2008年02月22日

ベン・ウォレスをトレード

いや〜今シーズンは本当に大きなトレードが多いこと。でも、私はまだブルズに爪先くらいは思いを残しているらしく、今回のトレードが1番衝撃でした。
ベン・ウォレスは結局、ブルズで働いてくれなかった。ベテランのわりに統率力とかないし。やはり、ロドマンと同じで、確固たるリーダーがいて、自分はリバウンドとディフェンスに専念すればいいだけのチームなら活躍できるのかもしれませんね〜。ただ、そのくせ「もっとオフェンスに関わらせろ」とか言うところが士道不覚悟なんだよ。

今でもブルズファンだったら、マリオッティさん(Big Bum: Chicago's No. 1 sports bust)やテランダーさん(So long, big, bad, Ben)のコラムを必死に読むところなんだけど。

ブルズ IN
ドリュー・グッデン(from クリーブランド)
ラリー・ヒューズ(from クリーブランド)
セドリック・シモンズ(from クリーブランド)
シャノン・ブラウン(from クリーブランド)

キャバリアーズ IN
ベン・ウォレス(from シカゴ)
ジョー・スミス(from シカゴ)
ウォーリー・ザービアック(from シアトル)
デロンテ・ウェスト(from シアトル)
2009年ドラフト2巡目指名権(from シカゴ)

ソニックス IN
アイラ・ニューブル(from クリーブランド)
ドニエル・マーシャル(from クリーブランド)
エイドリアン・グリフィン(from シカゴ)


【覚え書き】ACとしてインディアナ大学に戻っていたダン・ダキッチが暫定HCに決定。
(前任者のリクルーティング違反疑惑により)


posted by まき at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。