2006年08月31日

ボブキャッツメモ:人事

evp_cmo_060829.jpg
NBAオフィスのマーケティング&コミュニケーションズ上級副社長(シニア・バイス・プレジデント) Greg Economou を9月25日付でボブキャッツ・スポーツ&エンターテインメントの取締役副社長(エクゼクティブ・バイス・プレジデント)兼チーフ・マーケティング・オフィサーに迎える。

41歳。シャーロット出身。ボブキャッツ創設時からのシーズンチケットホルダー。
コネチカット大学でNITトーナメント優勝。ヨーロッパのプロリーグでプレーした後、スポーツ・マーケティング業界で16年以上の経験を積む。今年4月にNBAオフィスへ移籍する前は、経営コンサルティング会社のマネージング・ディレクター兼CEO。NBAやMLBのチーム、NASCARを担当するコンサルタントとして働き、ピストンズの観客動員増(リーグ21位から1位に)にも貢献した。


まぁ〜〜〜〜強くなるのが1番のマーケティングですが。
posted by まき at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

SBキャンプレポート番外編

BaronDavisMissesDunk.jpg こんな楽しいバロン・デイビス(2001年のダンクコンテストでしょ?)もあった NikeTalk の Post funny sports pics で、酔っ払いノビツキー&ウェイド&ナッシュの写真(あえてここでは公開しません<そんなにヒドいか?(^^;)と並んでMJを発見♪


drunk_MJ.jpg

もしや、毎年夏にMJフライトスクールで訪れるサンタバーバラのとあるバーで、1晩だけバーテンダー役に興じているという噂の“証拠写真”かしら!と、さっそく Drunkathlete を検索。

やはりそうでした。(^_^)v
こちらデス。

Synergy Of Sportsのスタッフは、数年前のマイケル・ジョーダン・フライトスクールの期間中に、サンタバーバラの秘密の場所でこれらの写真を撮影した。そこでは、マイケル・ジョーダンがドリンクを作り、集まった人々と交じり合い、内輪のパーティーを楽しませて夜を過ごすので、彼に飲み物をオーダーできる一世一代のチャンスなのだ。ジョーダンは人々を喜ばせ、笑わせ、私たちのスタッフと話すための時間もとってくれた。すべてはマイケル・ジョーダンの親切なホストぶりのおかげ!

みたいな。(?)
マイケルの酔態写真は1枚もなくて、ホッとしたよーな残念なよーな。(笑)

jordan31.jpg 計5ショットありました♪



posted by まき at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケキャンプ | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

Top 49 Men of 2006

AskMen.com で Top 49 Men of 2006 の投票を募集中です。

私はmenではないけど、遊びで投票してみました。
でも、ネルソン・マンデラ、コリン・パウエル、ビル・クリントン、アル・ゴアらとアスリートや俳優を同じ基準で選り好みするのは難しく、マイケル以外は誰を1−9に選んだらいいか悩むところです。(当然、マイケルに投票したくてやってるわけですからね〜トップは決定♪)

てゆーか、最初は1=1位なのかと誤解して失敗した・・・
「1 being the least representative of the male gender, and 10 being the most representative.」なのでお間違えなきよう!(^^;

NBA関係では、フィル・ジャクソン、パット・ライリー、チャールズ・バークリー、スティーブ・ナッシュ、ドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームズもリストに入ってます。
結果発表は10月初旬とのこと。


これは LOVE IS ということで。(^^) 大判の元画像はこちらから。

love_is.jpg


posted by まき at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

NBAベストチーム

途中までやって忘れていたので、とりあえず完成させておきます。
versatile playersinfluential players に続き、チャーリー・ローゼンが選ぶ最高のチーム。

ささっとね。(^^;


Reader request: Best team ever?

