2008年07月11日

待てば海路の日和あり?

去年は、1200万ドル(+インセンティブ)×5年だか6年だかの契約を断って、そもそもこのオファーでさえ「ボブキャッツは気前良すぎ」がもっぱらだったのに、「それ断ってどーすんの?」的な言われようのオカフォーでしたが。
ここへきて、ブランドを失ったクリッパーズが、ホークスのジョシュ・スミスやオカフォーに接触しているらしいと噂され、バックスとボガットが5年7252万ドルともいう(保証された金額は6000万ドルとか)高額契約を結ぶしで、マーケットは俄然、オカフォー有利の展開ですね〜。

Charlotte Observer  Yahoo! Sports  Yahoo! Sports (AP)

シャーロット・オブザーバーのリック・ボーネル記者は、来シーズンもオカフォーがボブキャッツにいる可能性は80パーセント、長期契約を結ぶ可能性は五分五分と考えていて――

●クリス・ケイマンというセンターがいるクリッパーズは、オカフォーよりもアスレティックなジョシュ・スミスの方が欲しいのではないか。
●シクサーズはブランドを、ウォリアーズはマゲッティを獲得してキャップに余裕がなくなったため、ボブキャッツの競争相手が減ったことは確か――と。

Charlotte Observer

ドワイト・ハワードは別格としても、ボガットくらいは仕方ないんだろうなぁ。オカフォーの次にはフェルトンの長期契約も控えているんだけど・・・こうやって、若くて経済的だったチームの経営もだんだん苦しくなっていくんですね。(^^;
それと共に強くなってくれるなら文句ないんでしょうけどね。


posted by まき at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ08オフ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。