2006年03月21日

昔々のインタビュー

Macの整理中に97年のインタビュー訳を見つけたので。
一部は当時のDUNK SHOOT誌にも掲載されたものだと思いますが――

Jordan on Jordan

hoop97APRIL HOOP MAGAZINE−APRIL 1997

By Jan Hubbard
(ジャン・ハバードは、1984年以来密接にマイケル・ジョーダンを取材してきた)

1993年10月のあのショッキングな日は、今や遠い昔のことのように思われる。マイケル・ジョーダンは引退したが、カムバックすることでそれを償った。彼が最初に去ったとき、誰かが「マイケル・ジョーダンはまだ引退するはずがない。私が彼を見終えていないのだから」と言ったように。

その台詞を伝え聞いて、ジョーダンは笑った。彼は2年ちょっと前に戻ってきて、さらに1つのリングを追加し、コレクションを4つに増やしている。このオフの1日、シカゴのダウンタウンにある自分のオフィスでデスクに座り、しばらくインタビューに付き合うことを快諾してくれた。そして、将来についても少しだけ明かしてくれたのである。


Q:この2年間は、引退前より楽しかったか、つまらなかったか、それとも同じようだった?

MJ:また違う楽しさだったよ。円熟した楽しさというか。キャリアの下り坂にいるのは分かっているんだから、それなりに楽しくする方法を見つけないとね。以前は、生き生きとした状態ならではの楽しさだった。僕たちは若くて、クレージーで、向こう見ずだったし。
 でも今は、キャリアの下り坂だと分かっているから、出かけて、仕事をして、休息をとって、というような、もっとスマートな楽しさなんだ。毎日仕事に行き、自分に課した高い基準に応えなければならないから、いつでも戦いはあるけどね。

Q:振り返って考えると、君はファンやチームメイトや大衆からの要求とか、ただマイケル・ジョーダンであることのプレッシャーのせいで、しばらくマイケル・ジョーダンであることから離れるために、引退する必要があったということかな?

MJ:マイケル・ジョーダンであることが原因だったなんて言わないよ。野球をやるようになっても、まだ何もかもがマイケル・ジョーダンというイメージと結び付けられるのは分かっていたからね。僕はただ変化を必要としていただけさ。お決まりの行動や日課の繰り返しにはあきあきだったし、以前に感じていた同じ気持ちの高まりを感じなくなっていた。そして、そんな自分が嫌だったんだ。
 それには多くのことが関係していた -- 父の死、野球をやる好機、変化を望む欲求…。振り返ると、そこから離れて、自分が失ったものを見つめ、それが何を意味したのか確かめ、ゲームから得ていた喜びを見直すには、パーフェクトなタイミングだったよ。

Q:今も相変わらず、ファンにキャーキャー騒がれたり、行く先々で群集を集めるというクレージーな生活を送っているの?

MJ:引退前にプレーしていた頃は、人々が与えてくれる高い評価や敬意を本当には理解していなかった。人々は僕を神様か何かのように扱い、それにはとても当惑させられていたんだ。僕はただ、バスケットボールをプレーしていただけなのに。
 引退するまで、自分の持っている才能が他の人々にとってそれほど大きな意味があるなんて、まったく知らなかった。それについて、フィル(ジャクソン)は言ったよ。「君は神から授かった自分の才能を人々から奪おうとしているんだよ」とね。僕もその時はその通りかもしれないと言ったんだけど、今はそう思えないな。彼は僕の引退をそのポイントから解釈していたんだね。
 たしかに、僕はファンから、引退して野球をやると決めたことにとてもがっかりしていると言う手紙をたくさんもらった。その一部は厳しい内容で、僕のことをわがままだと責めていたよ。でも、応援してくれる手紙もたくさんあったんだ。

Q:君にはどんなチャレンジが残されていると思う?

MJ:カムバックしたときのチャレンジは、若い才能と対戦して、彼らのゲームを分析することと、彼らがゲームの金銭面以外の部分について、多分もっと学ぶべきことがあると示してやることだった。これはビジネスであり、かなりのサラリーを受け取るのは事実だけれど、尊敬を得る必要もあるんだ。自分の仕事は毎日やらなければならない。200万ドルもらっていようと、3000万ドルもらっていようと、関係ないんだ。それでプレーのやり方が変わるべきではない。そして、彼らはそれを目撃できる。彼らは僕が大金を稼ぐところも見るけれど、僕にはゲームへの愛があることも確かめられるだろう。

Q:もし今年も優勝したら、次のチャレンジは何かな?

