2006年05月21日

98年のインタビュー

せっかく日曜日なのに、1試合もないなんて残念です。
明日は4時半に起きようかどうしようか…ライブで見るのが1番なんだけど、4時半て…。


今日は休日モードということで、古いMacを整理していて見つけた昔のインタビューをば。
98年のファイナル第5戦の前にNBCのアーマド・ラシャドが行ったものだそうで、いつもながら素晴らしくポジティブ思考です。

まあ、このあとの第5戦はカール・マローンにやられてしまいましたけどね。(^^;
ただ、あそこで優勝が決まっていたら、ファイナルMVPはピペンだったかもしれないし(私もそう思っていました)、あの劇的なフィナーレもなかったかもしれない。マイケルは本当にドラマチックな星の下に生まれついているのだと、つくづく感じたものです。


1998 Finals: Ahmad Rashad Talks with MJ

AR:インディアナとの厳しいシリーズを終えてユタ入りしてからも、君のチームとしての自信は本当に揺らがなかったね…インディアナとの苦戦を見た大勢の人が、君たちはユタに勝てないと考えていたようだけれど。

MJ:うん、まあ、1989年のことがあったからね。クリーブランドはレギュラーシーズンで僕たちに6戦全勝していた…僕らは接戦さえしていなかったのに、プレイオフで彼らと対戦することになった。そして、彼らの自信は ― それとも過信かな ― そのシリーズを迎える僕たちにとって、最大の利点、最大の強みだったんだ。

ユタも僕らをホームでもアウェイでも負かした。でも、僕たちがそこから得たものは…まず、一方の試合はスコッティが欠場していたこと。それから、ユタでのもう1試合は、第1Qでこちらが大量リードしていたということさ。ただ、現実にはそれを失ったかもしれないけど。

だから、僕たちの自信はまったく揺らがなかった。ホームコート・アドバンテージがなくても、ユタを負かすチャンスはあると感じていた。そして、彼らが優位に立つと予想されたシリーズに入ったわけだが、というのも、それまでに僕やスコッティが多くの試合で長時間プレーしてきたからね…それでも僕は、うちが優勢だと思っていた。僕らにはリズムや勢いがあったし、プレイオフが進むにつれて良くなっていたから。もちろん、インディアナとのシリーズでは7戦するはめになったけれど、それはマイナスどころかプラスだったと思う。


続きを読む


posted by まき at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。