2006年12月29日

He's in a comfort zone

シカゴ・サンタイムズのマリオッティさんが、23日にロヨラ高校の試合会場でマイケルをつかまえてくれて、久しぶりの記事になっていたのです。
相変わらずコメントを訳すのは苦手だけど、だいたいこんなもんかな〜。
マイケルが幸せそうで、読むのが嬉しかった♪
マリオッティさん、ありがとう。

Peace of the MJ puzzle: He's in a comfort zone

December 26, 2006
BY JAY MARIOTTI Sun-Times Columnist

もちろん、彼らは相変わらずまとわりつき、写真を撮り、サインをねだり、セーターにさわろうとしたり、ただ見つめたりしている。しかし、それがマイケル・ジョーダンの環境であり、彼は十分くつろいでいる。ロヨラ大学の体育館で最前列に座り、自分が他の誰よりも極めたスポーツをプレーする息子たちを見ているところへ、ジェフリーとマーカスの友達が軽いハグを求めてやって来ると、彼は暖かく微笑む。

嫌がらない理由? 今はホリデーシーズンで、ロヨラ・アカデミーはニュー・トリールに勝っていて、ジェフはまた活躍していて、ランブラーズの生徒席は飛び跳ねている。だから、女の子をハグしたまえ、MJパパ。

「今の子供たちは皆、僕のことをバスケットボールではなく『スペース・ジャム』で覚えているんだ」と、試合後に体育館の裏で15分ほど雑談したとき、リラックスしたジョーダンは言う。「それはつまり、僕の人生の一部が戻りつつあるということだ。少なくとも、今はある程度まで自分の生活を取り戻しているよ」

続きを読む


posted by まき at 21:32| Comment(3) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。