2008年11月11日

単独インタビュー(1)

KennyさんのGo New York Go!によると、「カリーは膝が痛く」て、「トロントからジェラルド・ウォレスのトレードの働きかけ」もあるらしい。
ラプターズならウォレスにも良い話だと思うし、カリーよりこっちがいいなー。

MJの綺麗なパウダーブルーのプライベートジェットを見ません?⇒Flickr
ブルズ時代は赤と黒だったんでしょーか。


さてと、単独インタビューもぼちぼち…。
今回一対一で話をしたスコット・ファウラーによれば、一週間インタビューをせっついて、2〜3度延期もされたが、約束は果たしてくれたと。「いつものことだが、直接話をすると、ジョーダンは魅力的だ」そう。サム・スミスが「どんな辛辣な記者も魅了される」と書いていた記者たらしぶりは健在らしい。(^^)

で、まず一番話題になっているオーナーシップに関する記事。
Jordan: I'd love to become Bobcats' majority owner
By Scott Fowler

マイケル・ジョーダンは金曜日の夜、現オーナーのボブ・ジョンソンがチームを売ると決めた場合は、自分がシャーロット・ボブキャッツのマジョリティーオーナーになりたいと述べた。

オブザーバーとの単独インタビューで、いつか、ボブキャッツへの投資額を過半数を超えるシェアに増やしたいかどうか質問されたとき、ジョーダンは「もちろん」と答えた。
「ボブが身を引きたいと思うのであれば、僕がこのフランチャイズをコントロールしたいと言うことに問題はない。でも、今のところボブにそんな気はないよ。バスケットボール・チームのオーナーであることを楽しんでいるからね」

ジョーダンは2006年にボブキャッツの株式の一部を購入した。過去2シーズン、ボブキャッツのバスケットボール部門の運営をコントロールしている。
ジョンソンは、2003年1月にエクスパンション・フランチャイズ権を得て以来、チームを所有してきた。2004年11月にプレーを開始してからずっと、ボブキャッツは企業の支援を集めることと集客に苦しんでいる。
チーム創設5年目のボブキャッツは、まだプレイオフ出場経験がない。報道によれば、ジョンソンはすでに数百万ドルを失い、シャーロット経済界からの財政支援のレベルに対する不満を公に表明した。ボブキャッツは、今年のトレーニングキャンプ直前に約35名のビジネス部門の従業員を一時解雇した。

ジョーダンは、自分とジョンソンとの関係をこのように述べた:「僕は長い間ボブを知っている。僕たちは友人だ。仕事仲間だ。僕にとって、彼に『ノー』と言うことは何でもないし、『黙れ』とか、『君は間違っている』と言うことも平気だよ。友人ならそうすると思うからね。彼は頑固だし、僕もそうだ。彼はチームを所有している――それは100パーセント了解しているが、だからといって、僕が言いたいことを言えないわけではないさ。僕たちは良い関係にあるよ」

ジョーダンは今のところ、現状のボブキャッツがプレイオフに出場できると信じているが、チームの改善に最大限の努力を続けていると述べた。
「僕はその一員であることを楽しんでいるし、彼(ジョンソン)の資金を成功させるために自分にできることをしようとしているんだ」



2008年11月10日

【6】vsラプターズ

79−89 (boxscore) 2勝4敗

昨日の練習でオカフォーが体調不良ということだったから、まあ、ボッシュを止めるのは難しいだろうと思ってましたし。
やっぱりインサイドの補強をしないとまずいですよね〜。
ピストンズ戦で見たアジンサの走りは驚くほどなめらかで、並々ならぬ素質だろうと思うけど、まだひょろんひょろんなんだもん。
でも、カリーが補強になるのかな。(T_T)

それにしても、公式発表の観客数すら減少の一途・・・
もうコートサイドにマイケルがいても客寄せになんないのね。(;´д` )
(今日は写真は見つかりませんが、ゲームハイライトでベンチの隣に座っているのを確認しました。再び黒シャツにデニムパンツでしたよ)

MJ high on Brown (SLAM!)
「我々はアイデンティティを見つけようと苦労してきた。シャーロット市は成功したフランチャイズにとても飢えていると思う。ラリーに余計なプレッシャーはかけたくないが、こういった雰囲気は好きだと思うんだ」

