2006年10月31日

開幕前夜

ボブキャッツはガードのケビン・バールソンをカットして、ロスター15名確定。
「本当に難しい決断だった」(ビッカースタッフGM兼HC)
ですよね…PG2人しかいなくていいのかな?


そして、いよいよシーズン開幕ですけども〜。
マイケルに「表に立つつもりはない」とハッキリ宣言されちゃったしさ〜。(T_T)
以下、今さらながら、ロンドンでのコメントをかいつまんで。

「私に求められるのは、チームを築く助けになることだと思う。シャーロットを訪れたり、人と会ったり、夕食会に参加したり、そういうことも助けになるだろうし、別に嫌ではないが…ファンはバスケットボールコートでの成果を見たがっているわけだよ。私ではなくね。投資をしたからには、チームの一員に違いない。ただ、バスケットボールコートで私に会うことを期待されるから、そういう関わりは持たないつもりだ」

自分の役割は、「日常業務を行うことではなく、それぞれの部署の人間が、ビジネスやバスケットボールに関して正しい判断を下しているかどうか監督することだと考える。私はビジネスのそういう部分も理解していると思うし、助力は惜しまない」

こういうスタンスは、自分の名前が利用されていると感じたワシントン時代の経験から来るのだろう、と。<まったく。

でも、本人は前向きな経験だったと主張。
「大きな経験だった。チャンピオンシップに勝ったわけではないし、彼らは異なる方向を選んだのだから、ほとんどの人はそう思わないだろうけれど。私はビジネスに求められるものを理解した。ビジネスの観点から選択せざるを得ない場合があることも。それがシャーロットでの助けになると思う」

「ただ、彼らがどうやってチームを編成したか考えてほしい。私たちは財政的な立場から働き、サラリーキャップの空きを作らなければならなかった。チームがアリーナスのような選手を獲得できたように。私が就任した当時、彼らは完全に窮地に陥っていた。私が去る頃はそうではなかった。だから、いくらかは成功したのだと思いたい」

現役時代と今の仕事に、「大した違いはない。自分が成し遂げようとすることにビジョンを持ち、確実に達成するために仕事を進める。そういう意味で、バスケットボールコートでしてきたことと大きな違いはない」

2000Dec07.jpg こんなんでもいいから見たいなー。

2006年10月30日

まだスペインに

NickyHayden.jpgそれとも、1度シカゴに帰って出直した?

昨夜6時45分から生中継されたMotoGP最終戦バレンシアGPをしっかり録画した私。
でも、ちゃ〜んとマイケルが映っていたからいいです!
・・・6時間も録画して数秒だったけど。(笑)

15日のポルトガルGPで転倒に巻き込まれ、5連覇中のチャンピオン、バレンティーノ・ロッシにポイントを逆転されたニッキー・ヘイデン。ところが、バレンシアではロッシが転倒。3位に入ったヘイデンが総合優勝…という展開らしいデス。

<で、レース直後は大泣き。

中継アナのコメントによれば、マイケルもアメリカ人であるヘイデンの優勝を見たいと語っていたとか。

あ、そーそー。
まだヒゲは剃ったままでした。(^_^;)

posted by まき at 20:22| Comment(2) | TrackBack(1) | バイク | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

ユーロツアー総集編

とでも。(^^)

スペインで24日に放送された『Buenafuente』というインタビュー番組?がYouTubeにあったので。何人からか投稿されていますが、とりあえず1番長いバージョンを。(誰か『すぽると』もアップしてくだされ…)

Michael Jordan en Buenafuente 24/10/06 (07:33)




それと、こちらはミラノの会場でご挨拶の様子。

www.sotto-rete.it Michael Jordan in Italy, October 24 2006 (00:24)

こちらはベルリン。

Jordan Classics Introduction MICHAEL JORDAN (02:27)


■BBCの26日の記事を日本語にしてみました。

Jordan's European trip
By Rob Dugdale

続きを読む
posted by まき at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

スタークス

93年のカンファレンスファイナルで、ジョン・スタークスがホーレス・グラント(&マイケル)の上から叩き込んだダンク。

John Starks-The Dunk



『50 Greatest Moments at Madison Square Garden』だそうです。(記事

で、スタークスの回顧談:「力の限りジャンプした。目に入ったのはホーレス・グラントだけで、マイケルには気付きもしなかった。誰の上からダンクしたかなんて分からなかった。ただディフェンスに戻ることだけを考えていたんだ。試合後、通路でマイケルとばったり出くわしたら、彼は握手してきたよ」


何か、“男同士”って感じで、いい話だなー。

posted by まき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

プレシーズン第8戦

94−105 vsホークス (boxscore


ところで、11月から J sports Plus で毎週1回「J sports クラシック」が放送されるみたいですね! 今のところ、水曜日か木曜日の深夜に予定。

11月2日 (木) 26:00 - 28:30 J SPORTS クラシック
         【85/86NBA】プレイオフ1回戦ゲーム2 ブルズ vs. セルティックス

