2006年05月29日

マブスvsサンズG3

ダラスがスローダウンするからつまんなくなったー。
勝てばいいってもんじゃないぞ!(^^;

ゴール下ジョップが効いていた感じ…後半ガックリ(たった36点)のサンズ。
せっかくトニー・パーカーがディアウの応援に来ていたのにネ。
88−95でマブス2勝1敗


●スティーブ・カーのコーナーで、アシスト王が優勝したのはボブ・クージーの3度(57、59、60年)と72年のジェリー・ウエスト、87年のマジックのみと言ってましたが。
へー。
つまり、アシストであっても個人が突出した成績を残すチームは強くないということですか。
それもまた、ちょっとつまらないなぁ。

「チームという言葉の中には“私”という単語はないんだ」「勝利という言葉の中にはある」(だったか?)というテックス・ウィンターとマイケルの禅問答みたい。

☆ちなみに得点王&優勝
ジョー・ファルクス(47年)、ジョージ・マイカン(49、50年)
カリーム・アブドゥル・ジャバー(71年)
マイケル・ジョーダン(91、92、93、96、97、98年)
シャキール・オニール(2000年)

☆リバウンド王&優勝
ジョージ・マイカン(53年)、ビル・ラッセル(59、64、65年)
ウィルト・チェンバレン(67、72年)
モーゼス・マローン(83年)、デニス・ロドマン(96、97、98年)

8連覇セルティックスといえど、アシスト王とリバウンド王が揃っていたのが1度きりなんですねぇ。あとはウエスト&チェンバレンのレイカーズと。

95-96team.jpg 後期3連覇ブルズは本当に特別なチーム♪


posted by まき at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。