各ポジションでベストの5人を選ぶのではなく、チームとして機能することが主眼。互いを補い合えるスキルは純粋な才能より重要である。さらに、現代のNBAと戦えるチームを考えた。

続きを読む
posted by まき at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

DUNK SHOOT 10月号

HOOPの先月号と先々月号に載っていたMJの記事は、報道されて知っていることばかりだったんだけど、今月のDUNK SHOOT 『マイケル・ジョーダン&シャーロット・ボブキャッツ/再起』は、筆者がローランド・レーゼンビーなので、少し期待して速攻でチェックに。

・・・結局また、目新しいことはナンもありませんでした。

――インターネットの掲示板では、今回もジョーダンは失敗するだろうとの見方が圧倒的。

1:地元にいてさえ容易でないチーム役員としての重責をシカゴ在住のまま果たせるのか。
(※今回は日常業務があるGMとかじゃないんですけどね〜?)

2:ジェリー・ウエストのようにNBAについて学ぶ覚悟があるのか。
コーチや球団経営者になろうという元プレイヤーは、自分の能力をアピールするために有望選手のリサーチを怠らないのが普通だが、ジョーダンは共同オーナー就任時に、ドラフトについて準備ができていないことを自ら認めた。それは、地道な努力を怠ってきたということではないのか。

3:クワミ・ブラウンのドラフト、リチャード・ハミルトンのトレード、レオナルド・ハミルトンをHCに据えたことは全て失敗。

4:いつも自分の友人や取り巻きで組織のトップを固め、他の人間の言うことに耳を貸さない。
今回も親友のホイットフィールドをチームの要職に据え、チャールズ・オークリーを雇うという噂もある。

で、つまり、

すべてはジョーダンが、自らを史上最高のプレイヤーたらしめた勝利への執念を再び呼び起こし、チームに注ぎ込めるかどうかにかかっている。
ドラフトで指名したアダム・モリソンのチームに対する責任感の強さは疑う余地がない。
ただし、同じことがジョーダンにも言えるのだろうか。ボブキャッツでの最初のシーズンが終わった時、その答えは明らかになるだろう。


――とのこと。
立ち読みで覚えてきた限り。(^^;
何しろ、NBA雑誌が300冊以上あふれ返っていて、もうよほどのことがないと買えないんデス。

どうもレーゼンビーさんの意見は最後の部分だけで、あとは「“一般”の評価はこうこうだ」のような文章。「当時のぐちゃぐちゃのウィザーズを整理したのはジョーダン」というジョーダン擁護派の言い分、も記されておりましたが。

掲示板で不評っぽい雰囲気は、○ちゃんねるのボブキャッツ板で身に沁みてるしさ。ウィザーズの時もそうだったけど、今回もチームのファンには歓迎されてませんね。シャーロットの地元の反響まで読んでいないけど、やっぱりそうなのかなぁ。
posted by まき at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

住宅建設支援

8月22日、ジョーダン・ブランドがニューオリンズ地区のハビタット・フォー・ヒューマニティ(※キリスト教精神に基づいて活動する、非営利の国際的なNGO。貧困撲滅のために世界100ヶ国で、15万軒以上の住居建築を行っている団体、だそうです。Habitat for Humanity Japan より)に45万ドル寄付し、社長のラリー・ミラーが出席した小切手贈呈セレモニーの後、ラッパーのダリル・マクダニエルズ(DMC)とボクサーのロイ・ジョーンズJr(※グリーンのウェアの方)が住宅建設のお手伝い。

DMC_060822.jpg  RJones_060822.jpg

「神に代わって同胞を助けることは自分たちの務めだと、私は常々そう思っている」
ロイ・ジョーンズJr

posted by まき at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

タイガー・ウッズ

Tiger_060820.jpg

ここ最近、シカゴ・サンタイムズ(web)のスポーツ面が全米プロゴルフ選手権の話題で持ち切りなのを不思議に思っていたのですが、開催地がシカゴ近郊のメダイナ(メディナ?)カントリー・クラブだったからなんですね。

優勝は順当に、タイガー・ウッズが全英に続いて4大メジャーを連覇。
記者会見ではマイケルのことを話題にしたらしく、そのせいかどうか、タイガー≧MJ的なコラムがいくつも記事検索に引っかかってくるんですよ〜。