MJ:次のチャレンジは、向上し続けるために絶えず何らかのモチベーションを見つけることだね。たとえ優勝しても、チームをまとめておくことができるかどうか確認する必要があるだろうし。
 ジェリー・ラインズドーフは僕に大金を払わなければならなかったから、来年はどうなるか分からないと思う。フィルとデニス(ロドマン)次第のところが大きいよ。僕としては、このまま一緒にやりたい。
 僕にとってはフィルが1番重要だけど、デニスも重要だ。デニスのやることは大いに気に入らないこともいくつかあるけど、それでもプレイヤーとして尊敬している。彼は僕らをより良いチームにしてくれるからね。誰のベビーシッターにもなりたくはないが、彼がチームに戻って、自分の仕事をしてくれたら、ブルズはより良いチームになれる。

Q:マイケル・ジョーダンは40歳で何をしていたいだろう?

MJ:毎日ゴルフだね。あとは自分のビジネスのすべてを監督すること。それから、もし子供たちが何かスポーツをすることに決めたら、彼らを通して多少なりとも自分のスポーツに関する夢を追体験したい。
 ちょっとノーマルな暮らしに落ち着きたいよ。いくらかは。完全にノーマルというわけにはいかないだろう。でも、今ほどは注目されないだろうから、あちこち出かけたり、今までと違うことをやってみたいな。責任のある広告契約をいろいろ結んでいるから、その頃になってもまだ、まったく注目されないということはないだろうと思うけど。でも、メインはやっぱり、毎日ゴルフをしたいということだろうな。

Q:50歳のマイケル・ジョーダンは?

MJ:グレーの髪。それと、グレーのあごひげになっていると思う。実際には何もしていないんじゃないかな。自分でも何をしたいか想像できないよ。毎日、起きたら心に浮かんだことをしたい。そして、プレッシャーや、何かをしなければという義務を感じない生活がいいね。

Q:でも、君の闘争本能が何かの競争に向かわせるのでは?

MJ:僕はどんなスポーツにも闘争本能なんてないよ。ゴルフは別にして。もうスポーツで競争的になる自分は想像できない。

Q:シニア・ゴルフツアーはどう?

MJ:いや。そうなるにはとても苦労するだろうからね。僕は自分の職業で、成功するのがどれだけ大変なことか経験したよ。他の分野でそうしたいとは思わない。

Q:俳優はどう?

MJ:時間を取られ過ぎるからね。とても尊敬している仕事だけど。『スペースジャム』の撮影中、集まってきた俳優たちとピックアップゲームで遊んだんだ。ディーン・ケイン(TVでスーパーマンを演じている)と話をした時、彼がやらなきゃならないことを聞いて、信じられなかったよ。彼は僕たちと夜の7時から9時までバスケットボールをして、それからTVショーで一晩中働くんだ。そして、タイツにフィットする体型を保つために、一日中ウエイト・トレーニングしなきゃならないんだって。
 そんなこと僕にはできない。それに、演技の大部分は急ぐことと待つことでね。スタッフがライティングをセットする間待ち、それから感情を高めて何かをやり、次にまた待つ。まるで、ゲームをスタートしてストップする、スタートしてストップする、の繰り返しみたいで。ひどく時間がかかるんだ。僕には絶対できないよ。

Q:君は演技もしたし、俳優を相手にバスケットボールもした。どちらがお粗末だろう? 演じようとするプレイヤーとプレーしようとする俳優とでは?

MJ:その俳優とかプレイヤー次第だね。ディーン・ケインには才能があったし、いつ脇によけるべきか知っていた。一部の奴はそうじゃなくて、NBAプレイヤーがどれだけ凄いか驚いていたよ。どかないと怪我をすることになるんだから。でもディーンはいつ身をかわすべきか知っていた。
 彼は優秀だったけど、こっちのフィールドにいる人間と較べたらね…他のプレイヤーたちと。NBAではプレーできっこない。僕が演劇クラスでなら申し分ないレベルだろうと思うように、きっと彼もYMCAでなら、とても優れたプレイヤーになれるだろう。でも、それだけだ。

Q:NBAから完全に引退した後は、プレーするためにヨーロッパへ行くつもり?

MJ: 前々から、そうしたいと言ってきたよね。向こうへ渡り、ヨーロッパのチームでプレーしたいって。ヨーロッパのバスケットボールがどんなものか見て、彼らがゲームについて何を理解しているか確かめるために。でも、もうそうしたいと思っていないんだ。大勢のヨーロッパ選手がこっちへ来てプレーしているのを見たから、それで彼らのゲームも理解できたし、自分がその部分で経験不足だとは感じなくなったんだ。

Q:若くて高く飛ぶマイケル・ジョーダンが、子供たちに多大な影響を与えたせいで、最近の選手のシュート技術とファンダメンタルは以前より劣っているという意見がある。子供たちが君のシュートやディフェンスより、ジャンプやダンクばかり真似しようとした結果、今の若い選手たちのシュート技術は以前の選手たちほど素晴らしくないというものだが。それに対してどう思う?

