2006年05月23日

スパーズvsマーベリックスG7

111:119(OT) ダラスがカンファレンスファイナルへ。

060522.jpg

最後の最後まで面白いシリーズでした。
98年以降低迷を続けていた視聴率もようやく上昇ということですが、そりゃあそうでしょう。
私も毎日見ているくらいだから。(^^;
特にスパーズとマブスがこんなに早く当たってしまってね〜。

でも、やはりマブスの方が層が厚くて1枚上手だったでしょうか。残り32.2秒、ジノビリのスリーでスパーズが初めてリードを奪ったときは、つい「マブスがここで消えちゃったらもったいない!」と思ってしまった。
だけどジノビリ、土壇場で3点リードしているのに、どうしてノビツキーにファウルして3点プレーを与えてしまうかなぁ。

ああ、スタックハウスの代わりにフィンリーがマブスの一員だったら、何の問題もなく応援できたのに・・・。


今日のサンズはナンだこれ。
プレーした7人全員が(たった7人)2桁得点、FG60%、3P15−27、アシスト32。
127:107でクリッパーズを下す。

PennyMarshall.jpg

ブルズの応援によく現れていたペニー・マーシャルさん、今はサンズファンなのかしらん。
(インタビュアーはジェイレン・ローズ)


posted by まき at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>スタックハウスの代わりにフィンリーがマブスの一員だったら

私もマブスが優勝するのは構いませんが、スタックハウスが優勝するのは気に喰わん(怒)
フィンリーはなんか可哀相でしたね。ブーイングはされるし、まさか古巣とかつての仲間に優勝の夢をさらわれるとは。

>ナンだこれ

3日間の休養が勝負を分けましたね。疲れてないナッシュは事実上アンストッパブルですから。これまでと同じように中一日なら結果は違ってたのかも。最後の最後でクリッパーズはついてなかったですね。

>ジョーダンが乗り越えるのに4シーズンかかったピストンズをレブロンはあっさり乗り越えそう

本当になんじゃそりゃな意見ですね。そもそも同じピストンズでも違うチームなのにw

>勝者としてはビル・ラッセルの方が上

チェンバレンはラッセルのボストンと何度も直接対決して一度くらいしか勝てなかったそうです。そういう事情もあって当時からラッセル>チェンバレンという意見は結構あったようです。MVPの受賞回数からもそれは伺い知ることができますよね。当時は選手に投票権あったので。
コービーはこの先優勝できなかったらシャック(とフィル)のおかげというのは絶対言われるでしょうね。たぶん私もそう思うと思いますしw

>個人としてもチームとしても頂点を極めて

10回の得点王と6回の優勝は正にその象徴ですよね。個人スタッツとそれに伴う見事なチームの結果。これこそ人々がMJを史上最高の選手と呼ぶ理由に他ならないでしょうね。
Posted by ひで at 2006年05月23日 22:38
スタックハウスが6thマンで不平も言わずにプレーしているところを見ると、ようやく自分の器を悟ったかな、とは思うんですけど、何か、顔を見ると応援したくなくなるんですよ〜。(笑)
フィンリーへのブーイングの件は、宮地陽子さんのブログによると「敬意をこめたブーイング」らしいですね・・・でも、やはり感じ悪かったですよね。

>ナッシュ

ということは、ナッシュもブーイングされるのか?
サンズはとうとうホームコートアドバンテージがなくなるし、すでに14試合もやっているので、どこまでやれるでしょうか・・・どうやら私はサンズを応援しそうです。(^^)

>チェンバレン

確か、プレイオフではレギュラーシーズンほど圧倒的な記録を残していないところも「?」ですね。平均得点も下がっていたような気がします。通算得点でもベスト4に入っていないし。そういえば、実力のわりに、というか残した記録のわりにMVPも少なかったんですね。
ますますコービーとダブるなぁ。(^^;

そのチェンバレンも言われた「得点王は優勝できない」のジンクス(?)を6度も覆したMJ♪
ブルズが初優勝するまで、どれだけそう言われ続け、またそれが事実であったことも、ちゃんと記憶されていてほしいと思います。
Posted by まき at 2006年05月24日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。