2008年02月29日

宣伝

3月10日にKKベストセラーズから

ベストスーパーグッズシリーズ 61
スニーカーJack premium AIR JORDAN 23th
 

という雑誌が出ます!(出版予定
当ブログも少〜しだけお役に立っているみたいなので、皆さま、どーぞよろしく。m(__)m
いや、そんなこと関係なく、マイケル関連の本が出るのは嬉しいですよね♪

−−*−−*−−*−−*−−*−−*−−*−−*−−*−−*−−*−−*−−

今、この2冊を買おうかどうか迷ってます。

SI-TheBasketballBook.jpg  TriplePostOffense.jpg 

プレーもしない私がトライアングル・オフェンスの理論本を読んでどーすんだって話ですが。
スポイラの方は謎の表紙が気になってしょうがない。ベン・ウォレスがいてジャバーやマジックがいないのは何故?とか、バードやウェイドがカレッジのユニフォームなのはどうして?とか。
ちなみに、コービーの上は誰っすか。見当もつかない〜。UCLAみたいだけど、ジャバーじゃないよね…。カーターの隣はダリル・ドーキンス?この2人が誰かも知りたいなぁと。でも、そのために3000円はね…日本語なら迷わず買うんだけど。(^^;

posted by まき at 20:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

【57】 @ニューヨーク

080227.jpg89−113 (boxscore) 19勝38敗

今度はJ-Richが負傷退場〜〜〜第2Qにネイト・ロビンソンと衝突して打撲した右目が腫れあがり、角膜に傷も。

天中殺かよ。

ま…ドラフトの上位指名権を獲得すれば、災い転じて福となる可能性もあるよね…。
今日はキャロルのシュートが好調(FG 8-11)だったことを喜ぼう。

一方、ジェラルド・ウォレスは、火曜日に神経科医の診察を受け、脳震とうの後遺症である頭痛と眠気も毎日少しずつ和らいでいるとのこと。
ただ、バスケットボールでは脳震とうの統計がほとんどないので、ボブキャッツのトレーナーはカロライナ・パンサーズの医療スタッフに助力を求めたり、NFL選手の脳震とうに関する研究を調べていると。
NFL選手の統計によれば、一度脳震とうを起こすと、次はもっと小さな衝撃でもずっと影響を受けやすくなる。ウォレスは、2004年のプレシーズンの練習中にチームメイトと激突して脳震とうで入院したことがあり、それから2度、軽い脳震とうを起こしている。「彼に病歴がなかったら、今回のような状態にはなっていないだろう」と、チームトレーナー。ウォレスが復帰したら、マウスピースを常時着用するよう勧めるそう。
さらにコーチは、プレースタイルを少し抑えてほしいと。
いずれにしろ、いろいろ検査して、慎重に経過を観察してからのことで…。
フェルトン:「彼のためにうまくいってほしいと思うけど、生死にかかわることだからさ。自分の人生やらキャリアについて考えてしまう。僕らにはジェラルドが必要だし、そういうことにならないよう願っている」

2008年02月27日

イリノイ州高校バスケトーナメント

この前マーカスの高校が準々決勝で敗退したのは、シカゴ市のパブリックリーグ・トーナメントで、今度はイリノイ州のトーナメントが始まりました。
ホイットニー・ヤングが戦うのは、Class 4A の強豪ひしめく Proviso East Sectional (システムがよく分からないのですが、シカゴ市のトーナメントで優勝したマーシャルや全米クラスの強豪シメオンはClass 3A)ということで、一応、今後のスケジュールをば。

★WHITNEY YOUNG REGIONAL
Mon., Feb. 25
Game 1, 7:30 p.m.: (16) Lane 52 vs. (17) Proviso West 96
Tue., Feb. 26
Game 2, 7:30 p.m.: (1) Whitney Young 79 vs. (17) Proviso West 39
Wed., Feb. 27
Game 3, 7:30 p.m.: (8) Morton 81 vs. (9) Foreman 72
Fri., Feb. 29
(1) Whitney Young 90 vs. (8) Morton 63

★Proviso East sectional
Tue., Mar. 4
Game 1, 7:30 p.m.: Whitney Young regional vs. Winner Oak Park regional
Whitney Young 69 vs. Oak Park 61

Wed., Mar. 5
Game 2, 7:30 p.m.: St. Ignatius regional vs. Winner St. Patrick regional
Mount Carmel 74 vs. De La Salle 57
Fri., Mar. 7
Whitney Young 52 vs. Mount Carmel 58

★SEARS CENTRE SUPERSECTIONAL
Tue., Mar. 11
Game 1, 7:30 p.m.: Winner Evanston sectional vs. Winner Proviso East sectional

★STATE FINALS
At Carver Arena, Peoria Civic Center, Peoria
Fri., March 14
Semifinal 1: 6:30 p.m.
Semifinal 2: 8:15 p.m.
Sat., March 15
Third place: Loser Game 1 vs. Loser Game 2, 6:30 p.m.
Title: Winner Game 1 vs. Winner Game 2, 8:15 p.m.

