2006年05月31日

活躍する元ブルズ

kerr0530.jpg

マーブ・アルバート、ダグ・コリンズと共に西カンファレンス決勝の実況解説を務めるスティーブ・カーは、あっというまに花形アナリストですね。
シカゴ・サンタイムズにレイシー・バンクス記者のレポートがあったので、ざっと――


ブルズのチャンピオンシップチームメンバーが、コーチ、GM、ブロードキャスターとして活躍しているのを見るのは喜ばしい。

TNTのスティーブ・カー(ブルズで3度、サンアントニオ・スパーズで2度優勝)は、元ブルズの中で最高のブロードキャスターであり、トップアナリストの1人である。

「NBAでは優勝リングの獲得ほど自分に信頼性を与えてくれるものはない」と、アリゾナ大学で英語学を修めたカーは言った。「僕がチャンピオンチームでプレーしていなければ、今のポジションはなかっただろう。本当に、この仕事はマイケル・ジョーダン、スコッティ・ピペン、デビッド・ロビンソン、ティム・ダンカンのおかげだよ。彼らがリングを取らせてくれたんだからね」

続きを読む


posted by まき at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。