5日のミネソタ戦(2OT)でスパーズのトニー・パーカーは、オスカー・ロバートソン、マイケル・ジョーダンに次ぐ史上3人目の55pts & 10astを達成とか。(Boston Herald

マイケルは1992年12月23日のワシントン・ブレッツ戦(107-98で勝利)で57pts & 10astを記録しています。
これ、ポンテルで買ったものの唯一正常に再生できなかったビデオで、デッキとの相性もあると思って放置したまま忘れていた!今のデッキで再生してみたら、トラッキング調整さえすれば何とかなりそう〜♪

私がもたもたしている間に、マイケルのインタビューの一部が『エア〜ボール』で紹介されていました。(^^;

2008年11月09日

トレードの噂とか

G・ウォレスとA・ハリントンとE・カリーの三角トレードの噂を否定する噂。
ボブキャッツはウォレスとカリーの交換トレードを望んでいるが、レブロンたちがFAになる2010年のためにサラリーキャップを整理したいニックスにとって、まだ4年契約が残るウォレスは問題。一方、ニックスはアル・ハリントンに興味があるが、コーリー・マゲッティとスティーブン・ジャクソンがいるウォリアーズはウォレスにあまり興味がない。
と、ESPNが報じたそうです。(Yahoo! Sports

カリーとウォレスのトレードなんてつぶれた方がいいんじゃ?(^^;
・・・もしかしてコーチがカリーを望んでいるのなら仕方ないかもしれないけど。

来年からNBAのプレドラフトキャンプはシカゴにあるティム・グローバーのAttack Athleticsで開催されるそうですが(Go New York Go!)、このジムでは夏の間毎日10〜40人のNBA選手が集い、「世界最高のピックアップゲーム」が繰り広げられているそう。で、ボブキャッツに新しく入ったシャノン・ブラウンは常連で、たまにプレーに参加するマイケルが目をつけたらしいです。(オブザーバーの記事はリンク切れ)

There's someone bigger than Mike
「世界一有名な黒人男性がバスケットボール選手やミュージシャンや俳優でなくなるのは黒人の子供たちのために喜ぶべきこと」みたいな(冒頭しか読んでいないので)バラク・オバマ次期米国大統領についてのコラム。
引き合いに出されるのはむしろ光栄なんだけど、マイケルは「両耳にソフトボール大のダイヤモンド飾り」なんか付けてないっしょ。右耳にもピアスをしたのかと思って他の写真を確認しちゃったぜぃ。


あ〜マイケルのインタビューの記事が全然読めない〜。
どうしてこんなに時間がないんだろう?

と言いつつ、愛猫の4種混合ワクチン接種にも行ってきました。
微妙に気配を察知して及び腰になる7.8kgの巨猫を逃げ場のない部屋へ誘導し、怪力で暴れられないようにバスタオルで作った袋をかぶせ、小さなカバン(ママチャリの荷台カゴに入るサイズ)に詰め込んで、道行く人に振り返られたりしながらの阿鼻叫喚の片道10分弱。
しかも、体重測定で8.1kgに増えていた。orz
帰路は比較的大人しいけど、家に着いた途端に内弁慶炸裂でシャーーーーーッと怒られ。
しばらく傍にも近寄らせてくれず。
年1回、飼い主だって精神的に苦痛ッス。

posted by まき at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

【5】vsホーネッツ

◇92−89 (boxscore) 2勝3敗

おお?

けっこう10秒くらい、「3点差か…惜しいな…」と思った私を許して〜。(^^;
先にマイケルのこんな写真を見ちゃったもんだから、てっきり。

081107MJ-Bobcats.jpg
(AP Photo/Chuck Burton)

デジャヴ。(笑)

リキャップによると、第4Qのオーガスティン、モリソン、キャロルというラインアップで14−2ラン。残り2分54秒のオーガスティンの3Pで85対78とリードを奪ったと。
「少ない観客(そのうち500人はクリス・ポールの招待客だし(笑))から大きな喝采を受けたボブキャッツだが、20年前の今週のホーネッツのデビュー戦の熱狂とはほど遠かった」
まったく…ガラガラ。

Yahoo! Sports (AP)

ジェラルド・ウォレスのトレードとして
ウォレス⇒ウォリアーズ
アル・ハリントン⇒ニックス
エディ・カリー⇒ボブキャッツ
という三角トレードの噂が・・・カリーなんて・・・大丈夫なのか?