ざっと見たところ、Proviso East sectionalで優勝したら、その後の対戦は楽かもしれないと思うくらい、ここ、強豪が集中…。
posted by まき at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

3月1日発売

LevisNimeSamples.jpgリーバイスとのコラボレーション "23 / 501"の販売予定が発表されたそうです。

Press Release

共同ブランドの革新的なパッケージに Air Jordan Retro 1 style sneakers with a pair of Levi's® Original と Button-Fly 501® jeans と signature tee shirt が収納されて395ドル。
3月1日から、www.levi.com (オンライン)と、サンフランシスコ、サンノゼ、サクラメント、ラスべガス、ロサンゼルス、フリーモント、ダラス、ヒューストン、シカゴ、デトロイト、クリーブランド、ミルウォーキー、セントルイス、ナッシュビル、メンフィス、アトランタ、ジャクソンビル、マイアミ、フィラデルフィア、ニューヨーク、ワシントンDC、ボルチモア、ボストン、全米23都市のリーバイス・ストア、ナイキタウン、フットロッカーのハウス・オブ・フープスで販売。

23にこだわってますね。(^^)

細部までチェックできる高解像度画像がここにありますゾ。

posted by まき at 20:35| Comment(8) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

終身刑≒20年?

ジェームズ・ジョーダン氏殺害の罪で終身刑、別件の武装強盗罪で懲役40年の刑を宣告されて服役中のラリー・マーティン・デメリー(32歳)に対する審問が3月6日に行われる――という記事があり。

2つの刑を平行して服役するはずだったのが、誤って、連続して服役することになっているため、平行しての服役なら懲役20年で仮釈放を申請できるが、連続だとその権利が生じないから訂正を、ということらしい。

つーか、たった20年で仮釈放があるんなら、何のための終身刑。
マイケルは当時、「犯人が死刑になろうが終身刑だろうが、親父が帰ってくるわけじゃない」と言ってましたけどね〜。

posted by まき at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

20年前のオールスター

オールスターゲーム本番を前に、サム・スミスが、ちょうど20年前のオールスター・ウィークエンドを回顧していました。(ちーとも満足できる日本語にならないのですが、賞味期限切れにするのも何なので、まぁ、この辺で妥協しときます)

88AS-Smith.jpgJordan left fellow players gasping
1988 NBA All-Star Game was Michael's moment

Sam Smith February 17, 2008

今年のNBAオールスターゲームで東軍を指揮するドック・リバースは、20年前に自分のホームタウンのシカゴで開催されたオールスター・ウィークエンドをよく覚えている。

それは本当に寒い、シカゴにとっても酷寒の2月だったが、少なくともその寒さは、2番目の記憶でしかない。しかし、リバースは、それを予感していたとも思う。

「私はいつも、自分がオールスターに選ばれるようなことがあったら、地獄が氷で覆われるだろうと思っていたんだ。あの寒さは、まるでそれが現実になったようでね」と、リバースは冗談を言った。

だが、1988年のその週末を特別なものにしたのは、一瞬の熱だった――オールスター史上だけでなく、一般に広く史上最高と認知されるだろう男、マイケル・ジョーダンの事実上の披露だった。

ブルズのスーパースターは、議論の的になったスラムダンクコンテストに勝ち、翌日は40得点でオールスターゲームを支配した。全国的なデビューとなった舞台で、彼は疑う余地のないMVPだった。

「世界最高の選手たちを相手に、自分が誰よりも抜きん出ていることを示した」と、リバースは言う。

その年初めて、ブルズはプレイオフのシリーズを制したが、あのゲームこそが、バスケットボールにとって大きな見せ場だった。

「マイケルはキャリアの創成期にいたんだ」と、ブラッド・ドアティー(現在はESPNで自動車レースの解説者を務める5度のNBAオールスター)は言った。「あのゲームは、彼にとって本格的なデビュー・パーティーだった。ぴったりな舞台で、自分の意思を周囲に強いることができるところを示した。本当に圧巻だったよ」

今では理解するのが困難なほど、キャリア4年目のジョーダンはまだ、リーグの仲間たちから認められるためにもがいていた。たぶん、それは、あまりにも速くプレイヤーの進歩を期待することへの訓戒的な物語である。もちろん、ジョーダンはすでにスターで、プレイオフの1試合63得点という記録も作っていた。

しかし、そのシーズンの前まで、ブルズはプレイオフで1勝9敗だった。

おい、彼がそんなに優秀なら、なぜチームはプレイオフで何勝かできないんだ?そういうささやきが、NBA周辺でだんだん大きくなっていた。

「彼が特別だということは皆が知っていたよ」と、その年の西軍を指揮したパット・ライリーは言う。「だが、当時はレイカーズの全盛期だった。そう、彼は各チームのディフェンスの基準をジョーダン・ルールに変え始めていた。彼をディフェンスするには、ありとあらゆる手を使う必要があったことを覚えている」

「リーグ中の誰もが、彼にサポーティングキャストがいないことを感謝していた。しかし、一般のファンは、80年代の優勝チームのメンバーに夢中だったね。ジョーダンは、彼だけの惑星に住む異星人のような存在だった」

しかし、リーグ関係者はジョーダンの活躍を知っていた。

「ロッカールームでブラブラしながら、こいつは史上最高の選手になるかどうかと話したことを覚えている。(セルティックスの)チームメイトと私は、1986年からずっと、その議論を繰り返していた」

1986年というのはもちろん、ジョーダンがセルティックスを相手に63得点したプレイオフのことだ(ブルズはシリーズでスイープされたけれども)。偉大さと身勝手さを見分けてほしい。あれはただ、ひどいチームのために得点が増えているだけの有能なプレイヤーだったか?

