2006年09月30日

最も影響力があるsports endorser

日本語で言うと、スポーツ界のCMキングorクィーンでしょうか。(^^)

Tiger Woods Tops List of Most Influential Sports Endorsers

ロサンゼルスにあるマーケティング・エージェンシー Davie Brown Entertainment によれば、タイガー・ウッズがマイケル・ジョーダンに辛勝、と。

え、今頃?マイケルはもうとっくに現役じゃないのに…と思ったら、トップ5のうち現役選手はタイガーだけだそうです。

 1.タイガー・ウッズ
 2.マイケル・ジョーダン
 3.モハメッド・アリ
 4.ジョージ・フォアマン
 5.ランス・アームストロング
 6.マジック・ジョンソン
 7.シャキール・オニール
 8.ジョー・モンタナ
 9.テリー・ブラッドショー
10.アンドレ・アガシ
11.ラリー・バード
12.シュガー・レイ・レナード
13.ミシェル・クワン
14.メアリー・ルー・レットン
15.アーノルド・パーマー
16.ダン・マリーノ
17.デニス・ロドマン
18.イベンダー・ホリフィールド
19.トロイ・エイクマン
20.セリーナ・ウィリアムス

「消費者の購買行動を促す著名人の力」を測定する調査は、8つのカテゴリ:魅力、あこがれ、認識、支持、影響力、注目、トレンドセッター、信頼(appeal, aspiration, awareness, endorsement, influence, notice, trendsetter and trust )について150万人のアメリカ消費者に評価を依頼。

“アピール”のトップはメアリー・ルー・レットンで、次点がアーノルド・パーマーって、へぇぇ。
でも、アメリカ国内での調査なのに、相変わらず world's most- influential sports endorser とか言っちゃうのね〜。『世界』なら、ベッカムやロナウジーニョも絶対入るでしょ。


※ランキングというカテゴリでも作った方が良さそう…。
posted by まき at 14:49| Comment(0) | TrackBack(1) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

トランペット・アワード

そうそう、ライダーカップで後回しにしたままだった記事です。(こちら

来年1月22日にラスベガスのベラージオホテルでセレモニーが行われる第15回トランペット・アワード(Trumpet Awards)。
23日に2007年の受賞者が発表され、ディオンヌ・ワーウィックやクリント・イーストウッドと並んで Michael Jordan も・・・元NBA等の肩書きはなくても、多分マイケルですよね?「親善大使(Goodwill Ambassador)」ってなってますが。

Trumpet Awards は、アフリカ系アメリカ人の業績と、アフリカ系アメリカ人の業績を一貫してサポートした人物に敬意を表する賞で、法律、政治、医療、ビジネス、スポーツ、エンターテインメントなど、さまざまな分野が対象であるとのこと。
今までの受賞者には、モハメッド・アリ、スパイク・リー、ジュリアス・アーヴィング、デズモンド・ツツ大司教、スティービー・ワンダーなどの名も。

<2007年の受賞者と各賞>
* Toni Braxton − Entertainment
* Ed Dwight − The Arts
* Michael Jordan − Goodwill Ambassador
* Donnie McClurkin & CeCe Winans − Gospel Giants
* Justice Alan C. Page − Legal
* Percy E. Sutton − Business : The Pinnacle Award
* Tommie Smith & John Carlos − 1968 Olympic Track Stars
* Dionne Warwick − Living Legend Award

<特別賞>
* Nancy G. Brinker − President’s Award
* Dr. Denzil L. Douglas − Global Award
    (英領西インド諸島セイント・キッツ・アンド・ニィヴィス首相)
* Orok Duke − Young STAR
* Clint Eastwood − Social Justice
* Hill Harper − The Usher Raymond Altruism Award
* J. Terrence Lanni − Chairman’s Award


Trumpet Awards Foundation
posted by まき at 20:19| Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ナイスガイ

チャーリー・ローゼンが読者のリクエストに答えるシリーズ、『ダーティーな選手』の次は『ナイスガイ』でした。

マイケルが入っていないだろうことは百も承知だけど、どんなもんかいな〜と。
1番興味深かったのは、マブスがナッシュと再契約しなかった理由です。
あと、スティーブ・カーについては本当にそう思う。
他の人は・・・そんなに良く知らないから〜。
好みの問題もあると思うし。

