2007年02月10日

短信2つ

■Chicago Magazine最新号にジェフのインタビューが掲載されたことを報じるシカゴ・トリビューンの記事――

 ジェフリー・ジョーダンはもの柔らかな青年だ、と、シカゴ・マガジン最新号でノア・アイザックソンは書いている。彼はそれを認めることができないくらい控え目だが。今後数週間のプレーがジョーダンの進学先を決めるだろう。

 彼の父親のように観客を魅了したプレイヤーはほとんどいないが、ジェフリーはジョーダンの相続人である重圧の下で生き残り、成長できることを示した、とアイザックソンは書く。

 6フィート1インチのジョーダンが自分のプレーをすれば、ディビジョンTに進むだろうとアイザックソンは言う。ロヨラ入学後、最高潮に達した「名字のプレッシャー」にもかかわらず。ほとんどすべてのコートで、ジョーダンは大部分の選手より厳しくジャッジされてきた。彼は何かを証明したい選手たちや、「過大評価」とか「お前は彼じゃない!」と叫ぶファンのターゲットになった。そして今、スカウトたちは彼が過小評価されていると言う。

 「(名前は)リクルーティングの助けになったことより害になったことの方が多いんじゃないかと思う」と、ジョーダンはシカゴ・マガジンに言った。しかし、それはただ、「僕にできることは、一層の努力だけ」という意味で語られている。


■NYポスト

 最近シングルになったマイケル・ジョーダンの44歳のバースデーパーティーは、2月17日、ラスベガスのベラージオ内フォンタナにて、ドレスコードはオール・ブラック。バーレスク・ダンサーやボディーペイントしたヌードモデルたちが、エヴァ・ロンゴリア、ショーン・コムズ、アッシャーを初めとするゲストを楽しませる。


独身になったからって、あまり羽目を外さないでくださいましね〜。
去年のように、“宴もたけなわで奥様登場”がなくなったから心配だ。(^^;
チャールズなんか、最近のテレビインタビューで「去年、6時間で250万ドルすったことがある」と告白しているでしょ〜。



posted by まき at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フォンタナって一般人も入れるんですかね?
何時頃やるんだろう…?
入口とかで待ってようかな。
スーツ持って行った方が良いですかね(笑)?
Posted by MAKOOT594 at 2007年02月11日 03:40
ダンクコンテストはけっこう夜遅くまでありますよね?
だとしたら、バースデーパーティーは夕方とかでしょうか?
でも、時間が分からなくて当てもなく待つのは大変ですよね。(^^;
何か、あちこちでいろいろなパーティーやらイベントやらありそうですけど。
今年は新旧オールスター勢ぞろいで最高のオールスターウィークエンドですね〜本当に羨ましいです!(^^)

Posted by まき at 2007年02月11日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。