ホーネッツ戦の前、マイケルがシャーロット・オブザーバーのインタビューに応じ、ボブ・ジョンソンがチームを売るときは自分がオーナーになりたいと答えたそうです。
他にもいろいろ語っているので何とか解読したい!

Charlotte Observer

関連記事:Charlotte Observer  Charlotte Observer  Yahoo! Sports (AP)



2008年11月07日

授賞式

木曜日にタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナで催された2008 Citizen of the Carolinas Award(シャーロット商工会議所の最も名誉ある賞)授賞式。
1990年に創設された同賞の昨年の受賞者はベン・バーナンキ氏(連邦準備制度理事会議長)。過去にはビリー・グラハム氏、ディーン・スミス氏、ヒュー・マッコール氏(元バンク・オブ・アメリカCEO)などが受賞。

ということで、今年の受賞者はマイケルなんですが。

地元TV局の記事は受賞にケチをつけている感じじゃないの…。
ま、ニュース動画があります⇒News 14 Carolina

Charlotte Observer(写真あり)

「ノースカロライへ戻るチャンスを得ることは、私にとっていつでも大きな喜びです。ここはすべてが始まった場所ですから」
約2000名の聴衆を前に、ジョーダンは、自分の生い立ちや両親、大学時代のコーチ、ディーン・スミスについて愛情を込めて語った。彼らのサポートによって、自分はスポーツと学業に高い目標を持つことができたと。
現在のジョーダンは主にシカゴに住んでいるが、今でもカロライナ2州に家があり、ボブキャッツの共同オーナーとしてシャーロットで経験していることを楽しんでいると述べた。
「皆さんの多くは、私と会うことがないので、私がここにいないとお思いでしょう」と、彼は冗談を言った。「でも、私はここにいるんですよ。食料雑貨品店とか、皆さんが普段行かれる場所へ出向くことはありませんが、ほとんどどこのゴルフコースへでも出かけてみて下さい。きっと私を見つけるでしょう」
そのあと彼は、これから食料雑貨品店へも行くつもりなので、自分を見かけたら気軽に声をかけて欲しいと訴えた。
近くにいたボブキャッツのオーナー、ボブ・ジョンソンの気さくな冷やかしのあと、ジョーダンはシャーロット市のNBAフランチャイズに「エンターテイメントと喜びと常勝街道」をもたらすと誓い、ホーネッツの移転を残念に思ったと述べた。「我々は最初よりもずっと良いチームを作るよう努力します。皆さんが誇りに感じるチームをもたらしたいと願っています」

という感じでしょーか。

アッパーデック社から、3Dスキャニング・テクノロジーを駆使したタイガー・ウッズとマイケルのアクション・フィギュアが発売されるそうです。
MJは "1985 Slam-Dunk Competition"と"1998 NBA Finals Last Shot"の2種類、15ドル99セントから19ドル99セント。www.toysrus.comなどで購入可能。
他に、より高品質なフィギュアが2023体限定販売で199ドル99セントとか。
詳しくはこちら⇒prnewswire.comで。(フィギュアの画像もあります)
posted by まき at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

【4】@ニューヨーク

98−101 (boxscore) 1勝3敗

il||li _| ̄|○ il||li
コーチのために勝ちたかったなぁ。
残り10秒で1点差に迫り、オーガスティンがジャンプしてインバウンズパスを奪ったものの、サイドラインから飛び出してしまい、タイムアウトの申請も認められなかった…あ〜惜しい!
スタッツを眺めても何で負けたのか良く分かりません。リバウンドも勝ってるし。11分で24得点というネイト・ロビンソンの“大当たりデー”だったからですかね。(ただし、後半は無得点)
リック・ボーネルさんは、「コートサイドのマイケル・ジョーダンが過去の自分の活躍を思い出したかどうか。ジョーダンは、このような活躍が“一生に一度のまぐれ”と言われない数少ない選手の1人だった」――つまり、ネイトはまぐれだと?(^m^)プ

