2008年12月22日

2004年の記事

先日、シクサーズのモーリス・チークスHCが解任されたとき、ラリー・ブラウンさんは「彼に電話をした。(コーチが解雇されたら)全員に電話をするんだ」と言っていました。
で、Yahoo!ブリーフケースから発掘した2004年のブラウンHCの記事を思い出したので、今日は何もネタがないし、これでも載せておこうかな、と。

ついでに思ったんですけど、フィル・ジャクソンはコーチ同士の付き合いが話題になりませんね。やっぱり一匹狼な感じ。(確か"Maverick"という著書があったはず)

Newsday
NBA Finals
Man for all seasons
初優勝を目指しているラリー・ブラウンは、単に優れたコーチというだけではない:彼は教師、良き指導者、そして意欲を引き出す達人である。
------------------------------------------------------------------------
BY KEN BERGER
STAFF CORRESPONDENT

June 8, 2004
LOS ANGELES――去年の秋、あるゴルフコースで、ラリー・ブラウン&ジェリー・ウェスト対マイケル・ジョーダン&ロイ・ウィリアムスによるベストボールでの対決があった。

その日、コーチやバスケットボール関係者が出席したノースカロライナ州パインハーストでの屋外イベントで、彼らはベスト4のゴルファーだった。

「面白い話だよ」と、ディーン・スミスが電話で語る。「私たちはチームを応援していたんだがね」

スミスが言う“チーム”とは、ジョーダンとウィリアムス現UNCコーチのオール・ノースカロライナ組だと理解できる。

「あとでマイケルと会ったとき、『どうしたんだ?』と聞いてみた」と、スミスは言った。「そうしたら、マイケルは『シービスケットにやられちゃった』と言うんだ。『どういうことだい?』と尋ねると、『シービスケットが僕らをやっつけたんだ。ラリーがね』と言ったんだ」

日曜日のNBAファイナル第一戦で、デトロイト・ピストンズが圧倒的優位と目されるロサンゼルス・レイカーズに与えた衝撃的な勝利の余韻の中、ブラウンが持ち出したニックネームの発案者は、ジョーダンだったというわけだ。

そして、ジョーダンがラリー・ブラウンとシービスケットを同じカテゴリーにまとめるという事実こそ、ラリー・ブラウンについて知るために必要なことすべてを言い表わしている。

シービスケットは小柄で、足が曲がり、ひざにこぶのある、チャンピオンのハートを持つ馬だった――実際、1938年に行われたマッチレースで三冠馬ウォー・アドミラルを破り、大恐慌に苦しむ国民の希望となるのに十分なハートを。

2004年、レイカーズはブラウンにとってのウォー・アドミラルだ。これは、足の曲がった、ひざにこぶのある、チャンピオンのハートを持つ――だが、それを証明するNBAチャンピオンシップは持たない――63歳のコーチにとって決定的な瞬間であろう。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。