2006年07月30日

メモ(ボブキャッツ)

●28日、FAのバーナード・ロビンソンと再契約

●19日にアシスタントコーチのジョン・ブレア・ビッカースタッフ(バーニー・ビッカースタッフGM兼HCの息子)が、パトカーの青色灯とサイレンに気付かず、飲酒運転で逮捕された。

チームは何らかの措置を取るべきかどうか決める前に、法的な手続きの成り行きを見守るだろう。
本人に連絡はつかず、父親は金曜日にコメントを断った。
チームからは、法的手続きが継続中であるためコメントはいたしかねる、とのステートメント。

ボブキャッツのオーナー、ボブ・ジョンソンは、チーム創設以来、従業員の素行に高い基準を設けてきた。2003年、彼はシャーロット市民を前に、「私の組織、私自身、私のプレイヤーたちは、決して皆さんに恥ずかしい思いをさせたり、信頼に背くことはないでしょう」と述べた。
シャーロット・オブザーバー記事


つまり、ホーネッツのオーナーみたいにセクハラで訴えられるなんてことはないよ、ってことですか?(笑)
まー、JJ・レディックもドラフト前にDWIで逮捕されてますけどね・・・何でもノースカロライナの警察はスピード違反とか飲酒運転の取締りがやたらと厳しいんだそうで。
でも、やっぱりコーチが捕まっちゃ示しが付かないしな〜。

そういえば、ロケッツ時代のピペンも捕まってたっけ。(^^;

posted by まき at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

ポンテルがこないぃ

1月6日(金)にオーダーしたDVDは11日(水)に到着。
7月7日(金)のは15日(土)着。
その際、オーダーは火曜日に締め切って発送するように書いてあったと思ったので、18日(火)夜に注文したら22日(土)くらいに届くのかな?と思ったんだけど・・・。

まだ来ない。

以前、2週間待っても来なかったとき問い合わせメールをしたら、すでに発送されていたらしく、3日後に届いたっけ・・・。
基本的にポンテルのことは信用しているし、できれば英文メールのやり取りはしたくないから、もうしばらく様子を見ることにしよう・・・とほほのほ。

アメリカの古書店で本を買ったときも(アマゾンのマーケットプレイスで)、何度も催促する羽目になったなぁ。日本人スタッフがいて、応対も丁寧だったけど。

外国のお店って、なんかアバウト〜。だからイヤ。

でも、100年待っても『グレイテストゲーム』で放送してくれそうもないゲームは、ポンテルで買うしかないでしょ。( ´△`)


そういえば、NBAリーグパスから来た早期割引の案内ハガキによると、『グレイテストゲーム』でコービーの81得点ゲームをやるんですね。
他には何かな。
どうせ、放送されそうなマイケルのゲームは全部持っているから期待してないけどさ〜。
数年前のスポーツ・アイESPNは、マニアックなチョイスで面白かった。
「The Shot」の前の試合とか♪
posted by まき at 19:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

バークリー知事?

サー・チャールズが2010年のアラバマ州知事選に民主党から立候補するかもしれないって。

AP記事

「アラバマは私の故郷だ。知事選に立候補することを考えている。彼らには助けが必要だ」
当面の目標は17歳の娘の大学進学で、その後に立候補を含めた自分の将来について考えるとのこと。

チャールズといえば、「共和党なんて金持ちの味方じゃないの」「おばあちゃん、俺は金持ちだよ」の共和党支持者でしたけど、「連中の頭がおかしくなるまでは共和党だった」
・・・ああ、よかった。(笑)

「自分はバスケットボールをしたり金をため込むよりもっと重要なことをするために、この世に生を受けたのだと思っている。人々の暮らしを改善する助けになりたい」
火曜日にフロリダ州Destinの教育委員会メンバーを相手に、貧しい子供たちは犯罪やドラッグや10代での妊娠のような多くの問題に対処せざるを得ないので、裕福な学生と公平な競争の場を持たない、とスピーチ。ただし、その一方で、「良い教育を重視しない黒人の子供や両親があまりにも多い。良い生徒で、正しく話そうとする黒人の子供が、『白くなろうとしてやがる』と言われるような環境がある。いいだろう、それが真実なら、白くなろうとする子供がもっと大勢必要だと自分は言う」

