2007年05月31日

コービー騒動

コービー騒動でスパーズのファイナル進出が脇へ押しやられている感じですね。
私は宮地陽子さんのブログと、Go New York Go! NBA Newsで読んだだけですが(「コービーがトレードを要求」そして「撤回」)、内紛も他人事だと面白い。ブルズの頃はひたすら悲しかったけど〜。

さて、マイケルはプレドラフトキャンプの視察でオーランドに。

0530predraftcamp.jpg スーツの方がお腹は目立たない…(^^;

他には、ラリー・バード、クリス・マリン、ダニー・エインジ、キキ・バンダウェイ、アイザイア・トーマス、ミッチ・カプチャック、ケビン・マクヘイル、ジェリー・ウエスト等等のお歴々。
ほとんどのエグゼクティブが、コービーについては「ノーコメント」。
そりゃそうでしょう。
でも、トレードで獲得できるとしたら、絶対引っ張りだこだろうなぁ。

シャーロット・オブザーバーのコラムは――

私はコービー・ブライアントの才能が好きだ。しかし、彼のゲームには我慢がならない。NBAで最もセルフィッシュなプレイヤーだと思う。それでも、ブライアントをトレードで獲得するチャンスがあったら(今はレイカーズに留まりたいと言っているが)、ボブキャッツは実行すべきだろうか? それは誰と交換するかによるだろう。
もしエメカ・オカフォーとジェラルド・ウォレスをトレードしたら、ボブキャッツには何が残る? コービーは1試合30回もシュートを打ち、ボブキャッツは10点差で負けるだろう。
だが、もし、マイケル・ジョーダンの影響を受けた(彼のゲームや歩き方やスピーチの抑揚さえ借りた)コービーが、突然、自分のやり方では成功しなかったことを悟るなら。彼の素晴らしい得点能力にチーム・バスケットボールへの献身が加わるなら。
そんなコービーが存在するなら、もちろん私はここで彼を見たい。そして、ボブキャッツを無視し続けてきた数千人のファンもそうだろう。


デニスが挌闘家になってK-1参戦!? サンスポ  スポーツ報知
大晦日に放送したら絶対見る。(^m^)


posted by まき at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ07オフ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。