「彼の肩には大げさな報道が山のようにのしかかっていた。レブロン(ジェームズ)のように」と、ドアティーは言う。「彼はそれに応えることを望まれていた。そして、多くの場面で、彼は期待に応えてきた。今のタイガー・ウッズのように。彼はまさに、そういう状況の初まりだった」

今では都市伝説と考えられているが、1985年のオールスターで、アイザイア・トーマスとマジック・ジョンソンが画策したと噂されるフリーズアウト疑惑があった。ボストンのケビン・マクヘイルは、1988年のゲーム前に、ジョーダンはいつもオールスターの舞台でためらいがちに見える、と本人に告げた。そして、チームメイトたちは、アグレッシブになれと、ジョーダンを励まさなければならなかった。

ジョーダン本人も、その週末で自分のキャリアが変わるだろうと感じることができた。

「今は、彼らの気持ちが変わったと思う」と、試合後、ジョーダンは仲間たちについて語った。「これは本物だという感じがする。僕は受け入れてもらったと思う。土曜日のバックステージでは、笑ったり、ジョークを飛ばしたり、シーズンや日曜日のゲームについて語り合ったりしたよ」

「僕は初めて、本当にみんなに受け入れてもらった気がするんだ。今日のいくつかのプレー(アイザイア・トーマスはロブパスで何度もジョーダンのダンクをお膳立てした)は、悪感情が終わるように意識的にされたことだと思う。最初は互いになじんできて、今、僕は彼らと打ち解けている。仲間入りができて嬉しい」

当時、ジョンソンは言った: "He has arrived."

マイケルの父、ジェームズは試合後、トリビューンのボブ・サカモトに語った:「息子は今まで、部外者のようだった。今日からは、しっかり受け入れてもらえる。彼らはやっと、息子が他の選手たちのために、リーグのために、何をしようとしているか理解してくれた。今日、息子は報われたと思う」

今年の日曜日、そんなふうに、受け入れられるための長い道のりを耐えなければならない選手は1人もいないだろう。現在のゲームは、20年前の対抗意識の強いテストと違い、もっとずっと親睦パーティー的だ。

「オールスターゲームは少し堕落したと思う」と、ドアティーは言った。「今の選手たちは大金を稼ぐ。誰を妬むわけでもないが、そのせいでイベントへの気持ちが少し奪われたと思う。ダンクコンテストなどへの参加者も少ない。私たちはいつも、そういうイベントをゲームへの奉仕だと思っていた。だから観客は、スラムダンクでマイケルやドクターJを、スリーポイントでラリー・バードを、見ることができたんだ。オールスターゲームで勝つのは大事なことだった。シーズン中にも、選手同士でその話をしたよ。ただ人気があるメンバーの集まりではなく、もっと真剣だったように思う。イースタン・カンファレンスは、勝ちたかった」

特にジョーダンは。

「ジョーダンはハーフタイムに怒っていた」と、リバースは言う。「自分のアリーナで負けたくなくて、のらくらしているチームメイトに爆発したんだ。『あんたたちがちょっと楽しみたいんなら』・・・そして(コーチの)マイク(フラテロ)の方を向き、『誰か他の選手を使ってほしい。僕はここで負ける気はないから』と言ったんだよ」

それは全員の注意を引いた。これは、イーストが60対54でリードしている場面での話だ。

「マジックやアイザイアは違うパーソナリティーだった」と、エインジは言う。「彼らはショーマンだった。決して悪い意味ではなく。マイケルやラリーよりずっとそういう面が強かった。マイケルにはひらめきとショーマンシップがあったけれど、ロッカールームでの彼は、もっとシリアスなコンペティターだった」

フラテロによれば、初めてオールスターを指揮する彼のところへバードが寄って来て、終盤のピック・アンド・ロールに対するディフェンスについて話し合ったという。

そうとも、これはオールスターゲームの話である。

「本当にありがたかった」と、88年のチームに少し圧倒されたことを認めて、フラテロは言った。

モーリス・チークスは、自分の出場時間を気にしないでほしいと言ったという。それより勝とう、と。(※1)

ハーフタイム後、イーストの流れは良くなり、第4Qに入るところでリードを10点差に広げた。ジョーダンは、トーマスからのパスを受けて17フッターやドライビング・スラムを決め、ウィルト・チェンバレンの42得点というオールスター記録に並ぶ簡単なレイアップのチャンスを無視した。

「あれ(※2)は俺の人生で1番クールな場面だった」と、チャールズ・バークリーは言う。「ドミニク(ウィルキンス)はダンクコンテストで不当な判定をされた。素晴らしい選手がそれほど良いチームの一員でないのはもどかしいことだ。俺は(ケビン)ガーネットのことをそう思っていたし、(アレン)アイバーソンもそうだった。マイケルも(そういう経験をしている)。やつのチームメイトはブラッド・セラーズとデイブ・コージンだった。あまり多くは期待できない。しかし、シカゴで話題にすべきこと(※3)はそれだけかい?とにかく20年も前の話だぜ」

