2007年02月16日

10日の記事

長々引っ張るほどの内容ではなかったです。(笑)
今日の写真は見つからなかったので、一応こっちを。

●スミスコーチへのキスについて尋ねられたマイケルの返事:"He's why I'm here, why we're all here,"

――やっぱり、殿堂入りセレモニーの介添え役はスミスコーチでしょうね。


●1957年のチームは、お互いをよく知るのに十分なほど親睦を重ねてきた。亡くなったチームメイトのジャージを一緒に運んで広げるくらい彼らは親しい。
 それに比べ、82年組はあまり交流してこなかった。実際、ウォージーはリザーブだったティモ・マッコネンの顔を覚えていなかった。しかし、82年組もすぐに、ジョーダンのおしゃべりやポイント・ガードだったジミー・ブラックに導かれ、再び一緒に笑い合っていた。
 サム・パーキンス:「まったく素晴らしい日だ。彼らの多くとはここ2〜3年会っていなかったから、みんなで取り戻しているところさ。でも、これは家族と再会するような感じだ。何年会っていなくても、すぐに元に戻る。25年前と変わらないように」

――ジョーダンの「おしゃべり」は、「stream of chatter」
とめどなくしゃべってる感じ?
そういう社交的なところが好きよン。
あの中に入れば、1年生だったマイケルは1番年下の弟分なわけですよね〜。
ウォージーに頭グリグリされたり。
楽しかっただろうな。
家族一緒の晩餐会というのは、ちょっとアレかもしれませんが。(^^;


posted by まき at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | UNC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。