アラバマ州の民主党関係者に「歓迎する」と言われ、共和党関係者には「知事にはスタンドプレーより真のリーダーシップが必要」とか言われてますね。(^^;
それにしても、今度は本気なのかな。
チャールズはもともと政治的な人だし、以前にも知事選に立候補すると宣言していたから全く驚きませんが。

2000all_star.jpg2000年の民主党大統領予備選で、マイケルがビル・ブラッドリー元上院議員応援CMに登場した時はぶっとんだけど…TBSのニュース番組で見たよン。(^^)v

<これは2000年のオールスターゲーム@オークランド

お、SeeSaaもやっとこういうレイアウトができるようになった。
新機能はちっとも使いこなせていませんが。

posted by まき at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

SLAMインタビュー

22・23日にカリフォルニア州で開催されたMotoGPアメリカグランプリも、ちゃんと録画して確認したんですけど、今年は来ていなかったのかな〜。(39℃という気温のせいか、他のセレブも見当たらず)
しょうがないので、とりあえずSLAMのインタビューなんか訳してみました。
例によって、だいたいこんなところ…ってことでお願いします。(^^;


JORDAN FOREVER

彼が最高だということは誰でも知っている。それについてじっくり語らせることはほとんど誰にもできない。我々は例外であることがうれしい。君たちがマイケル・ジョーダンを求めた。SLAMは彼をつかまえた。

SLAM.jpg

Ryan Jones (※編集長)

SLAMがマイケル・ジョーダンのおかげで存在していると言ったら嘘になる。しかし、彼なしでは多分ここにいなかったろうと言うのは公平だ。説明させてもらおう。

この雑誌は1994年に創刊した――覚えているだろうか。当時、マイケル・ジョーダンはマイナーリーグの野球選手だった。彼は第6号までSLAMの表紙に登場しなかった。プロバスケットボールの世界に戻ったそのときまで。それはゲームにとっても小規模な雑誌にとっても良いニュースだった。我々はマイクなしで2年目も持ちこたえただろうか? たぶん。 たぶん? 実際、それを知らずにすんで良かったと思う。

続きを読む
posted by まき at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

500万ドル請求は再度棄却

あんなしょーもない訴訟はどーでもいいけど、どうでも良くない例の裁判・・・
1年前にイリノイ最高裁判所から差し戻されていた『500万ドル請求訴訟』は、21日金曜日にクック・カウンティー巡回裁判所で再び棄却されたそうです。
以下、大筋――

スチュアート・パーマー判事は判決文の中で、たとえマイケル・ジョーダンが申し立てられた約束をしていたとしても、「ジョーダンが子供の父親であるという悪意不実表示の結果としての、あるいは当事者双方の錯誤の結果としての和解契約は無効にでき」、法的に強制はできないと裁定。原告はジョーダンに対して間違いなく子供の父親であると告げることによって、約束を「不正に促した」。

ジョーダンの弁護士、フレッド・スペアリングは、この裁定によって4年間の法廷闘争は完勝したと考えると述べ、「これは決してなされるべきでなかった申し立てであり、法廷からマイケル・ジョーダン支持の略式判決が与えられたことに満足している」。

2002年、ジョーダンがカーラ・クネイフェルを強請で訴え、クネイフェルは500万ドルの支払いを求めて反訴。
2003年にクック郡判事リチャード・シーベル(現在引退)はクネイフェルの申し立てを棄却したが、州の上訴裁判所は昨年、その判決を覆した。

