2006年01月08日

うそっ!

ブルズがグリズリーズに圧勝してるし。
何ですか、このFG%、特に3P%!(Boxscore
ここからまた去年の再現でミラクル快進撃…までは思ってませんが、何かのきっかけになればいいな〜。最近は勝てそうなチームにまで負け続けてましたからね。


さて、ノースカロライナ大学でマイケルの2年先輩だったジミー・ブラドックが、サウスカロライナ州の高校でコーチをしているらしく、地元紙に短いインタビューがあったんですけど、聞かれていることの約半分は有名な後輩のこと。(^^;

●コーチになったきっかけは:ヨーロッパや南米やニュージーランドでプレーした頃、ユースキャンプの指導も契約の一部だった。そこでコーチの仕事に魅せられたんだ。

●今でも連絡を取り合っているUNC関係者は:毎年の状況を知りたいから、バスケットボール・オフィスとは連絡を欠かさないようにしている。元チームメイトの中では、ルームメイトだったマット・ドハティや、バズ・ピーターソンと親しい。

●当時、ジョーダンがこれほど素晴らしい選手になると思っていたか:彼が史上最高の選手と記録されることになるなんて、チームの誰も想像できなかったと思うよ。だが、そのスキルやアスレティシズムやプレーに対する倫理観で、彼が大きな影響を与えるだろうということは全員が理解していた。

●彼について、印象に残るどんな思い出でも:まいったな、たくさんあるから。私が4年生のシーズンにデュークと対戦した時、ハーフコート付近で(デュークの)ジョニー・ドーキンスにボールをスティールされてね。私は彼の進路をふさぎ、3〜4フィートの位置からシュートさせようとしたんだ。ジョニーは私をかわしたが、その背後からジョーダンが飛んできて、ボールを観客席へ弾き飛ばした。こっちも思わず身をかがめそうになったし、ブロックしたジョーダンはバックボードの角で頭を打ったんだよ。そんなプレーを見たのは初めてだった。

●UNCの82年の優勝チームと去年のチャンピオン・チームが対戦したら、どちらが勝つと思うか:ルールによると思う。3ポイントラインもショットクロックもない状況なら、私たち82年チームの方にアドバンテージがあるだろう。逆に、3ポイントラインやショットクロックがあるなら、去年のチームにアドバンテージがあると思う。私たちのチームのコーチはディーンで、彼らのコーチはロイだね。



posted by まき at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | UNC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。