Charlotte Observer

でも、ボーネルさんの見解によれば、ボブキャッツもだんだん再教育の効果が表れているようですが。

そして、イントロダクションでラリー・ブラウンHCに大ブーイング。一方、ボブキャッツベンチの真向かいに座ったマイケルは第1Qにスタンディングオベーションを受けたとか。
なんのこっちゃ。

Yahoo! Sports (Getty Images)  Yahoo! Sports (Getty Images)

Gatty Imagesには他の写真もありました⇒Getty Images Michael Jordan

ついでに、オークリーも。(隣席はWNBAのスター、キャンディス・パーカー)⇒wireimage

先日のピストンズ戦を全部見ましたけど、ジョー・デュマースは何度もクローズアップされるのに(アイバーソンとビラップスのトレードの話題で)、マイケルがアップになったのは一度きりでした。なので、テレビ中継よりGetty Imagesの写真の方がありがたいッス。(^^;
まあ、コートサイドにいる姿がめずらしくなくなったら、撮影もしてくれないんでしょうけどね…。

2008年11月05日

マーカスの進学問題

Chicago Sun-Times

1ヶ月前、マーカス・ジョーダンはマイアミ大進学に大きく傾いていた。しかし、ハリケーンズがもう一人のガードから確約を得たとき、ジョーダンはマイアミ大を自分のリストから消した。
「今は振り出しに戻った感じだ」
再び、リストは長い。
最も顕著に接触を続けているのはメンフィス大で、フロリダ州立大からも連絡があり、父親のマイケルはアリゾナ州立大、カリフォルニア大、デヴィッドソン大、ミシガン州立大と話をしている。
「今は長いリストだけど、自分でコーチと話したり、大学訪問を始めれば、すぐに絞り込めると思う」
噂に反して、ジョーダンは奨学金を望んでいる。家族が金持ちだということは何の関係もない。
「自分が行きたいところへ進学するだろうという噂は、僕についての最大の誤解だと思う。僕はバスケットボール選手なんだ。リクルートされて進学したい。大学から必要とされていると感じたいんだ」
しかし、多くの高校生と異なり、ジョーダンは自分宛のメールや電話や手紙に全部対応しているわけではない。両親やAAUのコーチと高校のコーチが対応してくれている。
「ずい分助けになっていると思うんだ。毎日、自分で電話に出たり、手紙を読んだりしていたら、まとまりがつかなくなると思う。僕個人の連絡先を知っている大学のコーチは少ないと思うよ」
そして、大学のコーチたちがようやく彼と接触するとき、ジョーダンには1つの優先事項がある――すぐにプレーすること。イリノイ大へ進学した兄のジェフが、ウォークオンの1年生として限られた出場時間しか与えられなかったところを見てきたためだ。
「プレーできずにアンハッピーな1年を過ごすジェフを目の当たりにしたからね。それがウォークオンだからなのか、イリノイでは皆がそうなのか知らないけど、僕は絶対、すぐにプレーさせてもらえるところへ行きたい。プレーできなくてアンハッピーな1年なんか経験したくないんだ」


メジャーな大学で1年生からがっつりプレーするには、NBAでスターになるクラスの才能が必要だと思うので、そこのところはどうなんでしょーか。(^^;
せっかくなら日本でテレビ放映されるレベルの大学へ進学して欲しいけど。

posted by まき at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

【3】vsピストンズ

いた!

charlotteobserver1103-2.jpg
(Photo by Streeter Lecka/Getty Images)

これで録画を見るモチベーションができた。(^^;
(しかし、喉元すぎれば何とやらで画像UPしまくってるし〜いかんいかん)

Yahoo! Sports (REUTERS)  Yahoo! Sports (REUTERS)

Yahoo! Sports (Getty Images)  Yahoo! Sports (Getty Images)

Charlotte Observer Photo Gallery  Charlotte Observer Photo Gallery(ヒート戦)