ほぉぉ、MJって“米国スポーツ史上最高のアイコン”だったのか!(笑)

サンタイムズの名物辛口コラムニスト(^^; ジェイ・マリオッティさんも――

続きを読む
posted by まき at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

全然知らなかったイベント

“マイケル・ジョーダンを含むNBAスターがトレント・タッカー主催のチャリティ・ポーカー・トーナメントに参加”という記事があり(こちら)、「詳しくはこちらで」というトレント・タッカーのHPを見に行ったら。
なんと、なんと、セレブリティ・ゴルフ・トーナメントもあるんです。

フォト・アーカイブには、しっかりマイケルもいる・・・。
もっと宣伝してくれなきゃダメじゃん!(笑)

Tucker_MJ.jpg


9月8日(金)夜のセレブリティ・ディナー&ポーカー・トーナメントに参加予定なのは、MJ、ピペン、ユーイング、チャールズ・オークリーらとか。

8−9日の第8回トレント・タッカー・セレブリティ・ゴルフ・トーナメントの方は
元ブルズのマイケル、ピペン、ロン・ハーパー、BJ・アームストロング、ピート・マイヤーズ、ダレル・ウォーカー、ブラッド・セラーズ
元ニックスのユーイング、オークリー、ジョン・スタークス
ミネソタつながり(タッカーはミネソタ大出身だそうで、確かティンバーウルブスのテレビ解説者)でボビー・ジャクソン、ドウェイン・ケイシー、アーマド・ラシャド
他にバイロン・スコット、エリオット・ペリー、マイカル・トンプソン(※確認したら彼もミネソタ大出身でした)

NBA関係はこんなところでしょうか。
(ラシャドさんは違うけど、まあ、NBA on NBC でおなじみ(^^))

地味なタッカーにして、この豪華メンバー!
どちらもチケット販売中です。
いいなー。
posted by まき at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

06キャンプレポート4

時間的余裕と自分の情熱を天秤にかけ、世界選手権について書くのはあきらめました。
本当にMJ専門(&付属でボブキャッツ)ブログになりそうです。
マイケルのことは自分のため。
ここは私の外部記憶装置なので。(^^;


アラバマ大学からMJユース・フライト・スクールにカウンセラーとして参加した1人、リチャード・ヘンドリクス君についての地元紙の記事から――

 リチャード・ヘンドリクスの教授の1人が、夏休みについてレポートを書くよう求めなかったことが残念だ。
 こういうタイトルだったかもしれないのに:Played Hoops with Michael Jordan.
 「一緒にピックアップ・ゲームができるなんて、素晴らしいシチュエーションだったよ。彼は今でも素晴らしいプレイヤーで、まだ何でもできるんだ」と、ヘンドリクスは言った。
 
 ヘンドリクスは1年前の高校4年生のとき、ジョーダン・クラシック・オールアメリカン・ゲームに招待されてジョーダンに会ったことがある。しかし、今回のキャンプでは1対1でジョーダンを止めようと試みるチャンスに恵まれた。
 「1回、ボールをスティールした彼が僕に向かってきて、1対1のような状況になったんだ。ダウンコートには他に誰もいなかった。僕はブロックショットをするつもりで前へ詰めた」
 「でも、彼が上昇する直前に、『これはマイクだ。今まで何千人もの敵の上からダンクしてきたんだ。その中の1人にはなりたくない…まして、今は43歳なのに』と考えちゃって、そのまま行かせてしまった。そして彼は美しいリバースレイアップを決めたよ」


そういえば、今年はもう誰もNikeTalkに体験記なり投稿してくれないのかなー。
見落としたかな…。


おまけ:メリーランド大学戦で決めた有名な“ゆりかごダンク”from YouTube.


