2007年09月26日

理由

昨日、ESPNに小っさいマイケルの写真を発見。
One reason it's hard to be the next Michael Jordan とか書いてあるので、とりあえず眺めて(<読む前段階)みました。どうやら、「ジョーダンがスゴイだけじゃなく取り巻きも超一流揃いだった」と書いてあるらしい。どうでもいいや、と思いつつ、ブログのネタになるかな?と欲を出して読んでみることに。(笑)

An Interesting Wrinkle in The LeBron-Jordan comparison


――ん〜。読んでみたら当たり前のことだなぁ。
ロドマンがデトロイトで失敗だったという部分と、ウェニントンが特筆すべきロールプレイヤーか?(^^; てところ以外は反論しようもありませんが、何とな〜く完全に納得もできない。どこが洞察に満ちているのかさっぱり分からんし、時間を損した気分。
D・フォーク本人も「マイケルを超えるプレイヤーが現れないとは言わないが、アレを再現するには人知を超えた力が必要」と言ってますしね〜。

それに、そもそも、オールスターで“ダンスコンテスト”に興じたり、ESPYアワードでこんなことしたり、レブロンはジョーダン路線じゃなくシャック路線を歩むつもりなんでしょう?(^m^)
実際、怪物のような自分のイメージと戦う道なんか選ばない方がいいですよ。

テキトーですがざっと内容


posted by まき at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。