2007年11月10日

TODAY SHOW (2)

YouTubeを待つまでもなく、MSNBCが7分7秒の動画を公開してくれました♪

msn.com video TODAY EXCLUSIVE

ダメだったら、こちらのページから行って下さい。
イリノイ大学のミッドナイト・マッドネス(練習解禁日)でブルズ23のジャージを着てダンクを披露するジェフの映像や練習シーンもあります。
キャッシュファイルを見つけて無事に保存(万年初心者ですから)も出来たよ〜ん♪
しかし〜インタビューの内容は記事が頼り…何を笑ってるんだか教えて!(^^;

番組プロデューサーのブログをだいたい訳してみたので。

THE MAKINGS OF TODAY'S MICHAEL JORDAN EXCLUSIVE
Posted: Thursday, November 08, 2007

いつものようにマット・ラウアのオフィスでネタを探していたとき、何かが私の目を引いた。それは、イリノイ大学バスケットボール部のウォーク・オンの1年生に関するセントルイス・ポスト・ディスパッチの記事だった。ただの1年生ではなく、マイケル・ジョーダンの息子だという。私はシカゴで育ち、史上最高の選手の活躍を目を丸くして見ていた男だ。ウィンディ・シティーで、マイケル・ジョーダンは称賛されるだけでなく崇拝されている。

TodayShow1.jpg難しい交渉になるのは覚悟していた。マイケルはめったにインタビューを承諾しない。実際、最後のインタビューからもう2年以上たっている。そして、昨年妻と離婚したばかりの父親は、子供たちを保護し、自分のプライバシーを守るために、非常にガードが固いことで知られている。跳び越えるハードルはたくさんあったが、(さんざん説得を重ねて)最後にはMJと息子のジェフの独占インタビューにこぎつけた。

私たちは、バスケットボールシーズンへ向かうプロフィールの一篇として「like father, like son (※この親にしてこの子あり?)」をまとめるチャンスに飛びついた。このインタビューは、マットや私たちのショーにピッタリだった。どこの親も、スポーツ・ファンも、父親や母親の足跡をたどりたいと希望する息子や娘たちも心を通わせ得る内容だ。このケースの足跡は巨大だが。

TodayShow2.jpg私たちはイリノイ大学のキャンパスでインタビューを行い、マットと同僚プロデューサーのグレチェン・アイゼレと私が、マイケル、ジェフ、ブルース・ウェバー コーチと1日を過ごした。警備は厳重だった。私たちにとっては、キャンパス内外でマイケルをつかまえていられるようにインタビューを秘密にしておくことが重要だった。MJをすぐ近くで観察し、取材クルーや学生や大学のコーチングスタッフと話をしてみて、最も印象的だったのは、マイケル・ジョーダンの知名度や名声が今も10年前に劣らないほどであり、そのような名声と狂騒の只中で育った彼の長男が、どれほどしっかり地に足が着いて見えるかということだった。(左から司会者、プロデューサー、ジェフ、MJ)

マイケルやジェフとのインタビューについてマットに尋ねてみたので独占公開。

Q:MJの印象は?

マット:彼とは何度も会ったことがある。実際、かなりの時間を一緒に過ごしているよ。前に何度かインタビューをしたし、一緒にゴルフをしたこともある。同じトーナメントでプレーしたことがあるんだ。Look, he is a guy (※適当な訳が思いつかない)、そして、マイケル・ジョーダンに感銘を受けないでいるのは難しいよ。つまりね、彼が部屋へ入って行くと、部屋中の視線が彼の方へ向くんだ。ある意味で、部屋中のエネルギーが彼へ向かうというか。昔、彼がバスケットボール・コートへ足を踏み入れたときとまったく同じだよ。そこには何か、人を引きつける活力に満ちたものがあるんだ。それぞれの分野や職業で最高の人間のそばにいたり、インタビューをするのは、いつでも楽しい。タイガー・ウッズとゴルフのような。バスケットボールを論じ、マイケル・ジョーダンと話をする。そう、彼はアイコンなんだ。

Q:ブルズ王朝でプレーしていた頃のマイケル・ジョーダンの思い出は?

マット:悲痛なものだよ。私はニックスの大ファンだったから。マイケル・ジョーダンがガーデンへ来るたびに、その場所の何かが、そのステージの何かが、ニューヨーク市の何かが、ニックスの何かが、彼を究極の状態へ至らせるようだった。私の夜は何度台無しにされたことか。私も他の皆と同じように、畏敬の念を抱いて彼を見ていた。彼のような選手はかつて一度も見たことがなかったし、あれからも、彼のようにゲームを支配する選手を見たことがあるか確信はない。私は彼と強い愛憎関係にあるんだ。

Q:インタビューの間、ジェフの中にどれくらいマイケルを見た?

マット:最も目につくのは、容貌ではなく、負けず嫌いな性格だね。明らかに2人ともとんでもなく競争的な人間だ。マイケルの競争心は、コートだけでなく他の場所でも多くの場面で十分に裏付けられているが、彼らと何か、単純にワン・オン・ワンをやったときの話を始めても、父親が多少手心を加えて、息子を励まし、自尊心を高めてやるという普通の父子関係とは違うことが分かるんだ。実際のところ、マイケルははっきり、プレーするときはいつも息子を倒したいと発言しているし、ジェフが1度勝ったという暴露話には少し気色ばんだりしてね。マイケルがその事実を楽しまなかったことが見て取れる。2人の最も明白な類似点は、最高のレベルでの競争を強烈に追求する姿勢だと思う。

Q:父親と息子の絆は感じた?

マット:うん、はっきりと。ジェフが子供の頃、マイケルはブルズと移動していたし、世界的なスーパースターだったから、あまりそばにいられなかったことも多いと思う。でも、最近はもっと一緒に過ごしているだろうと思うよ。離婚の問題はあったけれど。彼らの間には本当のあたたかさがあった。簡単に気がつくほど。


posted by まき at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

【5】 vsペイサーズ

○96−87 (boxscore) 3勝2敗

1109okafor.jpg

今季好調なペイサーズだから警戒していたけど、オカフォーの見事な活躍☆で勝利。
25P(FG 10-14)&23R!! 
キャリア2度目の20−20ですが、前は3OTだったので48分では初めて。「少なくとも今夜はモンスター契約に値するように見えた」と書かれているけど、“少なくとも”がどんどん増えることを祈ります♪
フリースローのミス(5-13)もこの際は不問てことにしましょう。(^^;
ただ今日もエルマンがプレーしていないのが気になる。
もったいないと思うんだけど。

えーと、TODAY SHOWの記事を読むのに忙しいのでこんなところで。(笑)
でも、この試合は見たいな〜。

【追記】今(11:00PM)、第3Q途中から見ました。で、インディアナ側のブロードキャストなんだけど(FOX SPORTS NET)、第4Qスタートと途中と試合終了後に、フレッド・ホイットフィールドやバズ・ピーターソンと一緒にいるベージュのタートルネックのMJを映してくれました。
グッジョブ!ちょっと保存したくなったよ〜。(^^)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。