続きを読む
posted by まき at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケキャンプ | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

全80試合ライブ放送…

97年11月、NBAリーグパス放送と同時にパーフェクTVをつけました。
ところがその後すぐ、ルパート・マードック系のJスカイBとパーフェクTVが共倒れを防ぐために勝手に合併し、スカイパーフェクTVとなったため、うちのアンテナ&チューナーでは見ることが出来ないスカイサービスの方にNBAリーグパスが移るのではないかと(実際、NFLはパーからスカイのチャンネルへ移籍した)長年ハラハラ。

そうなったら、もうNBAリーグパスは切るつもりでしたけど。

その覚悟が出来ていた私と違い、いわゆる「虎キチ」の父がとうとう我慢できなくなり、スカイパーフェクTVのアンテナ&チューナーを購入し、取り付けてしまったのが今年3月。
これでとうとう阪神タイガース全試合を見ることが可能になったわけです。

しかし〜私にとっては今までより不便なことばかり。
最大の問題は、パーフェクTVと異なるコピーワンス機能です・・・HDDに録画した番組をDVDにダビングしようと思っても、HDDには残らない「移動」しかできない。しかも、−Rには録画できない。うちのレコーダーはRW、友人宅はRAMなので、友人に頼まれた番組をいったんテープに録画して−Rにダビングしようとしたら、それも不可能・・・ったく!

地上波デジタル放送が開始されたら、全番組がこれですよ?(>_<)

ああ、もう、パーフェクTVに戻してくれー!と何度思ったことか。

それが、今回の世界選手権でやっと、私にもスカパーの恩恵が巡ってきたのねーと思ったのですが。
なんだ。再放送も駆使すれば、パーの方で全部見られるんじゃん・・・。
だいたい全試合ライブで見るのは絶対に不可能だし。


なーんて、結局どう考えても全部は見ませんが。
今日だって、ちゃんと見たのはドイツ×日本だけです。(^^;
おお、オクラジャ(今大会ではオクラヤですと)だ〜8年前のまんまだ〜とか思いながら、やっぱり日本人なので日本を応援していました。

日本は強豪ドイツ相手になかなか健闘でしたよね。19点差に開いた時はズルズルいってしまうかと思ったけれど、一瞬8点差にまで迫ったし、五十嵐や柏木のカットインもあり、少しはドイツを焦らせたかも。

あとはちょっとブラジル×オーストラリアを見たり、パナマを見たり、スロベニアを見たり、気がついたときにはアメリカ×プエルトリコは終わってて。(苦笑)

阪神やっている時間は譲りますしね・・・今後もどれだけ見られるかわからないな〜。
せっかくの全80試合無料ライブ放送だけど。


posted by まき at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

新ユニフォーム

ボブキャッツが新しいサードジャージをファンにお披露目。

060816_bobcats.jpgショーン・メイとアダム・モリソンがモデル。

モリソン:「カレッジでも着ていたからブルーは好きな色」

メイ:「(モデルは)新しい仕事。これからも時間があるときに、ちょっとやってみようかな(笑)。誰よりも早く新しいジャージを見たかったから、これは良いチャンスだった。黒はかっこよく見えるから好きだよ」




060816_fred.jpg  060816_bernie.jpg

プレジデント兼最高執行責任者のフレッド・ホィットフィールドやGM兼HCのバーニー・ビッカースタッフも姿を見せていますが・・・

次席オーナーというのは表に出てくる必要がなくて、マイケルはいいんだろうなぁ。
posted by まき at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

世界選手権

ブルース・ボウエンが外れて、アメリカの12人が決まったようですね。

 4 ジョー・ジョンソン (アトランタ・ホークス)
 5 カーク・ハインリック (シカゴ・ブルズ)
 6 レブロン・ジェームズ (クリーブランド・キャバリアーズ)
 7 アントワン・ジェイミソン (ワシントン・ウィザーズ)
 8 シェーン・バティエ (ヒューストン・ロケッツ)
 9 ドウェイン・ウェイド (マイアミ・ヒート)
10 クリス・ポール (ニューオリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ)
11 クリス・ボッシュ (トロント・ラプターズ)
12 ドワイト・ハワード (オーランド・マジック)
13 ブラッド・ミラー (サクラメント・キングス)
14 エルトン・ブランド (ロサンゼルス・クリッパーズ)
15 カーメロ・アンソニー (デンバー・ナゲッツ)


