2008年09月14日

sought-after endorser

Michael Jordanで検索しても現役復帰したランス・アームストロングの記事と(現役引退⇒復帰⇒成功の前例として引き合いに出されているらしい)Michael Phelpsのことばかり。
その中でもMJと関係あった記事 bizjournals.com によると、最近の調査で、北京五輪8冠のマイケル・フェルプスが『広告主に最も求められている有名人』になったというんですが、2番目がマイケル・ジョーダンで3番目がトム・ハンクスだそうデス。
ほお。

それにしても、北京五輪の前は1111番目だったって、ホントに1111番目まで統計とってるんですかね。あと、1000人の一般人に写真と名前を見せて調べた知名度ではウィル・スミスとトム・ハンクスが首位でフェルプスは10位(五輪前の33パーセントから95パーセントに上昇)とか。
他に、フェルプスは消費者への影響力が2位で、最も訴求力がある有名人ではモーガン・フリーマン、トム・ハンクス、ウィル・スミス、デンゼル・ワシントンに次ぐ5位だとか、そんなのどうやって調べるのさ〜?とも思うわけですが。

あ、ポンテルはもうポストに届いてました♪
どうやら無事に再生できそうなので、感想は(あれば)また後日にでも。



posted by まき at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。