2005年12月15日

好調ロヨラ

ちょうどピペンのセレモニーの日にロヨラ高校の試合があり、強豪校相手に58−61で負けたんですけど(ジェフは15得点、10リバウンド、4アシスト)今のところ●はそれだけで、今シーズンはなかなか好調のようです。
14日付サンタイムズの記事――

 弟の方が楽なこともある。
 ジェフ・ジョーダンがロヨラでバスケットボールを始めた頃は、毎試合がサーカスのようだった。マイケル・ジョーダンの息子がバスケットボールをしているというだけで、メディアやファンが殺到したものだ。
 これまでのところ、ジェフの弟のマーカスは、それほど大騒ぎに巻き込まれることもなく、ハイスクールでのキャリアを始めた。ロヨラのソフォモア・チームでプレーする3人の1年生の1人として。
 6フィート3インチ、190ポンドのマーカスは、すでに兄より大きい。州内でも3本の指に入る1年生だと目されている。ハイスクールのキャリアを代表チームでスタートさせるだろうという観測もあったが、夏の終わりにAAUトーナメントで足首を故障し、シーズン当初の練習に参加できなかった。
 ロヨラの代表チームの方は、火曜日の試合でホットなスタートを切り、65−34でセント・フランシス・デ・ラサールに勝った。
 「今年は背が高いチームになった」と、ロヨラのスターターでは1番小柄な6フィート2インチのジェフ・ジョーダンは言った。「だから僕は、カレッジでプレーするつもりのポイントガードとして長くプレーできる」
 3年生のジェフは5得点、3アシストだった。ロヨラは現在6勝1敗で、ランキング25位。コーチのブライアン・タッカーは、「うちのプレーヤーは能力があり、ディフェンスを好む。本当に知的なチームで、ディフェンスが成功につながることを知っている」と述べている。


NCAAトーナメントに出場するような名門大学に進んでくれたら、日本でも見られるかもしれないんだけど♪ この頃はカレッジの試合中継も減ってしまったので、それ以外の機会はなかなか…。
もちろん、一流校でスターターになるほどのサイズや才能はないかもしれないって分かっていますが。
でも、マイケルだって、『DRIVEN FROM WITHIN』の中で ――カレッジを決める時期になると、周りの人は空軍士官学校とか、もっと小さくてプレーが保障されている大学へ進むべきだと言った。でも僕はノースカロライナヘ行くと譲らなかった。もしノースカロライナでベンチに座るしかなかったとしても、少なくとも最高の大学でベンチに座る方法を学べるんだ。ある先生は、空軍士官学校へ進学しなければ町に戻ってガソリンスタンドで働くことになると言ったよ。ね?それからどうなったかは、誰でも知っている―― と☆


posted by まき at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。