83−101 (boxscore) 1勝2敗

まあ、初めから勝てるとは思っていませんでしたが・・・
アイバーソンとのトレード(!)で、ビラップス(+マクダイス+チーク・サム(誰?))がいなかったというのに、これだけの大差か〜。ウォレスとJ-Richのシュートが5-20じゃ勝てません。
あと、マット・キャロルは2試合連続DNP…ラリー・ブラウンの構想から外れちゃって、いよいよトレード要員なのかな…モリソンと役割がかぶるから、どちらかトレードされるだろうと言われているんですよね〜。
でも、キャロルは長期契約を結んでいるから、モリソンの方が欲しがるチームが多そうな気もする…。2人とも好きなんだけど。

Charlotte Observer



2008年11月03日

夜明け前が一番暗い

マイケルは昨日座っていたボブキャッツベンチのすぐ横の数席を購入済みで、その日の気分で上のスイートと行ったり来たりするつもりらしいです。明日はどっちだ?

<スコット・ファウラー>
マイケルジョーダンがボブキャッツベンチから5フィートのところに座っているのを見るのは興味深かった――彼がスポーツコートを着ていなければ、ラリー・ブラウンがゲームに投入できるほど近く。プレー中にMJの姿を見ることは、ボブキャッツのためになると思うし(NBA史上最高のプレイヤー、そして自分をトレードできる人物がすぐそばに座っていたら、ボブキャッツは少し一生懸命プレーせずにいられないと思う)、ファンも彼が関わっていることを実感できる。彼はもっとそうすべきだし、自分が望めばいつでもそうできる――ジョーダンはボブキャッツベンチのすぐ隣の数席を購入したという。

Charlotte Observer  Charlotte Observer

遅まきながら開幕前のリック・ボーネルさんのコラムを読んで、昨シーズンと今シーズン前半は「夜明け前が一番暗い」状態、あるいは「成長痛」になってもいいと覚悟しました。(^^;
以下ざっと――

・プレシーズンの0勝8敗は何かを意味するか?

イエスであり、ノー。最も気がかりなのは接戦の終盤に良いプレーができなかったこと。アトランタ戦は勝ってもおかしくなかったが、ターンオーバーやオフェンスファウルで攻撃権を失い、ホークスに逆転の決勝レイアップを許した。
次にノーの理由:ラリー・ブラウンは、デューク大学のマイク・シャシェフスキーと同じく、結果より過程を重視する(コーチKは、粗雑な勝利のあとで選手たちを酷評し、良いプレーで負けたあとは称賛することで有名)。
ブラウンは、エキジビションで多くの調査(ロスター全選手のできることを知り)と実験(異なる選手の組み合わせ)を行う。プレシーズンで勝つことが重要だと考えていたら、何試合かは勝っただろう。

・レギュラーシーズンが始まれば、すべては解決される?

あー、ノー。少なくとも今のところ、リバウンドとディフェンスがお粗末で、ペリメーターからショットを撃ちすぎた昨シーズンと同じチームである。
ブラウンの集中学習はチームを改善するが、すぐにではない。黄色を赤に変えるために染料を加えるようなわけにはいかない。実際、彼の経歴を調べると、チームが改善する前には、しばしば悪化することがあると分かる。彼の新しいフランチャイズでの1年目は、だいたいスロー・スタートである。

典型的な例:ニュージャージー・ネッツでの1年目は3勝12敗のスタートだった。しかし、最後の11試合で9勝し、44勝38敗で予想外のプレイオフ進出を決めている。
ところが、今シーズンのボブキャッツは最初の12試合のうち10試合がホームで、最後の8試合のうち6試合がロードである。さらに、最後の8試合の対戦相手には、ボストン、デトロイト、オーランドが含まれる。
よって、今シーズンは36勝46敗と予想する。

・何か励みになる話題は?

改善の3つのサイン:
アダム・モリソンは静かに好調なプレシーズンを送った。シュート成功率は56パーセントで、大学時代のようにドリブルからシュートを撃ち、ルーキーシーズンにはしばしば外したスポット・アップ・ジャンパーも決めた。

71パーセントだったフリースロー成功率は77パーセントに改善。チームに問題は多いが、問題が修正可能だ分かるのは良いことだ。

ボブキャッツは自分が今までコーチをした人々の最善の集団だというブラウンの言葉を信じる。彼らは一生懸命取り組み、教えに耳を傾け、自分たちを作り変えようとしている。

・ラリー・ブラウンの任期は?

