2006年05月24日

5月23日のNBA

まず、フィンリーへのブーイングについて、宮地陽子さんのブログで経緯が明かされていました。(こちら
だけど、あんなにブーブーやらなくても!(93年のファイナルで、解説のマジックが「マイケルとチャールズは仲良くしすぎ」と何度も言っていたという話を思い出したり…) 
ナッシュにはどう対応するんでしょうね。

mavs_suns.jpg


●ドラフトロッタリー
1位指名権を得る確率が25%もあったブレイザーズは4位に転落。8.8%しかなかったラプターズが1位指名権獲得(敏腕コランジェロGMは運も強い)。ニックスから1巡目指名権を譲渡されたブルズは、もともとの2位と。以下はこちらで。


●うーんと。。。
ここ数日の後遺症か、“崖っぷち”じゃないゲームにはイマイチ身が入りません。(笑)
所詮どこのファンでもないからさ〜。
残り2分半で9点リードしていたヒートが、「ハック・ア・ベン」に出たのと、すぐさまベンが「ハック・ア・シャック」でお返し、は呆気にとられて笑いましたが。
試合終了後のインタビューで、ウェイドも「驚いた」と言ってましたね。(^^)
91:86でヒート1勝。

1990年からのカンファレンスファイナルでは、初戦に勝ったチームの勝率が91%、29−3だそうです。
その3チームのうち、1回は93年のブルズ。(^_-)-☆
しかも2連敗。敵地でだけど。
他は、2004年のピストンズがインディアナでの初戦を落としたものの4勝2敗、そして、2003年のスパーズはホームの初戦でマブスに敗れながら4勝2敗でファイナルへ進みました。

ついでに、シャックはプレイオフの通算得点でカール・マローンを抜いて3位に。

マイケル・ジョーダン 5987ぴかぴか(新しい)
カリーム・アブドゥル・ジャバー 5762
シャキール・オニール 4772
カール・マローン 4761


posted by まき at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。