2007年04月19日

【82】 vsニックス

93−94 (boxscore) 33勝49敗

・・・・・バッタリ。
残り9.9秒にフェルトンのスリーポイントプレーで逆転したものの、オカフォーはすでにファウルアウトしていて、カリーを守れる選手はおらず、ラスト0.6秒、マリク・ローズの外したシュートを逆サイドのカリーがティップインして――――負けたリキャップは読みたくない。(^^;

何はともあれ、お疲れさまでした、コーチ。

0418-2.jpg  0418.jpg
"I have never been associated in my 35 years in the NBA with a group of young men that came to play every night, that pulled for each other, than this group of young men,"


ところで、地元紙シャーロット・オブザーバーでは批判されていないのに、シカゴ・トリビューンのサム・スミスはビッカースタッフ“コーチ”に随分と厳しく、「ワースト・コーチの1人」と思っているそうです。
18日のQ&Aで、「何年か前、バーニー・ビッカースタッフがウィザーズのコーチだったとき、あるコラムニスト(あなただったかも)は、ビッカースタッフのことをNBAで最悪のコーチの1人だとコメントしました。昨夜、ステイシー・キングは、ビッカースタッフの仕事がシャーロットのフランチャイズにとってどれほど素晴らしかったか話していました。それって、どういう変化ですか?」という質問に対し、「そのコラムニストは私だ。バーニーのことは好ましくてプロフェッショナルな人物だと思っているが、コーチ能力には感心しない。彼は私の分析に感心していないだろうが」として、大した能力がないコーチでも仕事があることを人種差別絡みで論じたことがあるらしく。(微妙な問題なので、その部分はパス)

――選手のことは罵倒するコメンテーターたちが、コーチのことはおだて、決して批判しない態度には首をかしげざるを得ない。
私は、ボブキャッツにはプレーオフレベルのメンバーが揃っていながら、ひどい成績で終わったと思っている。彼らは試合のフィニッシュがヘタで、大量リードを失い、しばしば統制を欠く。私はレイ・フェルトンがシュートの前に両足の間で10回もドリブルをつく(パスをせず)やり方が嫌いだ。アダム・モリソンとチームメイトの間の緊張は放置されている。チームがギアを上げるとき、あまり調整が見られない。そもそも、プレーのシステムが良く分からない。1年後、皆が素晴らしい仕事をしたと褒めるだろうから、次のコーチにとっては凄いチャンスだ――

そうです。まあ、「素晴らしい仕事」はコーチとしてでなくGMとしてなのでは?とも思うけど。
とにかく、つまり、来季は次のコーチの手腕によって一気に花開くシーズンかもしれないということで、楽しみじゃないですか〜♪(^^;
皆が有意義なオフシーズンを過ごせますように。
今後の日程は、5月22日ドラフト・ロッタリー、6月28日NBAドラフトですね。


この記事へのコメント
終わりましたね・・・・
シーズン中はビッカースタッフになんだかんだ文句を言っていたけど、いざラストゲームとなるとなんだかさみしくなってしまい、最後を勝利で飾ってあげたいという選手たちと同じ気持ちになっていたので残念です。
それにしても、残り1分をきってからは、スゴかったです。4点差つけられていたところを、ウォレスが3Pを決めたところが一番鳥肌ものでした。
「DAにロングシュートのコツを教えてもらった」とウォレスが言っていた後から、本当によく入るようになった!
こんな土壇場で、あんなにクイックに打って決められるなんて、ウォレスらしからぬ・・・というか本当にビックリでした。
その後は例によって疑惑の判定などがあり、観客総立ちの大興奮の中、あっという間の幕切れでしした。。
ゲーム後にビッカースタッフのスピーチがあって、その時「この会場のどこかにいるマイケル・・・姿は見えないけど・・・ありがとう」と言ってましたね。
やっぱりいるんだ!!と思いましたが、お姿を拝見することはもちろんできず。。。。。。
ちなみにビッカースタッフは「今日は審判もいい働きをしてくれてありがとう」と思いっきり皮肉を言うことも忘れてませんでした(笑)
残念ながらシーズンラストのゲームは惜しい1点差の負けでしたが、最後の最後まで白熱した内容で楽しませてくれて満足です。
ボブキャッツありがとう〜〜って感じですね★
Posted by シャーロット at 2007年04月20日 00:55
「この会場のどこかにいるマイケル・・・姿は見えないけど・・・ありがとう」

そうなんですか〜♪ どこにもそんなことは書いてなくて、全然知りませんでした。ビッカースタッフコーチが、スイート席の方を指して、「たぶん、どこかで葉巻を吸っているはず」とか言ったという話だけで。(どうして書いてくれないんだ…ぶつぶつ)
AP記者のリキャップより、地元紙の記事より、シャーロットさんの感想の方がずーーーっと楽しくて興味深いです。いつもありがとうございます。(^^)

最後に勝てなかったのは残念ですけど、1点を争う攻防で盛り上がったのは良かったですよね。それに、一方的に解雇されるコーチが多い中で、ビッカースタッフさんは幸せな引退だと思います。オフィシャルでセレモニーのフォトギャラリーを見て、私も観客になりたかったな〜と思いました。

来シーズンが楽しみですね!

Posted by まき at 2007年04月20日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。