2006年12月24日

ロヨラは勝利

午後1時からジェンティーレセンターでのBlueCross BlueShield Holiday Classicで、10勝0敗のロヨラ・アカデミーが7勝1敗のニュー・トリールと対戦。

 ジェフ・ジョーダンのブレーカウェイ・スティールに、ほぼ5500人の観客は力強いフィニッシュを期待して大歓声をあげた。
 最前列に座る彼の1番のファン―スラムダンクが観客を喜ばせることを良く知っているマイケル・ジョーダン―は満面の笑顔になり、ジョーダンは飛翔して、両手でダンクした。
 「いつも父から、パッシングレーンでプレーしてスティールを仕掛けるように教わりました」と、22得点のジェフ・ジョーダンは言った。「テレビ中継(コムキャスト・スポーツネット)でダンクができて楽しかったです」
 ピーター・サリバンとロブ・ベルコアが2人で24得点、ジョーダンの弟のマーカスが7得点5アシストで勝利に貢献した。
 47−34で第4Qに入ったランブラーズだが、ニュー・トリールの反撃で55−51に詰め寄られる。「接戦はこれが初めてでした」と、ジョーダンは言った。
 結局、残り40秒からジョーダンとサリバン、マーカスがフリースローを決め、60−55で勝利した。

1223Loyola.jpg そのダンクの写真はなし…


posted by まき at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
ジェフはマーカスより背が低かったと思うのですが、ダンクできたんですね><;
Posted by eiji at 2006年12月24日 19:27
背が低いとは言っても、6フィート2インチ(登録)ですからね〜。
そのくらいあれば楽勝なんでしょうね。(^^)

Posted by まき at 2006年12月25日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。