2007年11月12日

大学デビュー

1111-jeff2.jpg

イリノイ大学はハワイ遠征シャンペーンで103シーズン目の開幕を迎えました。
(カレッジバスケは人気あるはずですね〜NBAはまだ61シーズン目?)
何を勘違いしてるんだか、ハワイ遠征は今週の金曜日からです。(汗)

1111-jeff.jpg11日はノースウェスタン大学に63対55で勝利。
ジェフは後半残り9分くらいで出場し、3分ほどプレーして、シュート1回無得点。
お母さんは来ていたけれどコメントは辞退。お父さんは来ておらず、ジェフによると「来週(19日から)のマウイ・インビテーショナルには来るかも」とのこと。

この日の取材陣は通常通りの人数で、観客席には空席もあったそうです。ジェフに対する声援も他の補欠選手より少し多いくらいで、ほんの一握りのノースウェスタン大学ファンから、「overrated」と、ちょこっとヤジがあったものの、「少し聞こえたけど、つきものですから」

大騒ぎされるより良かったですよね。
それでもけっこうあちこちで記事を掲載しているようですが。


posted by まき at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

【6】 vsロケッツ

1111-Tipoff.jpg82−85 (boxscore) 3勝3敗

あり〜惜しい〜。
いや、今季絶好調のロケッツに惨敗だけしないでくれたら…と、限りなく低いことを願っていたのですが、勝てそうだったと知ると惜しくなる。(^^;
あっち、ヤオ・ミンとマグレディしか点とってないじゃん。
てゆーか、ロケッツのDで82点のウチが悪いのか。
リードしていたのに、残り1分24秒で同点にされ、一進一退の攻防ののち、ヤオのFT2本で逆転され、最後のポゼッションでウォレスのドライブがオフェンスファウルを取られ(コーチも「タフコール」と言ってるし、弱小チームの悲哀かも…追記:相手はマグらしいから余計怪しい)、ファウルゲームで3点差、最後の最後もバティエにインバウンズパスを奪われた、らしい。

キャロル:「ヤオ・ミンやマグレディが得点することは分かっていたから、他の選手をシャットダウンするプランだった。それはかなり良く実行できたんだけど、最後の数ポジションがね。それがNBAというものだ。僕らは抜け出すことができなかった」

フェルトン:「タフなフィニッシュだったよ。こちらの思うようにいかなかったけど、そういうこともあるのが勝負だし。今夜はいいゲームをしたと思う。結果には満足しないけど、自分たちのプレーには満足している」
まあ、ならいいか。

新しい役割にアジャストしてきたというキャロルは17P(FG 6-10)と今日も好調。
オカフォーもダブルダブル(12P&11R&3S&2B)だけど、ファウルアウト。
・・・何度も言うけどエルマンは?

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。