2008年02月12日

Jumpman23.com

リニューアルされたJumpman23.com のAir Jordan XX3コーナーが大充実。
動画や壁紙が大量にあります。

AJXX3-MJ.jpg


ショーン・コネリーみたい。(^m^)ポッ

MJのインタビュー動画も一時ファイルから保存できたので、ずい分久しぶりに06年ヨーロッパ・ツアーの動画を見てみたら、こちらも難なく保存できちゃったんですけど。
『ダウンロードツール完全マニュアル』とか買って悪戦苦闘したのは何だったんでしょう。(^^)



posted by まき at 20:11| Comment(5) | TrackBack(0) | Jordan Brand + NIKE | 更新情報をチェックする

【52】 vsレイカーズ

080211.jpg97−106 (boxscore) 18勝34敗

もう、いいや。
フェルトン29得点&8アシスト
モハメド22得点&11リバウンド
だけど。
ウォレスがいたら勝てたかもしれないとか思ったりもするけど。
1万9270人の観客の多くがレイカーズに声援を送り、コービーに「MVP」コールをしていたそう。ま、ありがち。

とにかく今は、昨日のボーネル記者のブログがショックで。
Bobcats just going through the motions 
ただ型どおりプレーしているだけ・・・つまり、気の抜けたプレーということでしょ。

――ボブキャッツが今、どれほど機能不全に陥っているか、経営陣は理解しているだろうか。私は数人の友人(他チームのアドバンス・スカウトやベテランのビートライター)に、26点差で負けたデトロイトでの試合後に感想を聞いてみたが、彼らの言葉はほとんど同じだった:
このチームはただ型どおりプレーしているだけ。そして、たぶん、シーズンの残りも。
実力で及ばないのと努力していないように見えるのはまったく別問題だ。ファンの多くは、わずかな技術的欠陥やローテーションのことで、バーニー・ビッカースタッフを非難したものだ。しかし、ビッカースタッフは、サム・ヴィンセントが決してそうでない部分で成功していた:
彼は、深刻なほど才能が不足したチームに、非常に激しいプレーをさせることができた。
バーニー時代、彼らは実際の能力より低い成績を残さなかった。26点差で負けてもOKというような振る舞いはめったにしなかった。今、それは普通になっている。そして、不思議なくらい、選手たちは自分たちがどれほど機能不全か認めている。金曜日のネッツ戦のあと、レイモンド・フェルトンは心から悔やむ様子で謝った。
それなのに、どうして日曜日のピストンズ戦で、引き続き気の抜けた夢遊病のようなパフォーマンスが起こるのか?
このチームはヴィンセントに応えていない。良くなるどころか悪化している。マイケル・ジョーダンは、この状態をいつまで放置しておくのだろう。

ん〜〜〜マイケルの前に動くべきはビッカースタッフさんだと思うけどなぁ。
何か手を打たないとダメなのだろうか。

【後記】ちなみに、MJが来ていたとレイカーズ側の記事に書いてありました。私にとっては大事なことなのに、シャーロットの地元紙はいちいち書いてくれない。(笑) 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。