今のところはイエス。それはシカゴのオールスターのハイライトであり続ける。そして、NBAのハイライトの1つでも。日曜日は、そういうほんのわずかな瞬間を持つだけで、とても幸福なはずだ。


(※1)モーリス・チークスの出場時間は結局4分。
(※2)話の流れから考えると、マイケルがスティールから速攻で簡単に得点できるところで、ゴール下に残っていたモーゼス・マローンへパスし、マローンも自分で決めずに飛び込んできたドミニク・ウィルキンスにパス→ダンク!の場面だと思われ。
(※3)トリビューンのネット投票によると、「オールスター・ウィークエンドが楽しみ=11.6%」「金曜日だけ楽しみ=0.3%」「土曜日(シカゴチームも出場する)だけ楽しみ=16.8%」「日曜日だけ楽しみ=5.7%」「ブルズが1人も出場しないオールスターなんか全く興味なし=65.5%」でした。地元チームへの忠誠心がすごい。

★Michael Jordan 1988 All-Star Game: 40pts in Chicago, MVP


ぐわ…文章長過ぎか。

posted by まき at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

The Sneaker That Changed It All

NIKETALKで知ったのですが(ESPN Jordan special)、ESPNのスポーツセンターでエア・ジョーダン特集があったらしくて・・・






★The Sneaker That Changed It All Published Date: 02/22/08 Duration: 07:48

むむ・・・日本でも放送されたのだろうか。だとしたら、しゃべっている内容を知ることができたはずなのにな〜。しまった、最近たまにしか見ないから、スポセン。

あらら、もうダメ!?(27日:記)
posted by まき at 19:20| Comment(6) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

【56】 @ワシントン

080223J-Rich.jpg95−110 (boxscore) 19勝37敗

昨日は1点差で負けた絶不調同士の対戦は第3Qで一気に離されたらしい。
もういいっす。来季よ、来季!

ジェラルド・ウォレスは経過を観察するために少なくとも2週間は欠場。
ヴィンセントHC:「コーチングスタッフも含めた組織の全員が復帰については慎重を要すると考えている。彼の健康状態にまったく危険がないことをしっかり確認したい」
「復帰したら、(アグレッシブなプレースタイルの危険性を)少し心配してほしい。心配ではなく、気づいてほしい。本人が気づく必要があると思う」

J-Richは、ウォレスが欠場すると、代わりにヘッドバンドとアームスリーブを身につけていると思う。

今日はNHK-BSで『あなたが選ぶスポーツ名場面100選』がありますね。私も投票しようかな、と思ったとき、マイケルの63得点ゲームはリストにあったけれど、"Last Shot"はなかったんですよ〜何でだ〜。

2008年02月23日

【55】 vsキングス

勝敗よりも、ウォレスが〜〜〜〜〜〜。

080222Wallace.jpg

第3Q序盤、ダブルチームを逃れようとスピンしたマイキー・ムーアの右肘が鼻を直撃し、3.5シーズンで4度目の脳震とう(グレード3=最も重症)を起こして、ストレッチャーで退場。病院で意識を取り戻し、深夜に退院したそうで、軽い記憶喪失はあるけれども、骨折や内出血は認められないということですが。
脳震とうは怖いからなぁ…。
ウォレスが倒れている間、場内は水を打ったように静まり返り、ムーアは目に見えて動揺していたそう。「彼が早く回復するようにと、一晩中祈るつもりだ」

ボーネル記者:金曜日の試合前、ヴィンセントHCは、スモールラインアップを使い続けることが勝利への可能性を最大にすると言った。ジェラルド・ウォレスをパワーフォワードで起用して、相手のミスマッチを突くと。その戦略は正しい。前任者のビッカースタッフもその方法を発見した。しかし、問題は、ウォレスが負傷する危険性を増すことだ。自分より30ポンドも大きくて屈強な相手とぶつかり続けたら、それは必然だろう。金曜日、ウォレスはビッグマンとぶつかり、重い脳震とうを起こした。ウォレスをパワーフォワードで起用したからそうなったとは言わない。しかし、パワーフォワードで起用すれば自分よりずっと大きな男と衝突する危険は増える。ウォレスに危険を冒すなと言うことは、ジェラルド・ウォレスであることをやめろと言うことだ。

試合の方は、残り3.6秒のブラッド・ミラーのTOでチャンスを得たものの、残念ながらフェルトンはオフバランスでシュートを撃つしかなく、ブザービーターならず。

115−116 OT (boxscore) 19勝36敗

今日はさらに、第1Q半ばの最初のタイムアウトでジョーイ・クロフォード審判が風邪のような症状を訴えて退き、その後は2人だけで審判したそうです。
それにしてもYahoo! Sportsはひどい〜。W 128-116 て何!ウォレスのことを知る前だったし、しっかりぬか喜びさせられた。(いつも公式サイトより先にここをチェックするので)

トレード・デッドラインを過ぎて、ボーネル記者がヒギンスGMを直撃したところ、トレードの可能性は50-50あったらしいです。でも、成立しなかったので、若手の成長を期待すると。数字的にもプレイオフの可能性がなくなったら、選手の起用法も変わるかもしれない。トレード期限が過ぎた今は、ドラフトに備えることが最重要課題で、バーニー(ビッカースタッフ)もバズ(ピーターソン)も自分もスカウト活動に忙しい。ジェイソン・リチャードソンを獲得したため、次のオフはサラリーキャップの余裕も小さく、チームの改善にはFAの獲得よりトレードが重要になるだろう、とのこと。