ボブキャッツからは、アルゼンチンのエルマンとスロベニアのプレゼッチ
ブルズからもノシオニ(アルゼンチン)と、ハインリックが代表入り。
おめでとう♪


さらに、私がカレッジバスケをそこそこ見ていた頃のUNCのメンバー(V・カーターやA・ジェイミソン、B・ヘイウッドの時代)が日本と同じグループBに2人いました。
1人はドイツのアデモラ・オクラジャ
もう1人はパナマのエド・コタ。
なつかしい〜。

可愛かったコタが変貌していませんように。(笑)


※アリーナスの離脱でアウトサイドシューターが不足したアメリカはゾーンディフェンスに苦しむかもしれないし、世界選手権はより面白くなった――みたいなコラム

“シャシェフスキーは、ラリー・バードやクリス・マリン、マイケル・ジョーダンのような偉大な92年組の射手の1人を夢見ることができるだけ。たとえ、もうフープにドライブできなくても、彼はたぶんジョーダンを引退から連れ出すだろう”

ハイ、左手のシュートにだって取り組んでますヨ〜ン。
Ю  ○ \(・・\)
とは言え、純粋な長距離シューターなら、レジーじゃないかと思う奥ゆかしい私。(=^_^;=)

posted by まき at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

中国で

シャックが中国のシューズメーカー(キャブスのデイモン・ジョーンズとも契約中)と5年契約を結び、中国、香港、台湾、マカオで「Shaq Dunkman」というブランド名のバスケットボールグッズを販売するそうです。
そのために中国を訪問中のシャック。

greatwall_SHAQ.jpg 万里の長城はお約束ですね。


そして。
シカゴ・トリビューンの記事(出所はマイアミ・ヘラルド)によると、シャックは中国で4番目に人気があるアスリート――マイケル・ジョーダン、姚明、デイビッド・ベッカムに次ぎ。

040519_greatwall.jpgそういえば2年前の訪中のとき、姚明の帰国と重なったのに、MJ訪中の記事の方が大きかったとか。
当時はMacだったので見られなかった動画を今のPCでようやく見たときも、日本とは大違いの騒がしさにビックリでした。
2年たった今でも1番人気なのねー♪

まだ生きてます、最后的神亜洲之旅   動画全記録



posted by まき at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

しょーもないゴシップ

harrahs-edgewood.jpg“マイケル・ジョーダンが7月にレイク・タホであったセレブリティ・ゴルフをドタキャンしたのは、去年のつけを清算するまで Harrah's and Harveys Casino Resorts(左:イベントの共同スポンサーで、参加者に宿を提供)で歓迎されなかったから”と、レイク・タホ・マウンテン・ニュースが書いたそーです。

たぶん、ポーカーとブラックジャックの負けだろうとか、クリス・ウェバーの元にはサクラメントから「Taco」と言う名前の太った債権取立て業者が派遣されたとか、でもってウェバーは今年も参加していたとか――。(記事紹介ブログ



それが真実でもガセでも、だからどーしたって感じの元記事を探す気にもならないくだらない話ですが、ピンポイントでマイケルを追っかけたいブログとしては、まあ一応記しておこうかと。


つけを清算していようがいまいが、100%身元が確かで支払い能力があることも分かっている上客(カモとも言ふ)を歓迎しないカジノなんてあるのかさ。
posted by まき at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

似ても似つかぬ

NikeTalk に投稿されていたブルズのマトリョーシカ。

russiandoll.jpg ・・・・・・・・・。
 
背番号を見ないと誰かわからない。

doll_back.jpg てゆーか、わかりたくもない。(笑)


韓国×アメリカがあったのに、こんな手抜きでスイマセンダッシュ(走り出すさま)
posted by まき at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

最も影響力が大きいプレイヤー

土曜日にやっとポンテルが届いたこともあって、昨日のアメリカ×リトアニアはコロッと忘れてました。
メロとか見たい気はあるんですけどね。
まあ、親善試合だから・・・本番は見るつもりデス。でも、アメリカより日本、アルゼンチン、スロベニア優先で。(^^;