クネイフェルの弁護士、マイケル・ハンナファンは、再度上訴すると述べた。「確かに、ジョーダン支持の今回の裁定には落胆しているが、我々が再び勝つことは確信している」

ジョーダン側の訴訟は今も審理中である。



――そもそも、どうして審理差し戻しなんだかなー。
2002年当時にも「非合法な関係から発生した“約束”は、それ自体が違法であり、彼女はもう1セントも得るべきでない」と言われていたのに〜。

posted by まき at 19:27| Comment(4) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

FA契約

○バックアップPGのケビン・バールソンと再契約

○シカゴから放出されたオセラ・ハリントンと契約

「オセラはチームをうまく補完し、フロントコートの若い選手たちにとって良き師になれるベテランだ。我々が2シーズン示してきたタフネスをチームにもたらし、攻守両面においてチームコンセプトの中での自分の役割を理解している」と、ビッカースタッフGM兼HC。

ハリントンのコメント:「シャーロット・ボブキャッツに加わって、とても興奮している。素晴らしいシーズンを送り、若い選手たちと一緒にプレーできることを楽しみにしている。彼らのハードなプレーぶりには以前から感服していた。このチームは困難な中でもハードなプレーを続けており、グループの一員になれて幸せだ」


私にとっても、顔と名前が一致するメンバーが1人増えた。(笑)
まだサラリーキャップの最低限度額に足りないみたいですけどね〜。
posted by まき at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

訴訟取り下げ

mike_downey.jpg <こちらのシカゴ・トリビューンのコラムニストさんが、「2006年のスポーツ界の最大の話題」とおちょくっていた(曰く、「私だって、通りに立っているだけで『マイケル・ジョーダン?』と声をかけられたことが何度もある。自分が長身でハンサムな生ける伝説と似ているなんて、まったく腹が立つ。でも、私は8億3200万ドルで訴えることを思いつかなかった。ああ、残念。もしこの人が勝訴したら、私もマイクを8億3300万ドルで訴えることにしよう」――)
例の訴訟

やはりご本人も棄却に同意したそーで。

詳細は語らなかったものの、訴訟を取り下げることが関係者全員にとって得策だと判断した、とのこと。(記事
ナイキのスポークスマンも訴訟が取り下げられたことは確認済みで、一件落着。ヽ('ー`)ノ

posted by まき at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

新プレジデント兼COO

ボブキャッツ&WNBAスティングとホームアリーナを所有する『ボブキャッツ・スポーツ&エンターテインメント』のプレジデント兼最高執行責任者(COO)に、フレッド・ホイットフィールドが就任。

記者会見の問答

whitfield_0717.jpg  bobcats_press.jpg <筆頭オーナーが同席

“マイケル・ジョーダンの25年来の親友、腹心の友、ビジネスパートナー”ということで、今回もMJの推薦があったとのこと。
キャンベル大学時代にバスケットボール選手として活躍。MBA取得中の大学院生時代に、コーチが運営するバスケットボール・キャンプでカウンセラーとして働き、高校4年生のジョーダンと知り合い友情を育んだ――そうです。

その後、ノースカロライナ中央大学で法律の学位を取得し、法律事務所を設立→デビッド・フォークのスポーツ・マネジメント会社F.A.M.E へ →ナイキのバスケットボール部門で選手育成ディレクターとして働き、リクルーティングと広告契約を担当→ワシントン・ウィザーズで選手人事ディレクターとアシスタント法律顧問→ブランド・ジョーダンの管理職→現職。
47歳。ノースカロライナ州グリーンズボロ出身。
posted by まき at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

SLAMスランプ

スランプっていうか。(苦笑)
そろそろSLAMのインタビューでも訳そうかと思ったんですけど、どーも、もともと話し言葉が苦手(翻訳ソフトが(笑))&くだけた調子も苦手なもんで、全然進まず・・・そうこうするうちに、注文したポンテルのDVDが到着しちゃって、当分ギブです〜。