2008年02月22日

ベン・ウォレスをトレード

いや〜今シーズンは本当に大きなトレードが多いこと。でも、私はまだブルズに爪先くらいは思いを残しているらしく、今回のトレードが1番衝撃でした。
ベン・ウォレスは結局、ブルズで働いてくれなかった。ベテランのわりに統率力とかないし。やはり、ロドマンと同じで、確固たるリーダーがいて、自分はリバウンドとディフェンスに専念すればいいだけのチームなら活躍できるのかもしれませんね〜。ただ、そのくせ「もっとオフェンスに関わらせろ」とか言うところが士道不覚悟なんだよ。

今でもブルズファンだったら、マリオッティさん(Big Bum: Chicago's No. 1 sports bust)やテランダーさん(So long, big, bad, Ben)のコラムを必死に読むところなんだけど。

ブルズ IN
ドリュー・グッデン(from クリーブランド)
ラリー・ヒューズ(from クリーブランド)
セドリック・シモンズ(from クリーブランド)
シャノン・ブラウン(from クリーブランド)

キャバリアーズ IN
ベン・ウォレス(from シカゴ)
ジョー・スミス(from シカゴ)
ウォーリー・ザービアック(from シアトル)
デロンテ・ウェスト(from シアトル)
2009年ドラフト2巡目指名権(from シカゴ)

ソニックス IN
アイラ・ニューブル(from クリーブランド)
ドニエル・マーシャル(from クリーブランド)
エイドリアン・グリフィン(from シカゴ)


【覚え書き】ACとしてインディアナ大学に戻っていたダン・ダキッチが暫定HCに決定。
(前任者のリクルーティング違反疑惑により)
posted by まき at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

TIP-OFF (40)

オールスターの間に見つけたサム・スミスのコラムが間に合わなかったので、前からためてあったコレでも・・・何か、全然面白くならないまま、ダラス・マーベリックス編は終わりです。(^^;
ちっともドラフト当日にたどり着かない〜。

TIP-OFF : Filip Bondy(著) Published by Da Capo Press
第11章:The Safe Pick - 4

記憶はいつもあいまいなもので、この年のルーキーに関する重要なディテールについて、ダラス関係者の記憶も一致していない。ソンジュは、サム・パーキンスの獲得が最初からの希望で、何の迷いもなかったと言う。しかし、当時のメディア・ディレクター ケビン・サリバンは、パーキンスがトップ3に選ばれてしまった場合に備え、代案が用意してあったと記憶している。モッタも、センターの穴を埋めるためにメル・ターピンを獲得する話し合いがあったことを認めた。しかし、サンドはターピンへの関心を覚えていなかった。彼が唯一思い出したのは、マーク・アグワイア+ドラフト1巡目指名権(最終的には4位)でブルズからジョーダンを盗むのに失敗したことだった。

ダラスが望むなら、チャールズ・バークリーという別の興味をそそる選択があった。しかし、マブスにはすでにバークリーがいた。マーク・アグワイアという、有能で、自己主張が強く、口が達者で、体重の問題を抱えたスモールフォワードだ。モッタとアグワイアは、年がら年中お互いに憤慨しており、結局モッタが辞めるまで2人の確執は続いた。マブスには、新人王の投票でアグワイアを上回ったジェイ・ヴィンセントという天性のスコアラーや、頼りになるシューターのローランド・ブラックマンも所属していた。さらに、バークリーはマブスのオーナーたちがリユニオン・アリーナで築きたいと望んでいた自覚ある社会人のイメージにフィットしなかった。「バークリーは興味深く素晴らしいリバウンダーだった」と、ソンジュは言った。しかし、オリンピック選考会のアシスタントでもあったテネシー州立大学の殿堂入りコーチ、ジョン・マックレンドンから、著しく否定的な報告があった。「バークリーについて本当に落胆させられたことを覚えている」と、ソンジュは言う。

マブスは是が非でもサイズを求めていた。1983−84シーズン、6フィート9インチのフォワード、パット・カミングスがセンターに転向したが、ダラスはリバウンド争いで遅れをとることが多かった。「私たちには4番か5番でプレーできるサイズの男が必要だった」と、バスケットボールの専門用語を使いながらサンドは言った。当時の彼は、トップ5で指名される全員が一流選手になるだろうと強く確信していた。モッタとアシスタントのボブ・ワイスもパーキンスの指名を支持した。「私は本当に彼を気に入っている」と、ドラフト前にモッタは言った。「彼は3年以内にオールスターになるだろう。ウィングスパンは7フィート7インチもある。うちにとって最高のショットブロッカーだ。NCAAで優勝した大学のスターターで、パン・アメリカン大会でも金メダルを獲得している。すでに、大勢のNBA選手を相手にした練習試合で成功を収めており、勝利には何が必要かということを理解している。そして良い若者だ」
サンドを納得させたのは、ラルフ・サンプソンやパトリック・とユーイングと対戦するパーキンスのビデオだった。特に、バージニア大学戦でサンプソンを相手に37得点した試合が強い印象を与えた。

