
Godfather2 マイケル・コルレオーネは知っているけど、ルカ・ブラージとやらを確認してみたい。(笑)


Best random celebrity moment of the weekend
(木曜夜にジリアンズで開催された)バロン・デイビスとポール・ピアースのエイトボール・チャレンジ。私と友人のリッチは、安葉巻をふかして息を臭くするために、ひとけのないシガー・パティオでぶらぶらしていた。くつろいだ気分でNBAの話などしていると・・・突然、オークリーが戸口からぶらっと姿を現し、それに続いたのは、マイケル・ジョーダンを中心にした人間トルネード。

さて、MJが部屋に入るとどうなるか:あらゆるものがストップする。映画の1シーンみたいに。そして、どんなにつまらないパーティーでも、その瞬間にグレードがAプラスになる。まるで、MJの存在がすべてを有意義なものにするかのように。

とにかく、MJは入って来て、辺りを見回し、数秒間葉巻をふかし、オークと言葉を交わした ― 自分の周りで押し合いへし合いしながら、カメラ付き携帯で写真を撮っている25人ほどの人間などいないふりをして。90秒後、彼らは堪能した。新しい場所へ移る時間だ。そして、まさしくそのように、彼らはいなくなった。あとでリッチが言った通り、それは「一陣の風」だった。MJは突風だった。他の全員は、周りを飛び交う小枝や木の葉だった。不意にパティオは元の静けさを取り戻した。

The John Shaft Award
これはオークリーへ。『地上で最もクールな男』コンテストがあれば、絶対オークリーが勝つだろうから、どこかの局で放送すべきだ。薄笑いを浮かべつつ、傍らの酔っ払い同士の乱闘を超然と眺めている、『ロードハウス/孤独の街』のパトリック・スウェージのシーンを知っているだろうか? それがオークリーだ。どこかのパーティー会場へ、ギャング役のエキストラを何人か送り込み、10フィートのところで空砲の撃ち合いをさせても、オークリーがたじろぐかどうか私には分からない。彼はシカゴでMJの用心棒として仕え、今は2人とも引退した・・・それでも、私の見たところ、オークリーは依然としてジョーダンの用心棒だ。

Best Random Celebrity Moment Ever
土曜日の午後、NBAで働いている親友のサリーから「フォーシーズンズへ来いよ。ホテルのバーでブラッディー・マリーをやっているんだ」と呼び出しがあり、ジャム・セッションを後に。私がその申し出を断るなんてありえない。10分たらずで、私は友人たちと一緒にいた。リラックスして、フープの話をして、2杯目を頼むかどうか相談して。そこへ、ほかならぬチャールズ・オークリーが、3人の女友達を連れて現れ、我々のすぐ隣のテーブルに着いた。オークリーはさっそくマティーニを注文し、我々も2杯目のドリンクを頼んだ。

20分後くらい? MJが2人の友人と共に姿を現し、部屋は凍り付いた。(36時間で2度目の遭遇だ)最初は挨拶を交わすだけかと思ったが、間もなく彼が着席したことに気づく。やがて彼らはボックス席に移り、誰にもわずらわされることがないように、MJの両側をいすでふさいだ。(私はこれをChair Armada(=艦隊、大部隊)と呼びたい。ストリップクラブで、好みじゃないストリッパーのしつこいアプローチを防ぐために、男たちが良く使う手だ)オークリーがドリンクを追加したので、我々も料理とドリンクを追加することに。たぶん、我々は午後中ずっとそこにいたと思う。(そして、バーの請求書は400ドルにもなった)

続きを読む


posted by まき at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | All-Star Weekend | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。