私、自分が悪人だから、『ナイスガイ』にはあまり興味ないかも。(笑)
ちょっと訳にテキトーな箇所があったりしますが――

Erving, Monroe top all-time nice guys list


続きを読む
posted by まき at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

ナイキの株価

ライダーカップのことで後回しにしていた、ナイキの株価が下がっているという記事。

Nike has big names and sliding stock

タイガー・ウッズだけでなく、ミシェル・ウィー、ロジャー・フェデラー、マリア・シャラポワ、NBAではコービー&レブロン&カーメロと、サッカー以外の目立つスターはナイキ独占の感があるのに、いわゆる“ネームバリュー”はグッズの売り上げに直結していないようです。

アディダスの株価は18パーセント上昇していて、ナイキの株価が下落というのは、ちょっと嬉しくない。
ナゼだか。
正直言って、エア・ジョーダン・レトロが今でもバスケットボール・シューズのトップセラーだというのは気分いいんだけど。(^^; 

以下、経済用語なんてサッパリながら、ささっと訳したものデス。


続きを読む
posted by まき at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

ライダーカップ3日目

060924.jpg

最終日はヨーロッパチームの3連覇で幕を閉じ、マイケルはこれだけ・・・
まあ、もういいんだけど、どうせならファッションを見たかった。
これじゃあ、昨日の使いまわしみたい。(^^)

posted by まき at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

ライダーカップ2日目

“マジック・ジョンソン”がウッズを声援 (1日目記事)

 1997年に急きょスペインでのライダーカップを初観戦してから、マイケル・ジョーダンはもう見逃さないことを誓った。
 事実、元ブルズ・スターは昨日、タイガー・ウッズとアメリカチームを応援して、Kクラブのフェアウェーを歩いていた。
 「ライダーカップは本当に好きだよ」「お金に関係ないところが好きだね。それはチームについてであり、すべてのパット、すべてのショットに緊張感がある」
 グレーのセーターと黒いスラックスを着たジョーダンは、ロープ内への立ち入りが許されるアメリカチームの腕章をつけていた。彼を認めたアイルランドのファンに、ほとんどトラブルはなかった。
 しかし、地元のラジオアナウンサーは、「ウッズの友人、マジック・ジョンソンがいます」と放送した。
 すぐに訂正されたが。


2日目の“マジック・ジョンソン”さんは、Yahoo! Sports にはなかったコレとか好き♪

with_Clarke.jpg <ヨーロッパチームのダレン・クラークと

中のシャツがおしゃれそう (誰か「吸いすぎに注意」って言ってやってください…)


結果は未確認だけど、フォトギャラリーを漁っているだけでヨーロッパのリードが判るんですよね〜。タイガーは苦い表情ばかりだし、ヨーロッパチームの喜ぶシーンが多くて。

スポーツセンターは昨夜が初日分だったので、タイガー/フューリック組の勝利にガッツポーズのマイケルがチラッと映りました。
でも、「ゴルフチャンネルはジョーダンを映しすぎ」みたいな記事を見つけ。
「選手たちを映すのと同じくらいジョーダンのリアクションを映し」・・・へぇぇ、そうなんだ。
3日目だったら、スカパー大開放デーに再放送だから、見ることができるんだけどな〜。
posted by まき at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ライダーカップ初日

とはいえ、結果はそっちのけですが。(笑)
美しいロケーションの写真が山ほどあって、マイケルの写真もいっぱいあって。
満足々々。(^^)

Michael Jordanで検索すると→ここに一覧

でも、GettyImages のは含まれていないので、Yahoo! Sports Golf のフォトギャラリーで1ページ1ページ探しましたよ〜。(^^;

G_Bush.jpg <ブッシュ元大統領も常連ですね。

他には、どアップ!  シガーの横顔  タイガーが心配?  エリン・ウッズ夫人

あと、WireimageGetty Images にも別のが数点。

ここには大きな画像(同じものだけど)が4点投稿されています。

・・・やれやれ。(笑)

記事には、ほとんどずっとタイガー・ウッズについて回っていたとか、TVパスでロープ内への立ち入りを許されていたとか、「タイガーがうまくプレーできなかったとき、人々は彼のために言い訳をしたがるけれど、彼自身は決して言い訳をしない」とタイガーについてコメントした、とか書いてありました。