4年契約が明らかになっている。過去の経歴では、インディアナで4シーズン、フィラデルフィアで6シーズン、デトロイトで2シーズン、ニューヨークで1シーズンなど。シクサーズとピストンズをファイナルへ導き、ペイサーズはプレイオフの常連で、ニューヨークは最悪だった。
彼はコーチに戻ることを切望していた。重要なのは、ブラウンとフロントがロスターの作成に関していつまで同じ考えでいられるかだ。フロントが彼のニーズに応じれば、少なくとも来シーズン終了までは在任し、ボブキャッツをプレイオフへ連れて行くだろう。

Charlotte Observer

2008年11月02日

【2】vsヒート

◇100−87 (boxscore) 1勝1敗

4月以来初勝利。(^^)
ウォレス 34pts (FG 11-16), 9reb, 3blk, 3ast, 2stl
J-Rich 23pts (FG 10-17)
オカフォー 18pts (FG 7-9), 13reb

・21TOとFT21-32はちょっと問題だけど。

・ショーン・メイはしばらくインアクティブとのこと。
まだ全然ダメだからしょうがないですね。

・でもって、マイケル来たー♪

081101MJ-AP1.jpg
(AP Photo/Chuck Burton)

しかもボブキャッツベンチの隣というめずらしい位置に!
“2年間ラグジュアリーボックスに隠れていたジョーダンは、サイドラインで鼓舞し、審判に吼えていた”そう。(笑)

Yahoo! Sports (Getty Images)  Yahoo! Sports (Getty Images)  

Yahoo! Sports (Getty Images)  Yahoo! Sports (AP)  Yahoo! Sports (AP)   

Bobcats.com 本日のPhoto Gallery  Charlotte Observer Photo Gallery

今日はブロードバンドでライブを見てみようか?とも思ってたんですけど、最近寝不足だったので8時に起きられなかった・・・どうせボックス席で観戦だろうと思ってたし。(T_T)
この席ならテレビにも良く映るよな〜。
(ハイライトでチェックしたら、ちゃんと識別できたもん!(笑))
スカパーでやる次の試合でも同じ席に座ってくだされ〜。
それにしても、NBA JAPANは日本語のNBAリーグパス・ブロードバンド説明ページくらい作ってくれないんですかね。(スカパーに遠慮して?)


おまけ:メロがこんなんなってて! 誰?って思った。(笑)

2008年11月01日

11月の予定

ボブキャッツ
Sat 01 vs Miami 7:00pm
Mon 03 vs Detroit 7:00pm TVNBAリーグパス(スカチャン)
Wed 05 @ New York 7:30pm
Fri 07 vs New Orleans 7:00pm
Sun 09 vs Toronto 1:00pm
Tue 11 vs Denver 7:00pm
Fri 14 vs Utah 7:00pm
Sun 16 vs Orlando 5:30pm
Tue 18 vs Dallas 7:00pm
Fri 21 @ Atlanta 7:30pm
Sat 22 vs Milwaukee 7:00pm TVNBAリーグパス(スカチャン)
Mon 24 vs Philadelphia 7:00pm
Wed 26 @ Toronto 7:00pm
Fri 28 @ Indiana 8:00pm
Sat 29 vs Boston 7:00pm

ホーム開幕戦は先着1万名にTシャツをプレゼント。
試合前の6時から6時30分までプレイヤーのサイン会もあり。
(MJもサービスしてくれたらいいのにね〜そうなったら行けない自分が悔しすぎるか(笑))
とりあえず残りチケットも1000席以下みたいで、おめでたいデス。(^^;
Charlotte Observer


MJ
6日(木)Citizen of the Carolinas Award授賞式
       @タイム・ワーナー・ケーブル・アリーナ(旧ボブキャッツ・アリーナ)

どこかちゃんと取材してくれるかなー。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。