2005年12月25日

久々のHOOP

ピペンのセレモニーにつられて、HOOP2月号を買いました。
(ちなみにDSの方は、トピックス扱いでモノクロ半ページだけ…)
宮地陽子さんの記事とビル・スミスの写真でセレモニーが3ページ&ピップやマイケルやフィルの現況レポート3ページ、計カラー6ページの構成(と言っても、今のHOOPは全部カラーページなんですね〜)でした。
特に知らないことは書いてなかったけど、小さな写真ながらマイケルとコービーが握手しているカットや、マイケルとデニスの2ショットもあり(どー見てもマイケルが年下には見えん…貫禄が…(笑))満足です♪

インターネットで情報を集められる時代でも、雑誌には雑誌の良いところがありますね。そうそう、サム・スミスのコラムも面白かったです!
ぜひ立ち読みしてみて下さい。(ォィォィ)


posted by まき at 20:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HOOPご覧になりましたか。
サム・スミスちゃんと褒めてたでしょ?今の素晴らしい選手達をけなすくらいにw
他にも先月号では唯一無二の選手と呼ぶに相応しかったとか今ではすっかりジョーダン支持者のようです。

MJの闘争心、競争心は凄い言葉で例えられることが多いですよね。「彼はあなたの心臓をえぐってそれをあなたに見せたいのだ」とか「彼の体を調べてみろ、そこには血など流れていない、電気コードが流れてるだけだ」(多分そんな感じの文章)とか。
確かにブラウン管越しに見てもMJの闘争心、競争心の強烈さはわかりますけど、そこまで言うほど凄いのかと。きっと直に見たり対戦したらその本当の凄さがわるんでしょうね。是非一度対戦してみたかった。(なんだそりゃw)
Posted by ひで at 2005年12月26日 23:57
お!それはいいこと聞きました。日本にいる間にHOOP2月号を買って帰ろうっと♪
Posted by yuko_mj23 at 2005年12月27日 03:04
◎ひでさん
はい、真っ先にサム・スミスのコラムを探して読みましたよ♪
褒めてましたね〜。(先月号のも読みたいなぁ)
サム・スミスが『SECOND COMING』の続編を執筆してくれないのは、MJを褒めたくないからかと思ってましたが。(笑)

確かに、肌で感じる凄さというのがあるでしょうね。感じてみたい!!
でも、そこまでは無理でも、ちゃんとバスケをやっている人ならもっともっと違うことが分かるんだろうなーと、体育の授業でしかバスケをやったことのない私は無念です・・・。そういえば、MJと対戦したことがある日本人といえば、現在コロンビア大学でプレーしている松井啓十郎君とか!(^^)


◎yukoさん
サム・スミスのコラムではピストンズも話題でしたから、ぜひぜひ♪
Posted by まき at 2005年12月27日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。