で、NikeTalkに、「ジョーダンがインタビューされてる」という書き込みがあったので、公式HPを探してみたら、ハイライトビデオの中にちゃんとMJのインタビュークリップもあったんです。ところが、喜んでクリックしたら・・・『We're sorry, but the clip you selected isn't available from your location.』だって。
え〜?それって、「ゴルフチャンネルで見てちょ!」ってことですか?(T_T)

・・・あ、しまった、スポーツセンターも見忘れた。(どーせムダだったろうけど)
posted by まき at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

ライダーカップ

マイケルはライダーカップの観戦&応援にアイルランドのダブリンにいるそうです。

やっぱりねー。
好きだよねー。
世界バスケは見に来なかったくせにー。(笑)

自家用ジェットでひとっとびなのかなー。

いつものように、NikeTalkに投稿があったのですが(こちら)、写真を撮影した方がパートタイムのフォトグラファーということで、"IRELAND'S PREMIER CELEBRITY PHOTO AGENCY" Very. Important. Pictures. というところの透かし入りです。(サムネイル画像ぽい)
場所はダブリン随一のナイトクラブで、オークも一緒。<なんか、ホント仲良し。

Dublin1.png Dublin2.png Dublin3.png

アイルランドではバスケ人気が低く、MJ見たさにホテルで待っていたのも2人だけですって。その方が一緒に撮ってもらった写真は→こちら (あ、アゴ髭なくなってるし)


ライダーカップはゴルフチャンネルで生中継されていますが・・・さすがにパスだな〜。(^^;
97年にはTV朝日でダイジェストが放送され、MJもちょっとだけ映ったんですけど。そういえば、2002年や04年は放送がなかったかも?

06 Ryder Cup (USA)

ゴルフチャンネル

<生中継予定>
9月22日(金)後3:30-深2:30
9月23日(土)後3:30-深2:30
9月24日(日)後7:00-深1:30
9月25日(月)深1:30-閉会式

※ 放送時間の延長あり。

<再放送>
9月29日(金)後4:00-深3:00
9月30日(土)後4:00-深3:00
10月1日(日)後4:30-11:00 ほか

posted by まき at 20:11| Comment(5) | TrackBack(1) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

謎の5万ドル(22日に解決)

18日の記事の筆者 Phil Hellmuth氏は、ポーカー・ワールドシリーズで9度も優勝したチャンピオンらしいです。そして、ポーカーに関する2冊の著作があるとのこと。
にしては、ちょっと意味がつかみかねるこの文章・・・

and the $25,000 first place prize, which he promptly donated right back to the Trent Tucker Charity, along with the $50,000 he paid for the custom made “chopper” motorcycle he bought for his friend Mr. Oakley.

特注の『チョッパー』を5万ドルでオークリーに買ってあげた?その代金を優勝賞金2万5000ドルと一緒に寄付した?

今日、マイアミ・ヘラルドのエンターテインメント欄にも同じ筆者による同じレポートがあったのですが、少しだけ詳しい文章になっていて・・・

and the $25,000 first place prize, which he promptly donated right back to the Trent Tucker Charity, along with the $50,000 he paid for the custom- made ''chopper'' motorcycle (signed by all of the celebrities) he bought for his friend Charles Oakley.

特注の『チョッパー』にはセレブ全員のサインがある、ということは、チャリティイベントに出品された『チョッパー』にセレブ全員がサインし、それをマイケルがオークのために5万ドルで落札し、代金は寄付になる…ということかしらん。

真相は不明だけど、そういうことにしておこう。(笑)
マイケルは気前がいいって噂だし。

どうも、自分の英文読解力はさておき、5万ドルという大金の消息が気になって〜。(^^;


※21日のシカゴ・トリビューンに、「オークション」と書いてありました。これにて一件落着。

Jordan promptly donated the $25,000 first-place prize to the charity, along with $50,000 he paid in an auction for a custom-made motorcycle that he bought for his friend, Charles Oakley.


posted by まき at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

ボブキャッツメモ:ボンジ?

