2006年12月01日

12月の予定

またボブキャッツの予定のみ。
(あえてMJの予定と言えば、23日の@シカゴは来るかも?)

 1(金)  at Washington  7:00
 3(日)  DETROIT  6:00
 6(水)  SAN ANTONIO  7:00
 8(金)  HOUSTON  7:00
10(日)  PHOENIX  6:00
13(水)  at Cleveland  7:00
14(木)  ORLANDO  7:00 TNT  TV15日(金)09:00-12:00 スカパーPPVJ  
16(土)  BOSTON  7:00
20(水)  at New York  7:30
22(金)  UTAH  7:00
23(土)  at Chicago  8:30
26(火)  at Dallas  8:30
27(水)  WASHINGTON  7:00
29(金)  L.A. LAKERS  7:00
30(土)  at Indiana  7:00


okafor_inside_061130.jpg

■12月1日の世界エイズデーに合わせ、エメカ・オカフォーは木曜日にワシントンで Safe Blood for Africa Foundation (SBFA) と協力する One Million African Lives Initiative
(“Million Lives Initiative”) の発足を発表。(記事

無償の血液提供者を増やし、HIVに感染した輸血を減らすことによって、サハラ砂漠以南のアフリカで今後5年間に100万人の命を救うことが目標、と。
「ナイジェリアの私の故郷やアフリカ大陸全土で、罪のない男性や女性、子供たちが、汚染された輸血を通して、HIVなど血液で感染する病に侵され、死の宣告を受けています。不幸にも、妊婦や子供たちこそ、最も多く輸血を受け、最も多く病気に感染するグループです。輸血前の血液を検査するだけのことで、HIV/AIDSの蔓延を防ぎ、毎年何百、何千ものアフリカの人々の命を救う援助ができるのです」

サハラ以南のアフリカでは、世界の71%、2450万人の感染者が存在。世界保健機構によると、輸血が原因の感染はアフリカ全土で約10%に及び、ほとんどが貧血症かマラリアを患う妊婦か子供である。

HIV検査キットは、アフリカ・サハラ以南のHIV/AIDS蔓延に対して費用効率が高い予防措置であり、Million Lives Initiativeは今後5年間に、アフリカで研修を受けた臨床医に1000万の検査キット配布をサポートしたいと計画している。

「今日、私はNBAの仲間や世界中の著名人、一般市民の方々に、このミッションに加わってくださるようお願いします。人種や国籍を問わず全ての人々が協力し、この取り組みをサポートするために寄付を行うことで、私たちは人の命を救えるのです。米国では故意にHIV/AIDS感染を広めることは犯罪ですが、アフリカでは汚染された輸血を通して罪のない犠牲者にHIV/AIDSを蔓延させているのです。私たちはこの人道に反する罪を阻止し、無辜の犠牲者たちを潜在的な死の宣告から救わなければなりません。どうか私たちのウェブサイトを訪れ、AIDS阻止イニシアティブの一員になり得る方法を知ってください」

One Million African Lives InitiativeはSBFAと共に働き、検査キットの配送、技術トレーニング、臨床教育、ドナー募集プログラムをサポートする。SBFAは、世界保健機構、世界銀行、ジョンズホプキンス、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、エクソン・モービル、USAID、CDCを含む多くの組織に支援されている。

2007年に、オカフォーと他のNBA選手は、HIV/AIDSの流行で大きな被害を受けているナイジェリア、コンゴ、アンゴラへ “Million Lives Tour” キャンペーンを始める予定だ。

――目標金額は1500万ドルだそうです。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。