MJ:それはマイケル・ジョーダンのせいではないと思う。マイケル・ジョーダンの露出された部分、マーケティングされたマイケル・ジョーダンのせいじゃないかな。すべての広告は、人々が見たがるものに向けて売り込まれる。それが得点シーンとかダンクシーンだったんだ。そのマイケル・ジョーダンだって、ディフェンスもしたし、オールラウンドなゲームもしていたんだけど、実際にそれが広告に使われることはないんだよ。
 その件で僕を非難したいのなら、大勢の人間を非難すべきだと思う。オールスターゲームではダンクコンテストが行われているし、そういったことさ。当時のリーグはゲームのいろいろな局面を宣伝していたし、プロモーションのタイプが今とは違っていたんじゃないのかな。僕らはみんな、ゲームを宣伝していることで少しは功績を認められるべきだと思う。そこのところは、ラリー・バードやマジック・ジョンソンと変わらないと思うんだけどね…まぁ、僕のジャンプ力のせいで、そういう傾向を強めたのかな…。ゲームに影響があったことは認めざるを得ないけど、僕らも少しは誉めてもらってもいいと思うんだけど。

Q:若手プレーヤーの何人かが、君のダンクのいくつかを真似ようとしているのを見るのは、君にとって驚くこと?

MJ:そういうダンクって、実際は真似しようとか計画してやるものではなくてね。いったん空中に飛び上がれば、多かれ少なかれ本能的に生み出されるものなんだよ。でも、人々は結果としてのダンクに注目するんだよね。
 僕のロゴも同じさ。あのとき僕はダンクなんかしていなかった。人々は僕がダンクしたと思っているけど。あれはただ、フロアに立って、ジャンプして、足を広げて、それが撮影されただけ。走ってさえいなかったんだよ。誰もがあれを、僕が走って飛んでダンクした姿だと思っている。実際には、飛び上がって足を広げたところで、いわばバレエの動きなのさ。それに、ボールは左手で持っていたんだよ。

Q:NBA史上最高の50人の1人に選ばれたことはどんな気持ち?

MJ:賛辞だと思うけど、誰が50人に選ばれるべきかは、大いに議論の余地があるね。僕自身、トップ50を選べるかどうか分からない。年輩の選手たちにスポットライトが当たったのは素晴らしかったと思う。そこは良かったね。

Q:子供の頃のバスケットボールのヒーローは誰だった?

MJ:デビッド・トンプソンとウォルター・デイビス。2人ともノースカロライナ出身なんだ。でも、子供の頃は試合を見る方法なんてほとんどなかったし、選手も見分けられなかった。万事が田舎だからね。テレビもABCとNBCが映るだけで、CBSさえなかったんだ。

Q:昔の選手と夢のマッチアップができるなら、ジェリー・ウエストと対戦したいんだよね?

MJ:ジェリー・ウエストとプレーしてみたいよ。本当は2人いるんだ。ジェリー・ウエストと、それからジェリー・スローン。どうしてかと言うと、(ブルズGM)ジェリー・クラウスが、スローンなら僕を止めただろうと断言していたのでね。ジェリー・ウエストの方は、ただ彼がどれほど素晴らしいか見てみたいだけ。ミスター・クラッチと呼ばれた人に対して、自分がどれだけプレーできるか、確かめるだけで喜びだろうね。

Q:マイケル・ジョーダン・コロンは、去年市場に登場して以来ベストセラー商品の1つになっている。なぜだろう?

MJ:ある程度は、コレクターズ・アイテムになっているからじゃないかな。ビジャンは研究で良い仕事をしたと思う。マイケル・ジョーダンの名前が付いていれば何でもいいというわけではなく、彼らはそれ自体で売れる製品を望んでいた。実際、製品を売り出す前には、市場に出すタイミングや男性客がマイケル・ジョーダン・コロンを買うかどうか確かめるための調査に、大金を注ぎ込んでいたよ。それに加えて、僕はそれがコレクターズ・アイテムになっていると思うんだ。驚くよね。1度に12本までという販売制限があるんだけど、みんな12本ずつ買って行くんだから。

Q:君の市場性を確かめるための究極のテストは、マイケル・ジョーダン印のヘアー製品だと思う?

MJ:それ、ずっと以前にシカゴで、ジョンソン・プロダクツと組んでやったんだよ。でも、僕の髪が抜け始めたから、撤退しなきゃならなかったわけさ。今後はもう、マイケル・ジョーダン印のヘアー製品を目にすることはないと思うよ。



posted by まき at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。