トレーニングキャンプまであと2週間だそう。
今までボブキャッツがどこでキャンプしていたか知らないんですけど、今年はウィルミントンらしいです。どこかから変更したとすれば、マイケルの意向なんでしょうね。
ま、ウィザーズをウィルミントンへ連れて行くよりは当たり前な感じ。(^^)

ESPN.com が“2010年のNBA予想”的なことをやっていて、第一弾は「現在の下位10チームのうち、数年後に優勝できそうなチームは?」なのですが、数人のライターのうち、ESPNのクリス・シェリダンの予想は「ボブキャッツ」。
お!

・・・「ロケッツじゃ安易だから」ってことなんですけど。

 今から1年後、ボブキャッツの先発は、エメカ・オカフォー、アダム・モリソン、ジェラルド・ウォレスかウォルテル・エルマン、レイ・フェルトン、そしてヴィンス・カーター…ということもあり得る。もちろん、カーターが移籍を決意すればだが。
 シャーロットは彼をネッツから誘い出すだけのキャップの余裕がある数少ないチームの1つだ。フェルトンがどれほど優秀になれるかは、すでに確認できた。そして、ポイントガードは通常、3年目を終えるまでピーク近くにさえ達しない。
 明らかに、もう1つ重要なピースが必要(マイケル・ジョーダンの投入がその必要を満たすと言うつもりはない)だが、今までキャッツはゆっくりと、正しくチームを編成しようとしてきたし、遅かれ早かれ、高い順位でドラフト指名された数名のプレイヤーが力を合わせれば、手ごわいチームができる。


「ニューヨークはマーケットとして魅力的だから、レブロンとウェイドが揃ってニックスに来るかもしれない。だからニックス」なんていうのじゃしょーもないけど、こういう正当な評価なら、当たらなくても嬉しい。
MJはここまでの編成に全く関わっていませんけど…(^^;

ところが、どうもボブキャッツはボンジ・ウェルス争奪戦(今のところロケッツ、ナゲッツ、ヒートが参加)に加わりたいみたいで、今週中にバーニー・ビッカースタッフGMが代理人と会談し、向こうに来る気があるかどうか測る予定だそうです。

ボンジはけっこう好きだけど、もし契約できたら来夏のヴィンちゃんはどーなる?(ぉぃぉぃ)
posted by まき at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

ブルズ乱闘

別に毎日 YouTube で暇つぶししているわけではないのですが。
『バッドボーイズ』の悪行三昧(笑)が見たくて探すうちに、1994年5月13日、プレイオフ・カンファレンス・セミファイナル Bulls vs Knicks Game 3 の大?乱闘シーンを見つけました。

Knicks-Bulls brawl '94



有名な1.8秒事件の前に、こんなことがあったんですね。
しかも、コミッショナーの目の前だ。(笑)
私が見るようになった頃は、ベンチを離れると即出場停止だったので、ブルズの試合でこんなチーム総動員の騒ぎは見られませんでした。<まるで見たかったかのよう?(^^;
(スティーブ・カーが、「あの規則は大歓迎。ベンチから離れなくても臆病者呼ばわりされずに済むからね」とナイスなコメントしてましたっけ)
タフなシリーズは好きだし、マイケルはいないけどポンテルしてみようかな〜。

とりあえずバッドボーイズで見つかったのはコレだけ。

Detroit Bad Boys

デニスのドキュメンタリー番組もなかなか面白かったです。(まだ続くようですが)

beyond the glory - dennis rodman (1/5)

beyond the glory - dennis rodman (2/5)

beyond the glory - dennis rodman (3/5)
posted by まき at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

チャリティ・ポーカー(追記)

トレント・タッカーのチャリティ・ゴルフ・トーナメントと一緒に催されたポーカー・トーナメントの方のレポートを見つけました♪
筆者はこのイベントについて告知した8月の記事でポーカー・スターとして紹介されているPhil Hellmuth。

・・・が、ポーカーのルールが全然分からないので、手も足も出ません。むぐ〜。
(コメント欄にて、たつおさんによる“解読”をご覧下さい。
たつおさん、ありがとうございました。m(__)m)


とりあえず、ポーカーのスターが何人も参加しているはずなのにマイケルが優勝した!ということで。ゴルフでは、最後の何ホールか不調だったらしいですけど・・・ゴルファーとしてよりもギャンブラーとしての方が優秀?(^^;