そして。
チャーリー・ローゼンの記事を読みたいと思っても、マイケルの部分以外は全然身が入らなくて、ちゃんと訳す気になれなくて、自分でもヤンなるくらい。あ"〜あ。
マイケル以外はテキトーです。スイマセン。

Readers Request: Most influential players


続きを読む
posted by まき at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

06キャンプレポート3

キャンプで働いているアラバマ大学のポイントガード、ロナルド・スティール君が、地元メディアとの電話インタビューでマイケルのことを語ったらしく、AP記事になってます。(SI

 
 キャンプでのゲーム中、いつのまにかジョーダンをガードしていた。
「自分にできる限りのことはしたんだけど、それでも得点された。フェイダウェイでね。うまく防いだつもりなのに、決められちゃったんだ」
 それでもスティールはジョーダンに認めてもらうことができた。
 1つのセッションのあと、ジョーダンは彼をわきに呼び、いくつかの助言と「たくさんの褒め言葉」を与えた。
 「ポイントガードとして、ボールは常に君の手中にある。君がゲームを決定づけるんだ。自分がどういうプレーをするかだけでなく、チームをどのように動かすかによって。ゲームを決定づけられるポイントガードは多くないが、君にはできる、と言ってくれた」

 ジョーダンは2対2のピックアップゲームにも彼を誘った。
「コート上で、彼がどれだけ優れているか見られるなんて、すごいよ。43歳の今でも、彼は僕がこれまでに見た中で最高のプレイヤーだ」
 ピックアップゲームは?
「マイケルはまだそういうゲームに全部勝つ」


jkickz_2.jpg







NikeTalkの書き込みを読んで初めて気がついたんですけど
これって左手でシュートしてますね〜。


posted by まき at 20:45| Comment(7) | TrackBack(0) | バスケキャンプ | 更新情報をチェックする

ボブキャッツメモ

アルゼンチンのエルマンとの契約が確実に。
1年契約で2年目はチームオプション。

これで保証された契約選手が15人+制限付きFAのメルヴィン・イーライにもクォリファイイング・オファーを申し出ている。1チームのロスターは15人までだが、若いプレイヤーはDリーグに送ることができる。

現在のロスター
PG:レイモンド・フェルトン、ブレビン・ナイト、ケビン・バールソン
SG:アダム・モリソン or アラン・アンダーソン、マット・キャロル or バーナード・ロビンソン
SF:ジェラルド・ウォレス、ウォルター・エルマン、(ロビンソン)
PF:エメカ・オカフォー、ショーン・メイ、オセラ・ハリントン、(エルマン)
C:プリモズ・ブレゼッチ、ジェイク・ボスクール、ライアン・ホリンズ

イーライはPFかセンター



この中で顔が思い浮かぶのは・・・ナイト、ハリントン、ボスクール、オカフォー、メイ・・・フェルトンも大丈夫かな・・・モリソンはドラフトで覚えた!(笑) ウォレスは微妙。
ブレゼッチもスロベニア代表らしいので、世界バスケでチェックすることにします。
posted by まき at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

チャーリー・ローゼンのチョイス

Fox Sports はめったにチェックしないんですけど、検索に引っかかってきたので。
去年は過去のベストチームやポジション別TOPプレイヤーを選んだチャーリー・ローゼンが(8月26−27日記)、今年もオフシーズン企画として?読者からのリクエストに応じています。


まず、イマイチ納得いかない Readers Request: All-time versatile players

全部訳せないので、ささっと一部だけ。
あとは翻訳ソフトで読んでくだされ。(^^;


続きを読む
posted by まき at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

06キャンプレポート2

また別の方の投稿を見つけました。

こちら

jkickz4.jpg <still silky smooth だそう☆彡

         
        sons.jpg <ジェフ&マーカス


※ZOやオークリーの写真もありましたよ〜。
posted by まき at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケキャンプ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。