ダラスが持っていたもう1つの1巡目指名権(15位)については、誰も確信がなかった。サンドは選択権をトレードしようと試みたが、相手が見つからなかった。「私はストックトンの大ファンではなかった」と、サンドは認めた。「誰もがそうだったように、3年後か4年後には大ファンになったがね」
チームのポイントガード ブラッド・デイビスとストックトンは、長所も弱点も重なり合うように思われた。2人ともアンセルフィッシュで、あまり高く跳べない。サンドは、ストックトンびいきのジョージ・カール(当時はクリーブランドのコーチ)から何度も話を聞いた。しかし、彼の可能性を選ぶほど、ストックトンを見たことがなかった。「それまで高度なスカウティングをしていなかったし、実際にストックトンを見たのはポーツマスが初めてだったんだ」と、ドラフト候補生を集めた春の公式キャンプに言及して、サンドは言った。その代わり、マブスの2つ目の指名権の候補は、NCAAトーナメントでノースカロライナ大学に火をつけたテンプル大学のテレンス・スタンズバリーだった。

マーベリックスは、リユニオン・アリーナでニューヨークからの映像を見守るドラフトパーティーを催し、数千人のファンが詰め掛けた。そして、ソンジュは、パーキンスのカードを手に、奥の部屋にいた。ケーブル放送が普及する前の時代だったが、チーム当局はテレビ中継をセットした。それは本当に一大事だった。サリバンはマブスが指名を考えていた選手全員のリストを作成していた。ジョン・ストックトンは入っていなかった。

ゲスト解説者はSMU(サザン・メソジスト大学)のデイブ・ブリス コーチだった。およそ20年後、ブリスはベイラー大学を舞台にした最も汚いリクルーティング・スキャンダルに関与する。自分が選手たちに渡した不正利益供与を隠蔽するため、彼はチームのメンバーに、別の元ベイラー大学選手に殺害された被害者、パトリック・デネヒーがドラッグを売ることで今回の収入を稼いだのだと捜査当局に告げさせた。そのスキャンダルはブリスのキャリアを破滅させた。しかし、1984年のブリスは、まだ若い新進コーチでしかない。

マブスがパーキンスを指名したとき、集まったファンの反応は好意的なものばかりだった。パーキンスは一流大学の有名選手だった。ただ、1巡目の後半(15位)に指名したスタンズバリーについて、ダラス関係者は少し心配していた。ファンは誰も彼のことを知らず、サンドは指名の直後、ブリスに何か良い点を話してくれるように伝えた。マブスは、ドラフト指名について攻撃されないように、すでに地元紙のコラムニスト、スキップ・ベイリスやランディ・ギャロウェーに自分たちの選択をぶつけていた。

ダラスは、例えばマイケル・ケイジのような他の誰かを捕まえられたかもしれない。しかし、スターンがクリーブランドに12位指名権を与えたため、ダラスの指名権は15位に落ちた。NBAでも成功したケイジは、14位でクリッパーズへ行った。立場が不確かだったスタンズバリーは、1巡目指名に大喜びした。彼は、デラウェア州出身で初めてNBAドラフトの1巡目指名を受けたプレイヤーになった。翌日、メディアやチーム幹部と会うためにダラスを訪れたスタンズバリーだが、結局、自滅的な契約保留のあと、違う場所(インディアナ)へ向かうことになる。

一方、五輪選考会に参加中のパーキンスは、ロサンゼルスへ向かい、金メダルを獲得する。ようやく養親とダラスを訪問したとき、パーキンスは方向感覚がおかしくなっていた。「大急ぎでロスを出発してダラスへ行った。未知への旅立ちだったよ」と、パーキンスは思い出す。「ダラスへ行ったのは初めてで、住む場所を探したんだ。本当に変な気分だったね。長くLAに滞在して、次の日にはすべてが終わりだから」
パーキンスは行く先々に金メダルを置きっぱなしにした。ソンジュの車に忘れたこともある。それは、ソンジュがダラスに持ち込むつもりのタイトルと同じくらい大きなタイトルだった。
posted by まき at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | TIP-OFF | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

【54】 @サンアントニオ

080219.jpg65−85 (boxscore) 19勝35敗

そりゃもう、勝てるとは思ってませんでしたけど。
パーカーが欠場でダンカンがFG 2-12で、それでも20点差か。とにかくシュート成功率が28%じゃ勝てませんよね〜。

リック・ボーネルさんは、「勝つために主力(オカフォー、フェルトン、ウォレス、リチャードソンの4人)に頼ることは理解できるが、現実的にもうプレイオフは難しいわけで、来季を見据えてもっとベンチ(特にキャロルとダドリー)を使ってみてほしい」
まぁ、そうかも…。


イリノイ大学も今季は不調(11勝15敗、カンファレンス内3勝10敗)ですし〜。マーカスの高校は22勝5敗ですが、パブリックリーグの準々決勝で1点差負けを喫し、土曜日に Attack Athleticsである準決勝に進めませんでした。

