2008年11月12日

【7】vsナゲッツ

80−88 (boxscore) 2勝5敗

マーティン欠場なのに勝てないか。
『ピストンズだけが得をしたトレード』というコラムも見かけたけど、今のところナゲッツの方が順調じゃないスか。
今日だって、“2点差に迫られてもビラップスがいるから落ち着きを失わなかった”みたいな。
ボブキャッツの敗因は mental breakdowns とシャーロット・オブザーバー。
ディフェンスでどんどんスイッチしてくるナゲッツに対応できず、3Pを27本も打ちまくってしまったらしい。
まだまだですなぁ・・・。

Charlotte Observer Bobcats lose their heads, and game

それでも、不思議なことにディビジョン最下位にはならないんですよねー。
2年前はアトランタ、去年はマイアミ、今はワシントンが下にいる。(^^;

あと、クリス・ケイマンというトレードの噂もあるとかないとか。
Go New York Go!  ISM

ボーネルさんが言うとおり、若くて良いセンターを安売りするチームはないでしょう。
最初から無理なのは承知だけど、マクダイスもピストンズに戻るみたいだし〜。
ブラウンHCはマクダイスが大好きで、「優勝を狙えるようなチームは特に積極的に追いかけるべきだね。(2005年のファイナル)第7戦に敗れたあとのことを思い出すんだ。うちの選手たちのほとんどは前年の優勝を経験済みだった。でも、ダイスは違う。彼はユニフォームも脱がず、本当に動揺していた。だから、彼には優勝するチャンスを手にしてほしい。とにかく彼にとってベストの状況になることを願っているよ」

Charlotte Observer

こうして富める者はますます富み、貧富の差が拡大するのです〜。



この記事へのコメント
>こうして富める者はますます富み、貧富の差が拡大するのです〜。

しかしながら、NBAは、日本のスポーツと比べ、まあまあ、平等に選手の移動もあると思います。
たしかに、財力により、弱くなるチームも出て来てますが、あれだけチームがあれば、仕方のない部分もあると思います。
日本の野球(個人的にあまり好きでないので)など同じチームばかり、強くて、次の年にも優勝したチームが、ドラフトで1位取れたり…(ルールや決まり事は、詳しくは知りませんけど。)
何か平等さに欠ける気がします。
NBAは、その点、少しはいいかと…
Posted by kenken at 2008年11月12日 23:02
日本の野球界は話になりませんよね。サラリーキャップはないし、ドラフトでも逆指名だとか何だとか。日本の野球に比べたら、NBAは健全なものだと私も思います。
それでも、NBAのサラリーキャップもNFLやNHLに比べたらユルユルだし(まあ、生え抜きのエースまで手放さざるを得ないようなサラリーキャップはいかんと思うんですけども)。
「佐渡へ佐渡へと草木もなびくよ〜」ということをされると・・・弱小チームは立つ瀬がなくてつらいです。(T_T)
Posted by まき at 2008年11月13日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。