2008年06月21日

マリン・クーコッチ

高校バスケットボールはサマー・トーナメントとかやっているみたいなんですけど、たまにしかチェックしないので、ホイットニー・ヤングの成績は分かりません〜。(勝った記事も負けた記事も見かけましたが…)

今日は、新学期からハイランドパーク高校の3年生になるマリン・クーコッチ君の記事を発見。6フィート5インチのチーム最長身ながら、お父さんと同じようにボール・ハンドリングに優れた“ビッグマン”だそうです。

200806MarinKukoc.jpg
(Photo by: Josh Peckler/News-Sun)

息子によれば、「彼(トニー)はゲームの間中ずっと僕に何かを叫びっぱなし」とか。
マイケルよりうるさそう。(^^)

YourSeason (Chicago Sun-Times)

こんなに小さかったのにね〜♪ 今ではマイケルとほぼ同じ身長なんて。
9697FinalsHighFiveMarinKukoc.jpg
Western Australia Michael Jordan Societyで頂戴した画像なのでcreditは不明デス)



posted by まき at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおお〜。
でっかくなった〜〜〜。
もうちょっとで我々の応援していた選手の2世が、NBAで活躍する時代も来てしまうかもしれませんね。
Posted by kenken at 2008年06月22日 21:16
今年のドラフトのトップ2は、もう完全にその世代ですからね〜。
ただ、NBAレベルの2世がいるかどうかが問題です。(^^;
ホーレス・グラントの長男もピペンの長男も大学生だと思うんですが…。
あ、ユーイングの長男は今年のドラフトで指名されるかどうかという
レベルらしいですね。
(そういうことを考えると、NBA選手って本当に天才揃い!)
Posted by まき at 2008年06月23日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。