2008年02月19日

CNBCのレポート

先日のCNBCのレポート、ファンには目新しい内容ばかりでもなかったので、大まかなところだけ…(手抜きとも言う(笑))。新しく知ったことといえば、ジョーダン・ブランドの総収益が8億ドルに増えていて(確か数年前は5億ドルだったはず)、23年前のナイキの売り上げより1億ドル少ないだけということと(物価も違いますけどね)、AJ XX3のソールに使われているマイケルの指紋は実物と少し変えてあるということかな。

CNBC special report: Swoosh! Inside Nike
Michael Jordan continues to score points for footwear giant

エア・ジョーダンは、「私の名前と、私がバスケットボールというゲームでやってきたことを体現している」と、マイケル・ジョーダンは言った。
ジョーダン・ブランドは2007年に約8億ドルの総収益をあげた。それは、ジョーダンが契約した23年前のナイキの総収益より1億ドル少ないだけである。
ナイキ創業者のフィル・ナイトは、今回のまれなインタビューで語った。
「ジョーダンは巨大だったし、今でもそうだ」
ジョーダンは2003年に現役を引退したが、ブランドの売上げは増え続けている。
「ブランド・ジョーダンは今、世界各国で彼の現役時代の約2倍の製品を売っている」と、ナイトは言った。

それは、ほとんど起こりそうにないことだった。1984年にノースカロライナ大学を出たとき、ジョーダンはナイキよりアディダスとの契約を強く望んでいた。
「ナイキと契約するまで、ナイキのシューズを履いたことはなかった。大学はコンバースと契約していたし、自分で1番好きなシューズはアディダスだったんだ」
ジョーダンと契約するためにすべてを費やすべきだと周囲を説得したのは、ナイキのタレントスカウト、ソニー・バッカーロだった。
「さて、いくらある?と私は言った。彼らは、『50万ドルなら都合できる』と答えた。そこで私が、『それを全額ジョーダンにつぎ込むんだ』と言うと、彼らは渋ったがね」
ナイキは50万ドルの賭けをした。当時、それは1人当たりの広告契約として聞いたことがない金額だった。特に、まだNBAで1分もプレーしていない選手に対して。
ナイキはまた、ライバルのアディダスが対抗しない約束として、ジョーダンにシグネチャー・シューズを提示した。
「アディダスはそれだけの価値があると思わなかったんだ」と、ジョーダンは言った。「後から考えれば、好都合だったよ。どちらかに決めるのがずっと簡単になったからね」

1988年から、ほとんどのエア・ジョーダンは、ジョーダンと元建築家のシューズデザイナー、ティンカー・ハットフィールドの創造的なパートナーシップから生まれた。
「(ジョーダンが)本当に優れていた点は、常に、『世界最高の選手たちはこのシューズでプレーできるか?僕はこのシューズを履いてプレーできるか?』と質問するところだった。それは最終的に、私がロマンスと呼ぶもの、アスリートの個性や我々との結び付きから何かユニークなものを引き出そうとする関係に凝縮される(※むくく、全然日本語にならない… "It ultimately boils down to what I call the romance of trying to draw out something unique from the athlete, from the personality, from the relationship.")」と、ハットフィールドは言った。
ジョーダンは、引きつける力は相互にあったと言う。
「恋愛に似ているよ」と、彼は言った。「いったん恋に落ちたら、自分に最大の喜びをもたらす相手と恋をしないのは難しい。ある意味では結婚のようでもあった。多くの場合、彼は私が何を考えているか知っていたし、私も彼の考えが分かっていた」

エア・ジョーダンのデザインは、しばしば簡単なアイデアから始まる。「11」として知られるバージョンは、ジョーダンによるフォーマル・ウェアへのトリビュートだった。彼は、エナメル靴のように見える光沢のあるトー・ピースを催促した。
「(ジョーダンは)『まあ、見ててごらんよ。誰かがタキシードでこのシューズを履くから』と言ったんだ」と、ハットフィールドは言う。
ジョーダンの予言は実現した。すぐに、リズム&ブルースのスター Boyz II Men が、タキシードに新作のエア・ジョーダンを履いて音楽賞イベントに登場したのだ。

CNBCがビーヴァートンを尋ねたとき、ナイキ本社はエア・ジョーダン23の発売にかかりきりだった。最新のエア・ジョーダンにはジョーダンの指紋がデザインされている。「誰かに彼の親指の指紋を悪用されないように、少し変えてある」と、ハットフィールドは言った。
そのシューズは、環境に配慮した素材と、他のバージョンでは接着剤を使う代わりのステッチを特徴としている。
「個人的には、私が取り組んだ中で最も美しい製品だと思う」と、ハットフィールドは言った。
限定版が発売されたとき、ナイキファンは華氏25度のニューヨークのストアの外で待ち続けた。あるファンは5日間も行列に並んだという。

で、これはあとどれくらい続くのだろう?ジョーダンとナイキは、あらゆるスポーツで最も成功したシューズをあと何年作ることができるのだろう?
「新たに23年続くことを楽しみにしているよ」と、ジョーダンは言った。
posted by まき at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