とりあえず、読者投票ランキングの一部紹介でお茶にごしておこうっと。(^^;
質問はすべて、「94年に創刊されたSLAM時代の」ということです。

●ベストNBAプレイヤー
1)マイケル・ジョーダン 2)アレン・アイバーソン 3)シャキール・オニール

●好きなNBAプレイヤー
1)マイケル・ジョーダン 2)アレン・アイバーソン 3)コービー・ブライアント

●好きじゃないNBAプレイヤー
1)コービー・ブライアント 2)カール・マローン 3)ティム・ダンカン

●最高のNBAチーム
1)1995-96 ブルズ 2)1996-97 ブルズ 3)2000-01 レイカーズ

●最低のNBAチーム
1)1997-98 ナゲッツ 2)2004-05 ホークス 3)2005-06 ニックス

●ベストNBAコーチ
1)フィル・ジャクソン 2)ラリー・ブラウン 3)グレッグ・ポポビッチ

●最も印象的なショット
1)マイケル・ジョーダンV.ユタ・ジャズ(1998ファイナル)
2)デレク・フィッシャーV.サンアントニオ(2004WCセミファイナル)
3)ロバート・オーリーV.サクラメント(2002WCファイナル)

●ベスト・ダンカー
1)ヴィンス・カーター 2)マイケル・ジョーダン 3)ジェイソン・リチャードソン

●ベスト・シューター
1)レジー・ミラー 2)レイ・アレン 3)スティーブ・カー

●好きなシューズ First Release
1)JORDAN XI 2)REEBOK QUESTION 3)NIKE AIR PENNY

●好きなシューズ Re-Issue
1)JORDAN XI 2)JORDAN V 3)NIKE AIR FORCE 1

●最高のNBAユニフォーム
1)90年代ブルズのブラック・ピンストライプ
2)90年代マジックのブルー・ピンストライプ
3)05-06 キャバリアーズのブルー

●最悪なNBAユニフォーム
1)90年代ラプターズ「DINO」
2)2003 マーベリックスのシルバー
3)2005 キングスのゴールド

●スターティング・ファイブ
PG:アレン・アイバーソン SG:マイケル・ジョーダン
SF:レブロン・ジェームズ PF:ティム・ダンカン
C:シャキール・オニール

●100号の表紙を誰にすべきか
1)マイケル・ジョーダン 2)コービー・ブライアント 3)アレン・アイバーソン


コービーは本当にファンも多くてアンチも多いんですねぇ。
たった2シーズンで消えてしまったブルズのユニフォームが意外と人気♪
実際、私も「赤より素敵」と思ったりしてました。

bulls_black.jpg  magic_blue.jpg  cavs_blue.jpg
posted by まき at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

サマーリーグ5日目

一応、記録として。

モリソンは27P(FG7−19)、でも93−106でペイサーズに負け。
とうとうメイまで第2Qに左足首を痛め、残りはプレーしなかったらしいのでしょうがないか。
FG%はイマイチだけど、モリソンがオーランド・サマーリーグの得点王。

チームUSAに選ばれたら世界選手権でプレーを見ることができるんですけどね。
まあ、無理かな〜。
posted by まき at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

サマーリーグ4日目

メイ32P(FG11−18)、モリソン31P(FG10−21,FT10−10)ながら、94−87でネッツに負け。まあ、ケガ人続出らしいので勝敗は二の次。メイとモリソンが活躍すれば問題ないでしょう。

0713morrison.jpg

モリソンの口ひげやヘアスタイルが若い頃のラリー・バードに似ていると思ったら、やはり「憧れの人」らしく、バードのテープを見て研究しているようです。「僕の心の中では、彼こそ史上最高のプレイヤー。ハードなプレースタイルとか大好きだった。自分も同じ体型なので、見習おうとしたんだ。僕はすごい運動能力があるわけじゃないし、彼もそうだったから」
サマーリーグでモリソンを間近に見ているバードは、そう言われることを嬉しく思うと。「私の模倣をしているという話は聞いたが、彼には彼自身のスタイルがあるよ。たぶん、新人王を獲得するんじゃないかな」