11月8日(水) 26:00 - 28:30 J SPORTS クラシック
         【90/91NBA】ファイナルゲーム5 レイカーズ vs. ブルズ

11月15日 (水) 26:00 - 28:00 J SPORTS クラシック
          【91/92NBA】ファイナルゲーム6 ブルズ vs. トレイルブレイザーズ

11月22日 (水) 26:00 - 28:00 J SPORTS クラシック
          【94/95NBA】レギュラーシーズン ニックス vs. ブルズ

これって絶対、復帰5戦目のダブルニッケルだよね〜。
しょうがないとは思うけど、ありがちなのばかり。

2006年10月27日

YouTube発掘

Tinker1018.jpgまたまたNikeTalkで知って、パリでのレポートが詳しいブログ Tinker & Jordan Day Par Deck Two へ。

・・・フランス語で読めません。(^^;
でも、写真も動画もたくさんあります。ティンカー・ハットフィールドのサイン会があったのかな?

そして、この方が投稿した動画を探しに再びYouTubeへ。
Jordan Paris」で見つけました♪
ダンクコンテストの模様などもあります。



jordan arrivée!! (00:31)

jordan & journalists (00:22)

Jordan gros plan Michael!!! (00:22)

Tyler Magazineという雑誌のインタビューシーン。

interview exclusive de michael jordan (01:54)

さらに、芋ヅル式に見つかった(笑)ハンブルクでの様子=人気衰えずるんるん

Michael Jordan winked at Raif in Hamburg! (01:11)


Jordan Berlin」でも探してみたら、Jordan Classicsの動画はありましたが、マイケルは映っていないみたい…。

そして、ついでに見つかった訪中についてのインタビュー。

Jordan visits China! (02:03)

Michael Jordan visits China 2 of 2 (01:40)


「動画」というカテゴリでも作った方がいいかな…。
posted by まき at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

プレシーズン第7戦

○126−124 (2OT) @ミルウォーキー (boxscore

オセラ・ハリントンのブザービーターだったらしく。
この前の試合も、「経験豊富なハリントンのおかげ」と地元紙に書いてあったし。 
若いチームにはベテランの"Mentor"が必要みたいですね。

2006年10月26日

ユーロツアー動画

milan-press.jpgミラノで最後ですね。
マイケル、1週間で少し痩せてない?

NikeTalk の書き込みで動画のことを知り、リンク先の bkrw.com へ飛んでいったら、YouTube じゃありませんか。
で、YouTubeで「Jordan Press Conference」を検索してみたらバッチリ〜♪


17日の記者会見が19日にUPされていたんですね!
カメラがぐらぐらしてるけど、動画は嬉しい。
フランス訛りの英語を聞き取ろうとするところがキュート。(^^)



JORDAN x PARIS 2006 x PRESS CONFERENCE x PART 1 (09:35)



JORDAN x PARIS 2006 x PRESS CONFERENCE x PART 2 (09:39)

JORDAN x PARIS 2006 x PRESS CONFERENCE x PART 3 (09:20)

JORDAN x PARIS 2006 x PRESS CONFERENCE x PART 4 (03:00)


あと、ロンドンのナイキタウンにて。

Michael Jordan and Tinker Hatfield (00:49)


■一応、bkrw.com の記事も訳してみました。

続きを読む
posted by まき at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

24日 MILAN

1024milan.jpg なんか違う〜。(^^)

1024mini.jpg これはそうでもないけど。

Getty Images レイアウトが昨夜と違うと思ったら、21日のベルリンの画像の前に、ロンドンのナイキタウンでの様子やバスケットボールコート落成式の画像が追加されていました。

1020niketown.jpg  1020court.jpg

この後すぐハンブルクに飛んだわけですね〜ウェアが一緒だもん。(あ、ミラノでも一緒だ)


★また聞き情報なので詳しいことは分からないのですが、日本テレビのNEWS ZERO でロナウジーニョとの対談が放映されるとか…。
「すぽると」を見逃した私としては、ダメモトで毎日チェックします☆彡
posted by まき at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

プレシーズン第6戦

○101−89 vsペイサーズ (boxscore

やっと勝った。(^_^)v

ボブキャッツの記事も読みたいんだけど、マイケルのツアーが終わってからだな…。
なんて言ってたらシーズン始まってしまうが。

2006年10月24日

22日 ロナウジーニョと対面

    Ronaldinho.jpg

Getty Imagesのキャプションは「22日」になっているけど、ロイターは「23日」
どっち?