Jordan clutch at poker table
Basketball star wins another kind of title

Monday, September 18, 2006

最近、ミネアポリスで、長年のニューヨーク・ニックスのプレイヤー(10シーズン)トレント・タッカーが、トレント・タッカー・ユースプログラムのためのチャリティイベントを催した。通常このイベントはゴルフトーナメントで、マイケル・ジョーダン、ケビン・ガーネット、パトリック・ユーイング、バイロン・スコット、チャールズ・オークリー、スコッティ・ピペンのような多くのNBAスターや有名人が、プレーするために1人最低5000ドル【え!?】支払う。
今年は無制限のHold ’emチャリティ・ポーカートーナメントがカンダベリー・カード・カジノで行われ、私もチャリティをサポートするために参加した。

私の兄弟(デイビッド)とエージェントが長年ツインシティーズの住民だったおかげで、インサイド・レポートをすることが出来て嬉しい。

ポーカー・トーナメントには、世界一の有名人マイケル・ジョーダンを含む約120名が参加したが、ユーイングやスコット(スコットは私に、自分はプレーしないが19歳の娘はHold ’emが大好きだと言った)は加わらなかった。

【ここから描かれているポーカーの様子はサッパリ理解不能】

ジョーダンのHold ’emゲームについて、本人と少しトラッシュトークをしたとき、私は彼がその夜の大半でチップリーダーであることに気付いた。

【略】
見物人が、もう1つのチャンピオンシップに勝とうとするジョーダンを見るために集まり、私はオークリーやユーイングと一緒にジョーダンの後ろに立っていた。

【略】
ジョーダンはタイトルとトロフィーと2万5000ドルの賞金を獲得したが、それは直ちに、彼が友人のオークリーのために買った特注の「チョッパー」オートバイに支払う5万ドルに加えて、トレント・タッカー・チャリティに寄付された。【どういう意味なんだろう?】

ジョーダンはこの上なく幸せそうで、今回がHold ’emトーナメントで初めての優勝だと私に語った。

【】内は私のコメント。

こちらはカンタベリー・カード・カジノの公式ページより。(^^)
順位発表    記事

優勝したマイケルのコメント:"I just came to have a good time and help the Trent Tucker Non-Profit Organization," "This was for fun, and I just played my cards. I didn't care if I won or lost,"

そうは言っても、絶対、やるからには勝ちたいと思ったでしょ?(笑)
posted by まき at 21:03| Comment(5) | TrackBack(1) | イベント | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

最新映像

たかさんに教えていただきました♪
(たかさん、いつも情報提供ありがとうございますm(__)m)

NBA.com の NBA TV broadband で、今年の殿堂入りメンバー(バークリー、ウィルキンス、デュマース)について語るマイケルの最新インタビューを見ることができます。

09/14/2006 - Jordan on 2006 HOF class (6分9秒)

・・・ちゃんとリンクできてるかな?
こちらのページからでもOK。

さらに、NBA TV broadband には、トレント・タッカー主催ゴルフ・トーナメントの取材映像も。

09/15/2006 - Trent Tucker Golf Tournament (2分42秒)

タッカーとピペン、ウルブスのM・ジェームズのインタビュー。
ファンと交流するマイケルの様子。BJもチラッと。<どこの子かと思った。(^^;

もしかしたらインタビューも同じ日に収録されたのかもしれませんね。

posted by まき at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

ダーティーな選手

またチャーリー・ローゼンのチョイスで、「最もダーティーなプレイヤー」なんですが・・・見たことも聞いたこともない昔の選手をあげられても分かんないんですよね〜。
まあ、いつものように(<マイケル関連記事以外はいつも(笑))ざっとということで。

Reader's Request: Dirtiest players


続きを読む
posted by まき at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

YouTubeいろいろ

皆さんとっくにご存知のビデオばかりかもしれませんが、YouTube探索が久しぶりだった私には大収穫 ぴかぴか(新しい)

1990年のアーセニオ・ホール・ショー



パート2

まだ何の翳りもない輝くばかりの美青年ですねー。
そして、次は13年後、最後のオールスターを前にしたTNTの特集。
美青年から“いい男”になったマイケルってところかな。(*^。^*)

Michael Jordan TNT Salute P1

Michael Jordan TNT Salute P2

Michael Jordan TNT Salute P3

Michael Jordan TNT Salute P4

Michael Jordan TNT Salute P5

さらに、ESPNのスポーツセンチュリー。

SportsCentury Jordan Part 1

SportsCentury Jordan Part 2

SportsCentury Jordan Part 3 (未完)