バス “ジョーダン・クルーザー”と呼ばれていた2Aバーミングハム・バロンズの移動用豪華チャーターバス(リクライニングシートにテレビ装備、後部にはU型のラウンジあり)が、ワシントンDCのバス会社に売却され、普通の貸し切りバスとしてDC−NY間を定期運行しているとか。

バロンズのチャーターバスとしてお披露目されたときは、22カ国のカメラクルーに報道されたそーです。
当時、マイケルが会社のプロモーションをする条件で、チャーター会社がイリノイの会社から購入したバス。サイドドアにMJのサインがあるので、今回もその分高く売ることができたらしい。(^^)
posted by まき at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ドタキャン

NBCスポーツの上級副社長、「先週、水曜日の練習ラウンドを一緒に回ろうと話したばかりなのに。そりゃあガッカリだよ。彼はこのイベントの大きな呼び物だからね。ここに来ることを楽しみにしているようだったんだけどね」

サマークラスをズル休みしてサンノゼから夜通しドライブしてきた男子学生2人、「まだチャンスはあるかも。気を変えるかもしれないし…」

罪作りなお人(笑)は、やはり11日も息子たちのゲームを見学していたよーです。

louisvill_jeff2.jpg  louisvill_MJ.jpg  

Spotlight always shines on heirs of his Airness

By Michael Grant The Courier-Journal
Wednesday, July 12, 2006

続きを読む
posted by まき at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

今年は欠場

1990年以来11回参加しているアメリカン・センチュリー・セレブリティ・ゴルフ・チャンピオンシップですが、今年は個人的な事情で欠場するという連絡があったそうです。
「マイケル・ジョーダンはイベントの主要メンバーであり、来年には戻ってくれることを期待している」と、トーナメントのスポークスマン。

でしょうとも、な(^^;観客数(* がMJ出場年)
2005* 27,134
2004* 不明
2003* 26,494
2002* 25,012
2001 20,680
2000* 25,944
1999 20,054
1998 20,888
1997 21,966
1996* 24,342
1995* 21,198

欠場を報じる記事が、「“ジョーダンは息子たちのゲームを観戦するためにケンタッキー・エクスポジション・センターにいる”と、ルイビル・クーリエ・ジャーナルが報じた」と追記しているように、やはりそれが理由かな。
確かマイケルは一昨年、「子供たちも大きくなったから、来年は出場しないかもしれない」と言ったんですよね。
結局去年は参加しましたが。
今年はジェフリーの進学問題も迫っているし・・・SIの truth&rumors によると、「ジェフリー・ジョーダンはノースカロライナ大学にリクルートされたがっているが、それは実現しそうにない。ターヒールズは2007年の奨学金を1人分しか用意していないし、ジェフリー・ジョーダンはACCの器量ではないかもしれない」と、シャーロット・オブザーバーが書いたらしいです(元記事は見つからず)・・・。


ああ、残念ながら今年はレイクタホの記事探しの手間が省けちゃった。
代わりに、去年のフォトギャラリーがUPされてましたけど。
こちらのページのはなぜか右クリックできません。

05tahoe_1.jpg<05年  2003tahoe.jpg<2003年はホッソリ(^^)


サマーリーグ2日目
ボブキャッツはほとんど終始リードしながら残り3.1秒で87−86と逆転され、モリソンの再逆転シュートは外れたものの、フィッシャーのティップインで88−87とブルズに勝利。
モリソンは29P(FG8−17,3P2−3)。

posted by まき at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

サマーリーグ初日

10日から始まったオーランドのサマーリーグ初戦、ボブキャッツは83−65でヒートに勝利。
ま、サマーリーグですけど〜。

ショーン・メイが22P&7R&6Sの活躍。
出場予定ではなかったのに、チームのミニキャンプに付き合ったレイモンド・フェルトンは、結局サマーリーグでもプレー。曰く「見ているだけよりプレーする方が好き」。ノースカロライナ大から一緒のメイ、「帰らないでくれって頼んだんだ」(^^)