この記事によると、『昨夜はレアル・マドリッド戦を観戦したと思われ』とあり、FCバルセロナvsレアル・マドリッド(結果:0−2)は実際に22日だから、この撮影も22日なのかな。
それにしては、いきなりヒゲがなくなってます。(ヒゲある方が好きだ(^^;)

「このヨーロッパツアーでは何試合かサッカーを見るつもりだし、彼のプレーも見たいんだ。たぶん、今日のマドリッド対バルカを見ると思う」
「彼がサッカーのマイケル・ジョーダンだという話を読んだ。情熱をこめてプレーし、独創的で、人々が彼のようになりたがっていると。私は彼を知りたいと思っている」

こちらのページから動画を見ることもできます。

マイケル・ジョーダンに会ったとき、ロナウジーニョは子供の頃の夢を実現した。
ジョーダンのことは少年の頃から崇拝してきたが、ヨーロッパへ移り、ジョーダン・ブランドの衣類を買えるようになって、彼への愛情がさらに増したと言う。

「こんな特権を欲しい人は大勢いる。僕の友人のほとんどはここにいたかっただろうから、喜びも2倍だ」と、ロナウジーニョ。
「私のプレーを見たり、記憶したりしたことで、彼のサッカー場でのパフォーマンスに何らかの影響を与えたというのは、良い気分だよ」
「私はそれを真剣に受け止めるし、たとえ、もう自分がプレーすることはなくて、彼が私の試合に来たこともなくても、彼のような誰かに影響を与えられるということは大きな意味があると思う」


風邪引いちゃったらしく、ちょっと頭がぼけてるんですけど〜そんなに違ってませんよね、意味…。<言い訳しておこっと。(^^)
posted by まき at 20:34| Comment(5) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

22日 BARCELONA

  barcelona.jpg

MJが履いているシューズは何?で持ちきりのNikeTalkトピック 
"Jordan Classic" in Barcelona (MJ Pic)


しかし、実際ヨーロッパではどれくらいの人気なんでしょうね〜。

というのも、シカゴ五輪に反対しているリック・テランダー(シカゴ・サンタイムズのコラムニスト)が、He got Games? With MJ, we're closer というコラムで、「ジョーダンがシカゴ五輪招致委員会に加わったからマジやばい(意訳(^^;)」みたいに言っているんです。
いわく――

ジョーダンはマーケティングに関する純金だ。実際、2つの金メダルを所有し、バスケットボールの神として、スニーカーの帝王として、世界中に知られている。世界的に見て、シカゴへのジョーダンの有用性はほとんど計り知れない。

目下のところ、シカゴは2016年大会の国内招致で、ロサンゼルスやサンフランシスコと争っている。現役選手のコービー・ブライアントやバリー・ボンズを抱える彼らにとっては、ジョーダンの支持など大きな意味はないかもしれない。しかし、シカゴが国内で承認されたら、次は世界を相手に戦うことになり、そして、世界はジョーダンにとってお手のものだ。

すてきな湖岸の景色、素晴らしい夏の天候、豪華なレストラン、天に届く摩天楼、メトロポリスから車で6時間以内に6000万の人口があることを国際オリンピック委員会のメンバーに話してみたまえ。彼らはあくびをするかもしれない。

MJがあなたを訪問するかもしれない、あなたの子供たちにサインをするかもしれない、と彼らに話してみたまえ。たぶん彼らはうっとりする。

だから我々は、デイリー市長の夢想を真剣に考え始めた方がいい。シカゴはオリンピックのようなナンセンスを必要としない、あるいは選ばれる確率がララ・フリン・ボイルの首と同じくらい細いと思うなら、もう一度考えてみてください。


――ちょっとMJをかいかぶりすぎでしょー。(ファンにあるまじき発言?(笑))


とは言え・・・

愚痴を読む
posted by まき at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

21日 BERLIN

1021berlin.jpg

ベルリンのナイキタウンで。
今回のツアーはGetty Images を見るのが楽しみー♪

1021MVP.jpg MVPの少年を祝福

★「ジョーダンがシューマッハにアドバイス」という短い記事が、なぜか uk.sports.yahoo に。(アメリカはF1に興味ないから?)
ベルリンで Sport-Informations-Dienst (SIDというドイツの通信社らしい)に語ったところとして、引退後の喪失感を満たせる趣味を見つけた方がいいよ、とアドバイス。「個人的にはゴルフを薦める」

★NikeTalk にロンドンのナイキタウンでの様子が投稿されてました。

MJ and Tinker @ Niketown in London (Pics)

近いうちに携帯で撮った動画もUPしてくれるそうです。
posted by まき at 15:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

20日 HAMBURG

    1020-Snipes.jpg

ヨーロッパで初めてのMichael Jordan shop がオープンしたハンブルクのSnipes(Nike and Snipes)に到着したところ。

今日も Getty Images からデス。

・・・「事前承認なしで画像のダウンロードや使用は禁止」と明記しているGetty Imagesの画像を載せるのは、ちょっと気が引ける〜。(^^;
Photo by Getty Images for Nike ということは、いずれJumpman23あたりに透かしなしで掲載されるかも?