著作権が問題になるのも良く分かるんですけど、実際に日本では視聴不可能なテレビ番組を見ることができて、すごく嬉しい…。
言ってることはほとんど理解できなくても。(^^;
眺めるだけでハッピーです♪
posted by まき at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

ナイトのチャット

13日にブレビン・ナイトのチャットが行われ、そのトランスクリプト(こちら)があったので、とりあえずマイケルに関する部分だけ訳しました。(^^)ヾ

と言うか、私も初めて知ったんだけど、今年のスティール王はボブキャッツのジェラルド・ウォレスだったんですねー!で、2位がナイト。
主要スタッツで同一チームの2人が1−2位を占めるのは、1987−88にセルティックスのケビン・マクヘイルとロバート・パリッシュがFG%で1−2位を占めて以来だとか。
・・・不思議なほど話題にならないところが弱小チームの悲哀だなぁ。


BrevinKnight.jpgQ:マイケル・ジョーダンがボブキャッツに加わったことを知ったときの気持ちは?

A:エキサイトしたよ。恐らく間違いなく史上最高のプレイヤーと共に働くチャンスを得るのは、いつだって幸運なことだから。僕たちは彼が言うことのすべてに耳を傾け、そして、ワン・オン・ワンのゲームで負かそうとトライするだろう。いつか自分の孫たちに話して聞かせることができるようにね。だけど、組織として、彼のような知識と経験と名声を備えた人物をチームの一員に迎えられるのは、とても素晴らしいことだ。

Q:今年はどこまでいけると思いますか?

A:プレイオフ・スポットにチャレンジできると思う。僕たちにとって現実的な目標だ。昨シーズンのプレイオフ・チームがどうこうならなくても、全員が健康であることを前提に、新しく入ったメンバーのことも考えれば、本当にプレイオフへまい進できると思うよ。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブレビン・ナイトというと、ナイトとイルガスカスとデレク・アンダーソンとセドリック・ヘンダーソンがキャブスの“ルーキー・カルテット”と話題だったシーズンに、ブルズが2度も惨敗を喫した苦い思い出が甦るさ〜。あれはドンヨリした…しかも、2試合ともBSで放送があって、見たくもないのに見せられた…(笑)

posted by まき at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

トレント・タッカー主催ゴルフ

例によってNikeTalkでTopicを発見♪(ありがたや)

Pics of Jordan @ Golf tourny and autographed 3's!!!!!!!!!!!!

9日土曜日のMJの画像などあります。ゴルフバッグが可愛い!
リサイズしたものをいくつか――

smile.jpg    green.jpg <お疲れ?(^^;

autograph.jpg



これは去年とか。よそではほとんどサインしないことで有名なマイケルだけど、この大会ではかなり気前よくサインしているらしい・・・あまり知られていなくて、集まるファンも少なそうですもんね。(笑)


投稿者の zachary32gerdesさんによると ――最初は、前夜にあったポーカー・トーナメントでの優勝について声をかけたんだ。フェアウェイの片側には僕たち兄弟と彼しかいなくて、ボールを打ちやすいようにロープを引っ張っていてあげたら、ナイスショットを決めたあと、「ロープを持っててくれてありがとう(Thanks bud for holding the rope.)」と言ってもらったよ。それから、ここミネソタのゴルフコースについて話した。あまり知られていないけど、彼はスプリング・ヒルのメンバーだから、話が弾んだ。彼はグレート・ガイだったよ。去年も話すことが出来たんだけどね。

「ジョーダン・ブランドではゴルフクラブを作らないの?」と言ったら、彼は笑って「そのうちね!」

――いいなぁ、言葉が通じる人は。(^^;

マイケルがモコモコ着込んでいると思ったら、「土曜日は寒かったのに行ったんですか! 私も毎年出かけているのですが、今年は妻が旅行中だったので、あんな寒くて風が強い日に2歳の娘を連れて行って風邪でも引かせたら大変だと思い、断念しました。去年、あなたの隣でWINGSポスターにサインをもらった者です。来年はまたお会いしましょうね」という書き込みもありました。