「ちょっとナーバスになった」モリソンは12P(FG3−14,FT6−6)&5A&4R&1B&1S。

0710morrison.jpg 色白で細くって、ちょっとクーコッチを思い出します。


ひょっとして見に行くかな?と思ったマイケルですが、息子の方を見に行ったらしく。
――昨夜、NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンは、ケンタッキー・フープフェスト(各地から集まった高校生のバスケットボール・トーナメント)に参加する2人の息子、ジェフリーとマーカスを見るために、ケンタッキー・エクスポジション・センターに現れた。群集が少なくとも250人ほどに膨らむまで長くはかからず、ファンはカメラや携帯電話で写真を撮影していた――という短い記事がありました。


11日からはネバダ州レイク・タホでゴルフの予定ですネ。
posted by まき at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ナイキ・キャンプ

060706jeff.jpg

今年はジェフリー1人の記事はなく、他の有名人の子供たちとまとめて記事にされている感じなので、あちこち(ESPN=AP、シャーロット・オブザーバー、ピオリア・ジャーナル・スター、インディスター)から拾い読みしてみました。

●招待された高校生は131名。ただし、ニュージャージーでリーボック主催のABCDキャンプ、アトランタでアディダス・キャンプが行われているため、トップレベルの高校生全員が集まっているわけではない。

●元NBA選手の息子は、ジェフリー・ジョーダン、ラルフ・サンプソンV、ジャイ・ルーカス(ジョン・ルーカス)、コーリー・ヒギンス(ロッド・ヒギンス)、ジェライ・グラント(父ハーベイ・グラント、伯父ホーレス)。

他の有名人関係者は、ネーション・オブ・イスラムの指導者ルイス・ファラカンの孫、元シカゴ・ベアーズの殿堂入りラインバッカーの息子、コネチカット大女子バスケット殿堂入りコーチの息子。


◆シャーロット・オブザーバー
6フィートのジェフリー・ジョーダンは、父親の超人的な運動能力は受け継いでいないが、良いmid-major プレイヤーになるかもしれない。
マイケルは木曜日にスキルス・セッションとゲームを観戦。金曜日にはホテルでキャンパーたちにスピーチをした。

ジェフリーが言うには、家族は再びバスケットボールに関わるマイケルを見て喜んでいる。「彼は少しイライラしていました。恋しく思うあまり、逆にNBAの試合を見たがらなかったし。それだけ長い間チームを探していたんです」

続きを読む
posted by まき at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

シカゴに住みたい

最近はチェックもなおざりになっていたNikeTalkなんですが、久々に目撃情報を発見。
こちら)シカゴの高校生が携帯電話で撮影したものとかで、画質良くないですけど。

mjatwy8ej.jpg

何でも去年12月に、投稿者が通う高校 Whitney Young Magnet High School の体育館にマイケルが友人たちと現れ、ピックアップゲームをしたとか。履いているのは発売2ヶ月前の真っ赤なスエードのAJ XXI。

見学している高校生たちに「バスケと同じくらい勉強にも頑張るように」てなことを言ったらしいです。(^^)
本当にクールで、気取らなくて、プレー中はジョークばかり言ってて、格好よくて、ジャンプシュートもうまくて、まだダンクもしていたそう♪

いや〜いったい何だったんでしょうね〜いいな〜。
今から高校生になるのは絶対無理だけど、シカゴに住めば万に一つのチャンスくらいあるのかなぁ。

posted by まき at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

爆笑訴訟

ポートランド北東部に住む男性アレン・ヘッカード氏(51歳)は、6月29日にマイケル・ジョーダンとナイキ創業者フィル・ナイト(MJを売り込んで有名にした)に対する合計8億3200万ドルの訴訟を起こした。
理由:15年間ほぼ毎日マイケル・ジョーダンと間違われることにうんざりしたから。
名誉毀損やら永続的損害やら精神的苦痛、って。ヽ(´〜`;)アノサ...
「マイケルのように見えたと絶えず非難され非常に不愉快」

