2007年11月14日

【7】 vsヒート

せっかくスカパーで放送があるのに心配で結果を見てしまいました。(^^;
10年前の死闘を思わせるロースコアでニックス戦を制したばかりのヒートだし、衰えを指摘されまくりだったシャックもそこそこ復調してきたようだったから、リベンジが不安で。

1113.jpg

○91−76 (boxscore) 4勝3敗

何か、見る楽しみが減るような大勝。(ああ、罰当たり!)
オフェンスを喚起する手立てを問われたパット・ライリー:「私の現役復帰だ」
「彼らの何人かより良いプレーができることは請け合う。神にかけて」

オブザーバーに、MJがよくシャーロットにいるようになったという記事が。
先週の火曜日にデレク・ジーターを招待(やっぱり)。金曜の夜にはペイサーズ戦勝利を祝って、「サンセットクラブで踊っているところが目撃され」(そのクラブにはMJの葉巻を保管するための給湿容器(乾燥を防ぐ)があり、常連客であることが判明)、日曜日のロケッツ戦もスイートから観戦していたとのこと。

この頃よく踊ってますね。(^^)


185億円続報(?)

アメリカでもだんだん後追い記事が出てきてまして、つまり The Sunday Times のスクープだったのかしらん。どっちにしろ、結論は「1億6800万ドルで有名人高額“慰謝料”の記録更新!」ということだけなんですね。しょーもな。

タイムズの記事でよく分からなかったところ:ファニータさんからの最初の要求額に「驚いて拒否」したものの、結局は4000万ドル増で合意って。やっぱりこれが分からん。交渉で歩み寄って減額になるのが普通では?
あと、離婚に関する婚前契約書で、ファニータさんは資産の三分の一しか求めなかったのに、マイケルが半分渡すということで署名したようなんデス。男らしいけど、ぬかったねぇ。(^^;

――ジョーダンに近い法律関係者によると、その金額にはそれだけの価値がある、とのこと。彼は先へ進む心構えができており、そのためには何でもするつもりだから――

どうせ離婚しちゃったんだから、財産分与を巡って泥沼の法廷闘争なんて考えられないでしょうし。でも、46億円増額でも決着をつけたかったなんて、再婚でも考えているのかな。
いや〜ン、もう少し独身のままでいてときめかせてほしぃ〜♪ (アホ)

posted by まき at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。