◆NBA.com の NBA TV broadband で映像を見ることができます。

09/15/2006 - Trent Tucker Golf Tournament (2分42秒)


クーコッチ
バックスとブルズからのオファーがなく、「おそらく引退することになるだろう」と言ったようで・・・「望んでくれるチームはいくつかあるが、自宅から遠いチームには行きたくない」と。
18日で38歳。ずっとハイランドパークに住み続けていたんですね。
あぁ、とうとう最後の1人もいなくなってしまうのか。
お疲れさま。
posted by まき at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

ボブキャッツメモ:契約

herrmann.jpgアルゼンチン代表のウォルテル・エルマン(Walter Herrmann)と正式に契約。
期間は1年で、2年目はチームオプション。
ISMの記事がけっこう詳しいです。

アルゼンチンリーグとスペインリーグでキャリア10年。
プレイヤー・オブ・ジ・イヤー、ファイナルMVP、得点王、新人王、ファーストチーム選出、オールスター選出、ダンクコンテスト優勝などの受賞歴あり。


本人のコメント
「NBA入りはずっと夢だったけれど、機が熟していなかった。ここ2〜3年、シャーロットが自分に関心を持ってくれているのは知っていたし、この夏ようやく、ビッカースタッフ・コーチと会い、サマーリーグのチームで過ごす機会を得ることができた。組織のすべてにとても好感を持ち、契約を望まれたことが嬉しかった」

「ビッカースタッフ・コーチや彼のスタッフから学ぶのを楽しみにしている。シャーロットへ引っ越すこともね。そして、ミスター・ジョーダンからアドバイスをもらえたら嬉しい! ぼくの目標はシャーロット・ボブキャッツがゲームに勝つための力になることと、NBAについて学ぶことだ」


posted by まき at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

ラブユー

love_you.jpg


自分でここを開いたとき

「んふ♪」

と思ってみたかっただけ。

posted by まき at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

根も葉もないVC15

ナンにもないので10日前のスポーティングニュースのコラムをちゃんと読んでみたのですが。

ボブキャッツのオーナーは財布の紐をゆるめる必要がある。ジョーダンはもっと選手に金をかけるようジョンソンを説得すべし――と、当初から言われていることの繰り返しなだけ。


ボブ・ジョンソンは1万5000ドルの融資を30億ドルのケーブルネットワークに変えた人物である。悪趣味な番組を1日24時間流すだけで大金を稼げるビジネスが彼の成功モデルであり、巨万の富を築いた多くの実業家と同じように、彼は自分のやり方のとりこ。

しかし、バスケットボール・ビジネスは大きく異なる。NBAでは成功だけが売れる。凡庸と関わりたい人間はおらず、成功を続けなければ関心を刺激するチャンスもない ― 特に、シャーロットのように小さくて、前のフランチャイズが毒を流し、フットボールやNASCARと張り合わなければならないマーケットでは。

これまで、彼らは競争に負け続けている。そして、ジョンソンが2800万ドルのサラリー総額の維持をゆずらない限り、事態は変わりそうにない。

マイケル・ジョーダンがボブキャッツに加わってから行ったことと言えば、アダム・モリソンのドラフト、ウォルタテル・エルマン、オセラ・ハリントンとの契約。それだけ。まぁ、もちろん、FA市場にさほど多くのオプションはない。それでも、退屈なオフシーズンに、ゲーム史上最も熱烈なギャンブラーが、少なくとも若干のキャップスペースを満たすのではないかと期待した人はいるかも ― 冷淡なファンの関心を引きつける目的のためだけにでも。

1年あげよう。多分マイクは億万長者の友人にビジネスの代償を認めさせられる人間であるだろう。多分、来年の夏は、自分にトップクラスのFA(ヴィンス・カーター?)を追いかけさせるだろう。


――云々とありまして。
ヴィンス・カーター、来夏にネッツとの契約を終了できるオプションを持っていて、現在離婚手続き中との噂。1歳の娘の親権を妻が得れば、過去に住んでいたオーランドか実家のサウスカロライナへ引っ越すかもしれず、そうなればカーターも、娘の近くにということでマジックかボブキャッツへ移籍するかも、な。
・・・やっぱりまったく雲をつかむような話ですね。ヽ('ー`)ノ
posted by まき at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ06オフ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。