2008年02月03日

MJはシャンペーンに

そう言えばホイットニー・ヤングの遠征試合はどうなったかな?と、トリビューンとサンタイムズを見ても、ほとんど結果しか書いていないので、あっちの地元紙まで記事を探しに行きました。(はい、お父さんが行ったかどうか知りたかっただけデス)

すると――

●マスキゴンハイツのファンは、エア・ジョーダンを一目見たいと大挙して集まった。
●ジョーダンが姿を現すかもしれないという可能性だけで、ハイツコミュニティーは一週間ずっとざわついていた。
●2200席の体育館は午後4時までにいっぱいになり(代表チームの対戦は午後7時から)、試合開始頃には600人以上のファンが講堂の大画面テレビの前に集まった。「こんな大観衆は初めてです」(学校関係者)
●シカゴ・トリビューンの高校スポーツ担当記者は、水曜日に、マイケル・ジョーダンは息子の試合をたびたび観戦していると認めた。
●ジョーダンは、土曜日にアリゾナ州スコッツデールで開催されるスーパーボウル関連のセレブリティー・ゴルフ・トーナメントに出場する予定だったため、試合を観戦しなかったと思われていたが、土曜日のパデュー大学@イリノイ大学戦で写真を撮られている。
「彼は家にいました」と、マーカス・ジョーダンは言った。「用事がたくさんあって、ここへ来ることはできなかったんです」
●ハイツファンは来年もう一度、ジョーダンを直接見るチャンスがあるかもしれない。ただし、ホイットニー・ヤングはすでに来年の遠征試合がいくつも(ハワイ、ケンタッキー州、ニュージャージー州、マサチューセッツ州)決まっているので、マスキゴンハイツへ来るかどうかは定かでない。

ふっふっふ、人気ありますねー♪
んで、その写真が見つからないものかと思ったんですけど、シカゴでもインディアナ(パデュー大学地元)でも発見できず。
サンタイムズによると、「オレンジのタートルネックにネイビーのジャケット」だったそうです。

【追記】For fans, Jordan's visit a slam dunk という記事によると、ホームのアッセンブリー・ホールへ応援に来たのは初めてらしく、イリノイ大ベンチの隣の観覧席に座り、何人かの子供たちのサインの求めに応じ、ジェフがゲームにチェックインしたときは、うれしそうに息子に拍手を送る普通の父親のようだった、とのこと。

あ、試合の方は、ホイットニー・ヤングは58対42で勝ち(マーカスは7得点=全員攻撃だったため)、イリノイ大学は75対83で負け(ジェフは5分プレーして1リバウンド)。

★明日はスーパーボウルですね。
たまたまアリゾナ遠征(翌日にサンズ戦)と重なったので、ジェラルド・ウォレスはスーパーボウル観戦が楽しみで仕方ない様子でした。マイケルも行くのかな?ついでにボブキャッツも励ましてやって…。


posted by まき at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

【48】 @デンバー

0202.jpg101−117 (boxscore) 18勝30敗

ジェラルド・ウォレスが右足を痛めて少なくとも1週間欠場ということだったので、まあ、期待はしていませんでした。フェルトンも右足首が痛むらしいし。
にしても、前半は素晴らしくて(67得点!)、第4Qは悲惨(14得点)なのね〜。
その第4Q終盤、ヴィンセントコーチが沸点に達し、審判に向かって叫び、2テクニカルで退場だそうです。

J-Rich 38得点(FG 14-25, 3P 6-11)、オカフォー20得点&18Rという好成績も前半で稼いだものなんだろうな。でも、キャンビー欠場だし、メロがもう1試合休んでくれたら勝てたかもしれないのに!(^^;

女性の言い分

女性の地元の新聞による取材ですが。(あとはシカゴで少し記事が見つかるだけ)
これを読んだら、マイケルは女性が言うところの「愛人関係」を「妄想」だと主張しているらしい。そういう危ない人が相手だと、カーラ・クナイフェルより余程ドロ沼になるかも…。

うざいので、隠してUPします。(笑)
posted by まき at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。