2006年05月01日

第4戦

spectacularpass.jpg
ヤッホー!これで2勝2敗!
ノシオニもゴードンもハインリックも、いや、全員かっこよかった♪
(上はノシオニのダンクにつながったゴードンの背面パス)


しかし、残り30秒ほどのところで足首をぐりっとやって、シェンシャーとトレーナーにかつがれて退場したチャンドラーが心配です。スタッツは全然パッとしないけど、シャックのファウウルを引き出したり、やはりインサイド・ディフェンスの要はチャンドラー。
サンタイムズは、''Don't worry, I'll be all right,'' ''I'm fine.''という本人のコメントを引用し、ゲーム5もプレーするだろうという見通しでしたが。

シェンシャーが、「タイソンは見かけよりずっと(体重が)重いよー絶対だよ」と冗談を言うくらいだから、そんなに深刻な状態でもなかったのかな・・・であることを願います。

Tyson060430.jpg


ところで、今日はピペンが来ていました。
「このシリーズはきっとブルズが勝ち抜くと思う。マイアミ・ヒートはこのタイプのレベルのプレーに慣れていない。ブルズはアンダーサイズで、ボールを良く動かす。非常に高い、強烈なレベルでプレーしている。これはゲームを見ないと分からないことだ。ヒートのディフェンスは対応できていない」

うふ。(^^)


えええええ、どうしたの、キングス!

それから、サンズ・・・。


posted by まき at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする

5月の予定

・3−6日 ボストンにてBoys & Girls Clubs of America 100周年記念行事
 
招待されているのですが、行くかどうかは?(プレスリリース

・6日 第132回ケンタッキーダービー&グランドガラ(夜会)

モータースポーツAMAスーパーバイク選手権
・19−21日 カリフォルニア州ソノマ Infineon Raceway



■ヒートのポージーは「ハインリックに謝る気はない。ファウルのたびに謝るのか?」と言い、モーニングも「昔はあんなことくらいでフレグラントにならなかった。昔のテープを見れば、プレイオフのゲームがどんなに激しいものだったか分かるだろう。デトロイトとの戦いが、マイケルの偉大さを明確にしたんだ。レインビアは彼を叩きのめしたが、フレグラントは取られなかった。マイクはラインに行き、フリースローを打ち、レインビアもそのままゲームに残った。昔はプレイヤー自身にゲームを決着させたのさ」と言っているようです。

何だかな。

まあ、最近あちこちで、いちいち罰金、罰金、な気はしますが。
やっぱり、リーグは史上最悪の乱闘事件以来、神経質になっているんでしょうね。
だけどヒートの2人は、「激しいプレー」なんて良いものじゃないと思う。

あと1時間半だ・・・どうしよう。
posted by まき at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。