2008年09月23日

新シーズンまであと一週間(追記)

マイケルもライダーカップが終わったらシャーロットへ行くみたいなので、ここらで放置していたボブキャッツのことでも少々。(^^;

トレーニングキャンプに元ウィザーズのドネル・テイラーを招待
6フィート5インチのガード。PGとSGがプレーでき、力強いディフェンダーでもある。2005-06と2006-07にウィザーズで98試合に出場したが、シュート成功率が低く(39.5%)、昨年のプレシーズンでウェイブされた。

Bobcats.comよりショーン・メイのワークアウト動画インタビュー

レイモンド・フェルトンのワークアウト動画インタビュー

ジェラルド・ウォレスのワークアウト動画インタビュー

スクリメージを見学したボーネルさんのレポート
・良いディフェンダーの素質があるシャノン・ブラウンやドネル・テイラーとの契約(少なくともトレーニングキャンプまでは)から、ラリー・ブラウン新コーチがディフェンスに焦点を合わせていることが分かる。

・ジェラルド・ウォレスのブロックショットやドライブを見れば、爆発力が回復したことは明らかだ。ウォレスを健康にしておく最善の策は、パワーフォワードでの起用を最小限に抑えることである。

・エメカ・オカフォーは2〜3ポンド体重を増やしたと言うが、むしろ、ほっそりして柔軟になったように見える。オカフォーによれば、筋肉を肥大させずに強さと爆発性を増すエクササイズに取り組んだそうだ。

・レイモンド・フェルトンとD.J.オーガスティンはトレーニングキャンプで最高のマッチアップになるだろう。オーガスティンのハンドリングは素晴らしい。

・80年代にラリー・ブラウンの下でプレーしたマイク・ジミンスキーによると、ラリー・ブラウンのシステムは非常に複雑な上、シーズン中に何度も調整されるため、頭が悪い選手は成功できない。「高いバスケットボールIQを持つプレイヤーは、IQが低くて素晴らしい運動能力を持つプレイヤーよりラリーとうまくやれる」

Charlotte Observer



posted by まき at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ08オフ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。