2006年12月23日

【25】 vsジャズ

○101−89 (boxscore) 7勝18敗

1222.jpg

ピアース欠場のセルティックスと、アイバーソンが抜けたシクサーズをだら〜っと見ていたら、他会場の途中経過がテロップで流れ、ボブキャッツが53−33でジャズをリード。
え?!
と一瞬目を疑い、あ〜でも、ニックスにだって19点リードしたんだよな…ジャズは一昨日アトランタで第4Qに21点差を大逆転勝利したばかりだよな…と、ネット観戦するのが怖くて。(笑)

しかし、今日は逆転されませんでした。
一時は4点差にまで詰め寄られるものの、マット・キャロルが第4Qだけで16得点の活躍!

その第4Q早々、ディフェンスに突進してきたキリレンコの口にキャロルのフォロースルーが当たり、キリレンコの歯が折れ、シュートが入ってキリレンコのファウル、というプレーがあったそう。
「彼は、折れてぶら下がった歯をつかんで、投げ捨てたんだ。“大丈夫か?”と聞いたら、“歯が1本折れただけさ”と言っていた。なんてタフなロシア人かと思うよ」

しかし、ブレビン・ナイトは故障を悪化させて途中退場・・・また1週間ほど欠場するようです。
大物食いのボブキャッツ(7勝のうち4勝が、サンアントニオ、デトロイト、オーランド、ユタ)…明日はシカゴ。そろそろ連勝したいな〜。(^^;


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。