臨時休業

左目が変で眼科を受診したところ、何も異常はなかったんですけど、診察のために瞳孔を拡げたので、世界がまぶしく輝きすぎて目が疲れるため、今夜はPCを休みます。(^^;

rareAIR-sleep.jpg

撮影者ウォルター・ヨース・ジュニアのひと言:ゲーム前夜の彼は、よく眠れなかった。お昼頃、ぼくが部屋に入っていくと、マイケルは旅のおとものリモコンと仲良くベッドに倒れ込んだところだった。ぼくがシャッターを切っているあいだに、彼はまどろみはじめた。コートを離れている彼はいつも、穏やかだ。
posted by まき at 20:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

Happy Birthday! Michael

Rosebouquet.jpg


日本でもアメリカでも17日ギリギリセーフ!(^^;
posted by まき at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする

オールスター・サタデー

Howard-dunk.jpg

あっはっは!ドワイト・ハワード、やるなぁ。

Dunk-2.jpg  DunkJudges.jpg
今年の審査員は、ダリル・ドーキンス、ドミニク・ウィルキンス、カール・マローン、ジュリアス・アーヴィング、マジックだったんですね。


オールスター・サタデーと言えば、激しく後悔した思い出がよみがえります。
ワシントンで開催された2001年、日曜日のお昼にNHK-BSで放送されたルーキー・チャレンジを英語音声で見ていたら、「今夜のCNN『レイトエディション』にスターンコミッショナーやマイケル・ジョーダンが出演します」と言っていたんですよ〜。
え、え、日本での放送は!?と、スカパーの番組表を確認すると、CNNの午前2時だか3時からバッチリ『レイトエディション』がある〜♪
やったー♪♪と思って、スカパーのチューナーで番組予約、ビデオデッキで録画予約をしました。
で、夜は普通に寝ました。
翌朝ルンルンで確認したら、真っ黒の画面に「受信できませんでした」の文字。
なんじゃこりゃ〜!!!!!

あとで調べたら、数日前まで何ともなかったチューナーの番組予約機能が密かに故障していたのです。
あ〜!せめて録画が始まったのを確認してから寝ればよかった!と、ほぞを噛んでも後の祭り。それ以降、もうこんりんざい機械は信用しません。大事な録画(めったにないけど)は深夜2時でも3時でも必ず確認します。
あの頃はマイケルがもう1度復帰するなんて夢にも思っていなかったから、本当に貴重な機会だったんですよ。
posted by まき at 15:33| Comment(3) | TrackBack(0) | All-Star Weekend | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

15日(フォトギャラリー追記)

Air Jordan XX3を履いたテレル・オーエンスがセレブリティー・ゲームでMVP☆

0215-celebgame-TO.jpg


House of XX3 (GettyImagesより)

0215Party-2.jpg


★2008 NBA All-Star in New Orleans - Jordan Brand House of XX3 - Red Carpet
February 15, 2008 - Board of Trade
New Orleans, LA United States


★2008 NBA All-Star in New Orleans - Jordan Brand House of XX3 - Inside
February 15, 2008 - Board of Trade
New Orleans, LA United States




posted by まき at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | All-Star Weekend | 更新情報をチェックする

14日

2008 NBA All-Star in New Orleans - Michael Jordan, Chris Paul and Jordan Brand Present a Donation to the Slidell Boys and Girls Club
February 14, 2008 - Slidell Boys and Girls Club
New Orleans, LA United States

wire0214-6.jpg


2008 NBA All-Star in New Orleans - Zo & Magic's 8-Ball Challenge
February 14, 2008 - The Sugar Mill
New Orleans, LA United States

8ball-MJ-CP2.jpg


DIME MAGAZINEのブログによると、「毎回言うけど、本当にマイケル・ジョーダンとの出会いはいつでも忘れられない経験だ」そうで、マイケルは葉巻を口にくわえ、“Poison” や “Motownphilly”に合わせて頭を振っていた…てことかな。
posted by まき at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | All-Star Weekend | 更新情報をチェックする

ESPN MAGAZINE発売

ESPNmag_jordan.jpgESPN MAGAZINE 02.25.08 発売されたようです。
でも、マイケルの記事はネットで読めるよ?

"DON'T TRY TO DUPLICATE"

こんなことして雑誌は売れるんでしょーか。
でも、記念に買おうかな。(笑)

あと、AJ XX3の新しいコマーシャルがUPされていました。

Look Me In The Eyes

posted by まき at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

オールスター週末のイベント

businesswire0214.jpg

まず、14日はルイジアナ州南東部の Slidell Boys and Girls Club にジョーダンブランド・ジムを建てるための50万ドルの寄付の贈呈式。(プレスリリース

マイケル:「私たちは、コミュニティの再建を支援し、永続的な施設を残せることを誇りに思います」

高解像度の画像があります⇒businesswire.com/multimedia

080214-3.jpgこちらは地元紙のフォトギャラリーから。
子供たちが「ハッピーバースデー」を歌ってくれたそう。(^^)

イベント・スケジュールのプレスリリースによれば、15日はブランドのパーティーがあるようです。
でも、今年はダンクコンテストの審査員もないし、出番が少なくてつまんねーなー。(1つのカテゴリにするほど何かあるかしら…)
ジョーダン・ブランドからは、メロ、ポール、リップ、ジョー・ジョンソン、レイ・アレン(カロン・バトラーの代替)が出場ですね。

地元紙フォトギャラリーから頂いたMJ画像をこちらにUP♪
posted by まき at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | All-Star Weekend | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。