「あ!」とか言われて振り向いたら、「ああ…」となってムカつくらしいんですけど。(笑)
アメリカには信じられない訴訟をする人がいますね。
訴訟費用が格安なんでしょーか。

だいたい、似てる?

wls_070706_jordan1.jpg (元記事はこちら

百歩譲って後姿が似ているにしても、身長が6フィートですよ〜。
普通間違うか?


◆当のMJは、木曜日にジェフリーが参加しているナイキ・キャンプ(@インディアナポリス)を訪れ、観客席最前列で息子のゲームを観戦したそう。

ああ、今年もナイキ・キャンプの時期なんだ。
初参加じゃない今年は、去年のように大量の記事にはならないでしょうけど。
posted by まき at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

モリソンと契約

ISM
2年625万ドル+次の2年はチームオプション
「NBAでプレーすることは一生の夢だった。チャンピオンシップチームを築く助けになるため、自分に出来ることは何でもしたい」とのこと。
サマーリーグの後は、19日からチームUSAのトレーニングキャンプなんですね。
水曜日の練習試合では、28得点(後半20得点)をあげて、自分のチームを23点差からの逆転勝利に導く活躍だったそうです。


こちらは2巡目50位のライアン・ホリンズ。

Hollins_inside_060705.jpg

カレッジでは陸上部にも所属して、走り高跳びや幅跳び選手として大会に出場していたらしく、驚くほど優雅なジャンプをするとコーチも絶賛。
ワークアウトの最後のダンク合戦では、ヴィンス・カーターがダンクコンテストで見せた360ウィンドミルダンクを披露したとか。
ボブキャッツとしては2巡目上位で指名されるだろうと予想していたため、今のところ50位で獲得できて大喜びらしいのですが。貴重な7フッターだし、NBAで通用することを祈ります。(^^)

posted by まき at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

チャンドラー ホーネッツへ

⇔PJ・ブラウン&JR・スミス

「素晴らしい若手PGとプレーできるチャンスだし、チームのプレイオフ進出に貢献できると思う」(チャンドラー談)


あ、そうか!
チャンドラーとクリス・ポールが一緒なんて、なかなかそそられる。(*^^)v
アシスタントコーチにダレル・ウォーカーやジム・クレモンスもいるし、オーナーは嫌いだけど(笑)、ホーネッツも気になるチームになりそうです。
チャンドラーにしても、コーチとうまくコミュニケーションができていなかったらしいので、トレードされて良かったかもしれないね…。
posted by まき at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

練習初日

0703.jpg

サマーリーグには出場しないフェルトンやオカフォー(右足首のひどい捻挫から6ヶ月近くのリハビリを経て、久々の5オン5だそう)も参加。

モリソンに関して、サマーリーグのコーチを務めるJB・ビッカースタッフ(HC&GMの息子でボブキャッツのAC)は、「1日見ただけで、彼がどれだけチームメイトを良くするか分かるだろう。シュートだけじゃない。オープンなチームメイトにパスができる。自分のシュートが決まらない夜でもゲームにインパクトを与えられる。一面的な選手は止められるが、彼は違う。自分のことだけでなくゲームをトータルに見ているんだ」とのこと。
それはお父さんが短大のコーチだったことも影響しているのではないかと。「選手がそういうプレーをしてくれないとコーチは悩まされるからね」

2順目指名のUCLA出身のセンター、ライアン・ホリンズについてオカフォーは、「信じられないジャンプ力。普通7フッターはああいうふうにジャンプしないよ」



一躍優勝候補になっちゃったブルズと比べても、やっぱりマイケルのチームだと思うだけで愛しさが違う感じ。(^^)
早く強くなりますよーに。
posted by まき at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。