2008年11月07日

授賞式

木曜日にタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナで催された2008 Citizen of the Carolinas Award(シャーロット商工会議所の最も名誉ある賞)授賞式。
1990年に創設された同賞の昨年の受賞者はベン・バーナンキ氏(連邦準備制度理事会議長)。過去にはビリー・グラハム氏、ディーン・スミス氏、ヒュー・マッコール氏(元バンク・オブ・アメリカCEO)などが受賞。

ということで、今年の受賞者はマイケルなんですが。

地元TV局の記事は受賞にケチをつけている感じじゃないの…。
ま、ニュース動画があります⇒News 14 Carolina

Charlotte Observer(写真あり)

「ノースカロライへ戻るチャンスを得ることは、私にとっていつでも大きな喜びです。ここはすべてが始まった場所ですから」
約2000名の聴衆を前に、ジョーダンは、自分の生い立ちや両親、大学時代のコーチ、ディーン・スミスについて愛情を込めて語った。彼らのサポートによって、自分はスポーツと学業に高い目標を持つことができたと。
現在のジョーダンは主にシカゴに住んでいるが、今でもカロライナ2州に家があり、ボブキャッツの共同オーナーとしてシャーロットで経験していることを楽しんでいると述べた。
「皆さんの多くは、私と会うことがないので、私がここにいないとお思いでしょう」と、彼は冗談を言った。「でも、私はここにいるんですよ。食料雑貨品店とか、皆さんが普段行かれる場所へ出向くことはありませんが、ほとんどどこのゴルフコースへでも出かけてみて下さい。きっと私を見つけるでしょう」
そのあと彼は、これから食料雑貨品店へも行くつもりなので、自分を見かけたら気軽に声をかけて欲しいと訴えた。
近くにいたボブキャッツのオーナー、ボブ・ジョンソンの気さくな冷やかしのあと、ジョーダンはシャーロット市のNBAフランチャイズに「エンターテイメントと喜びと常勝街道」をもたらすと誓い、ホーネッツの移転を残念に思ったと述べた。「我々は最初よりもずっと良いチームを作るよう努力します。皆さんが誇りに感じるチームをもたらしたいと願っています」

という感じでしょーか。

アッパーデック社から、3Dスキャニング・テクノロジーを駆使したタイガー・ウッズとマイケルのアクション・フィギュアが発売されるそうです。
MJは "1985 Slam-Dunk Competition"と"1998 NBA Finals Last Shot"の2種類、15ドル99セントから19ドル99セント。www.toysrus.comなどで購入可能。
他に、より高品質なフィギュアが2023体限定販売で199ドル99セントとか。
詳しくはこちら⇒prnewswire.comで。(フィギュアの画像もあります)


posted by まき at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。