2008年12月12日

【23】@ダラス

90−95 (boxscore) 7勝16敗

こんな人手不足のままダラスへ移動しての連戦で5点差なら、わたし的にはOKだな〜。
でも、FTさえ好調だったら(こっちは12-19、ダラスは15-16)勝っていたとも言える…。

ニューカマーは金曜日に身体検査、土曜日のピストンズ戦でデビューということのようです。私も1回くらい新ボブキャッツを見たいけど・・・快進撃でもなければ今季の放送はもう望み薄。il||li _| ̄|○ il||li

●昨日の記事をちょっとまとめ。Charlotte Observer

ボブキャッツは、融通性と深さとアスレティシズムと(結果として)いくらかのサラリーキャップの柔軟性を得るために、自分たちの最高のオフェンスの武器を手放した。
ディアウは複数のポジションでプレーできるが、おそらく先発のパワーフォワードを務めるだろう。優秀なディフェンダーのベルは、シューティングガードで先発するはずだ。さらに、ボブキャッツはシングルタリー(6フィートのルーキー)のポテンシャルを好むだろう。

2人対3人の交換によって、ボブキャッツのロスターはいっぱいになったが、ロッド・ヒギンスGMは金曜日にジュワン・ハワードと契約する予定だと述べた。
そのためには他の誰かをカットする必要がある。ヒギンズは口にしなかったが、ある関係者は、契約が完全に保証されていないこともあり、ドウェイン・ジョーンズが危うくなっていると述べた。

リチャードソンとダドリーはチームバスに乗り込む直前にトレードを告げられた。
「少し驚いて、動揺していた」と、リチャードソンの反応についてレイモンド・フェルトンは説明する。「間違いなく、こうなることは望んでいなかったと思う」
リチャードソンとエージェントが同じマット・キャロルも、トレードをまったく予期していなかっただろうと言う。「何も聞いていなかったと思うよ。試合当日に知るのは余計に厳しいよね。こういうことが起こるなんてまったく思わず、シュート練習も済ませたあとで」

ロスターが刷新された直後にもかかわらず、ラリー・ブラウンHCによれば、変化は終わっていないかもしれない。
「うちはまだ(シューターが)余っている」と、ホーネッツ戦の前にブラウンは言った。「この仕事を引き受けたとき、マイケルといろいろ話したが、彼はロスターが完成していると考えていないと思う。今後さらに動きがあっても驚かないよ」

ヒギンスは、サンズとのカジュアルな話し合いはプレシーズンに始まったと述べた。その後、先週の金曜日に状況がヒートアップした。
「ジェイソンのような良い選手を手放す場合、何らかのものを取り戻さなければならないのは当然のことだ。ラジャは優秀なディフェンダーであり、ボリスの多才さは素晴らしい。彼はパスもうまいし、得点ももっと伸びると思う」

また、2010年の夏には間に合わないが、サラリーキャップのメリットもあるかもしれない。ボブキャッツがリチャードソンとダドリーをキープし続けた場合、2010-11シーズンに2人のサラリー合計は約1650万ドルになるだろう。2010-11シーズンのディアウのサラリーは900万ドルだが、ベルの契約は2010年の7月で切れる。

このトレードが、より良いディフェンダー、より良いパッサー、よりアスレティックで複数のポジションをこなすプレイヤーというブラウンが望むスタイルへボブキャッツを動かすことは明らかだ。ディアウはセンター以外の全ポジション(少なくともたまには)をプレーできる。ベルはコービー・ブライアントたちを相手にした素晴らしいディフェンスで自分のキャリアを築いてきた。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。