ロンドンでのディナーに招待されたBBC記者のブログはこんな感じかと――

An evening with MJ

まず告白させて下さい。私はマイケル・ジョーダンを愛しています。

続きを読む
posted by まき at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

19日 LONDON

     1019-5.jpg

いくつか記事もあったのですが、読むヒマがないのでご紹介のみ。(^^;

BBC   uk.sports.yahoo

1番詳しいESPN(ロンドン・タイムスとBスカイBでNBAを担当している記者の寄稿)はちゃんと読みたい。

「ちょうど今のように、シーズンが始まる頃はウズウズとかゆみを覚える。でも、かきたくなるほどではないよ!(笑)」

なんて言ったのですね。(^^)

「ボブキャッツとか自分の子供たちとか、他のシチュエーションを身代わりに、やり過ごしているよ。私はバスケットボールの一ファンであり、見るのも大好きだ。心の底ではまだプレーできる気でいても、身体的に同じでないことは自覚している」

ロンドンのJordan Classic Camp は、ノースカロライナ大学の後輩でイギリス人として初めてNBAに登録されたスティーブ・バックナルが運営しているとか、MJのブリクストン(ロンドンのブリクストン地区)訪問は21年ぶりで、19日は予定外の「電撃訪問」だったと書いてありますが。
今回のツアーで回る各地のMVPは、来年4月にニューヨークで開催されるJordan Classicに招待されるようです。
あと、現ブルズのルオール・デンについては、「間違いなく有望なプレイヤーだ。懸命にプレーすることで名を上げ、UKの若者たちに素晴らしい刺激を与えている」

さらに、ロンドンの学校で、ナイキが資金の一部を提供して改装されたバスケットボールコートの落成式があったような。(記事


19日の画像は、Getty Images にたくさん。 あと、Wireimage にも。 





posted by まき at 21:11| Comment(5) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

プレシーズン第5戦

96−109 @ペイサーズ (boxscore

勝てない・・・
まあ、15人に誰を残すか様子も見ないといけないし?


2006年10月19日

18日 PARIS

   061018.jpg

「レキップ」がフランス唯一の全国スポーツ紙だと知り、スペルを検索してみたのですが(L`EQUIPE)、Yahoo! で画像も英語の記事も見つかったから、もういいや。(笑)

AFP記事

内容はKennyさんの Go New York Go! - NBA News でぜひどうぞ。
Kennyさん、お知らせありがとうございました。m(__)m


画像は Wireimage   Yahoo!

Getty Images (Michael JordanでSearch)



★NBA.com がリニューアルされていて、ちょっと面食らいました。
でも、おかげでリンクが見つからなくなっていた3月のTNTのインタビュー(Michael Jordan on Motorcross Rasing)を保存することができてラッキー♪

当時はまだストリーミング映像の保存法を知らなくて断念したわけですが、今回もGetASFStream の最新版ではうまくいかず、「強制的にMMSプロコトルを使用(DLが失敗した時有効かも?)」という項目がある古いバージョン(2.1.0.8c)でようやく成功・・・。
3年後の殿堂入りセレモニーが保存できなかったら泣く。(いや、本気で今から心配(^^;)
posted by まき at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

17日 PARIS

   061017paris-2.jpg

フランスの16歳以下のベストプレイヤー30人を招待した"Jordan Classic"前日の記者会見

相変わらず歯並びがいい(笑)   ティンカー・ハットフィールドと

もちろんラリー・ミラーも同行


右も左も分からないヨーロッパで記事を探すのはあきらめました。
そんなに大特集してくれるところもなさそうだし…。
実際、MARCA.com はJumpman23.com でも紹介してありますもんね。

posted by まき at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

プレシーズン第4戦

84−100 vsウィザーズ (boxscore) 

一応、記録として。(^^;

2006年10月17日

もしも…

パリはお昼ですね。
一昨年のアジアツアーは、nike.com 中国、香港、台湾で大々的に告知されていたし、そこから sina.com も知ったんだけど。
今回のヨーロッパツアーは、フランスもイタリアもスペインも一見したところ何も見つからず・・・Jampman23.com しか頼れないんでしょーか。


ところで、ブレイザーズの現状を嘆くあまりか、オレゴン州の新聞に「もしジョーダンをドラフトしていれば・・・」というコラムが。
しょうもないけど、かなり微笑ましいバラ色の妄想なので、ちょっとテキトー訳で。

NBA history revisited: If the Blazers drafted Jordan ...

JAMES DAY October 10, 2006

続きを読む
posted by まき at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。