2007年05月11日

頂点への道のり

ブルズが9年ぶりに1stラウンドを突破したからか、先日のシカゴ・サンタイムズに「Most exciting Bulls playoff games Top 10」が掲載されたのですが――

No. 10: 1993, Eastern Finals vs. KNICKS, GAME 5, NEW YORK.
No. 9: 1992, NBA Finals vs. TRAIL BLAZERS, GAME 1, CHICAGO.
No. 8: 1986, East First Round vs. CELTICS, GAME 2, BOSTON.
No. 7: 1977, Western First Round vs. BLAZERS, GAME 2, CHICAGO.
No. 6: 1998, Eastern Finals vs. PACERS, GAME 7.
No. 5: 1997, NBA Finals vs. JAZZ, GAME 5, SALT LAKE CITY.
No. 4: 1993, NBA Finals vs. SUNS, GAME 6, PHOENIX.
No. 3: 1997, NBA Finals vs. JAZZ, GAME 6, CHICAGO.
No. 2: 1989, Eastern First Round vs. CAVS, GAME 5, CLEVELAND.
No. 1: 1998, NBA Finals vs. JAZZ, GAME 6, SALT LAKE CITY.

No. 7以外は全部見ているけど、優勝する前のMJ's Bullsはポンテルでも入手不可能だし、ほとんど知らないな〜と改めて思い、ちょっとプレイオフの成績を一覧にしてみました。
(しかし、手間かかったわりにイマイチ面白くなかった…(^^;)

84-85 Eastern Conference 7位
Boston 63-19  Milwaukee 59-23  Philadelphia 58-24  Detroit 46-36
New Jarsey 42-20  Washington 40-42  Chicago 38-44  Cleveland 36-46

1st Round (1-3)
@MIL 109, CHI 100 (23P 10A 4R)
@MIL 122, CHI 115 (30P 12A 4R)
@CHI 109, MIL 107 (35P 7A 8R)
MIL 105, @CHI 97 (29P 5A 7R)

カンファレンス優勝:ボストン  NBA優勝:LAレイカーズ

85-86 Eastern Conference 8位
Boston 67-15  Milwaukee 57-25  Philadelphia 54-28  Atlanta 50-32
Detroit 46-36  Washington 39-43  New Jarsey 39-43  Chicago 30-52

1st Round (0-3)
@BOS 123, CHI 104 (49P 2A 4R)
@BOS 135, CHI 131 : 2OT (63P 6A 5R)
BOS 122, @CHI 104 (19P 9A 10R)

カンファレンス優勝:ボストン  NBA優勝:ボストン

86-87 Eastern Conference 8位
Boston 59-23  Atlanta 57-25  Detroit 52-30  Milwaukee 50-32
Philadelphia 45-37  Washington 42-40  Indiana 41-41  Chicago 40-42

1st Round (0-3)
@BOS 108, CHI 104 (35P 7A 6R)
@BOS 105, CHI 96 (42P 4A 4R)
BOS 105, @CHI 94 (30P 7A 11R)

カンファレンス優勝:ボストン  NBA優勝:LAレイカーズ

87-88 Eastern Conference 3位
Boston 57-25  Detroit 54-28  Chicago 50-32  Atlanta 50-32
Milwaukee 42-40  Cleveland 42-40  Washington 38-44  New York 38-44

1st Round (3-2)
@CHI 104, CLE 93 (50P 2A 7R)
@CHI 106, CLE 101 (55P 3A 6R)
@CLE 110, CHI 102 (38P 9A 5R)
@CLE 97, CHI 91 (44P 4A 5R)
@CHI 107, CLE 101 (39P 6A 4R)

Conference Semifinals (1-4)
@DET 93, CHI 82 (29P 6A 11R)
CHI 105, @DET 95 (36P 1A 11R)
DET 101, @CHI 79 (24P 3A 7R)
DET 96, @CHI 77 (23P 5A 7R)
@DET 102, CHI 95 (25P 8A 8R)

カンファレンス優勝:デトロイト  NBA優勝:LAレイカーズ

88-89 Eastern Conference 6位
Detroit 63-19  New York 52-30  Cleveland 57-25  Atlanta 52-30
Milwaukee 49-33  Chicago 47-35  Philadelphia 46-36  Boston 42-40

1st Round (3-2)
CHI 95, @CLE 88 (31P 11A 5R)
@CLE 96, CHI 88 (30P 10A 5R)
@CHI 101, CLE 94 (44P 10A 7R)
CLE 108, @CHI 105 : OT (50P 4A 3R)
CHI 101, @CLE 100 (44P 6A 9R)

Conference Semifinals (4-2)
CHI 120, @NYK 109 OT (34P 12A 10R)
@NYK 114, CHI 97 (15P 3A 8R)
@CHI 111, NYK 88 (40P 9A 15R)
@CHI 106, NYK 93 (47P 6A 11R)
@NYK 121, CHI 114 (38P 10A 8R)
@CHI 113, NYK 111 (40P 10A 5R)

Conference Finals (2-4)
CHI 94, @DET 88 (32P 4A 11R)
@DET 100, CHI 91 (27P 4A 4R)
@CHI 99, DET 97 (46P 5A 7R)
DET 86, @CHI 80 (23P 4A 2R)
@DET 94, CHI 85 (18P 9A 5R)
DET 103, @CHI 94 (32P 13A 4R)

カンファレンス優勝:デトロイト  NBA優勝:デトロイト

89-90 Eastern Conference 2位(第3シード)
Detroit 59-23 Philadelphia 53-29 Chicago 55-27 Boston 52-30
New York 45-37 Milwaukee 44-38 Cleveland 42-40 Indiana 42-40

1st Round (3-1)
@CHI 111, MIL 97 (38P 7A 8R)
@CHI 109, MIL 102 (36P 11A 9R)
@MIL 119, CHI 112 (48P 5A 9R)
CHI 110, @MIL 86 (25P 5A 6R)

Conference Semifinals (4-1)
@CHI 96, PHI 85 (39P 6A 5R)
@CHI 101, PHI 96 (45P 7A 8R)
@PHI 118, CHI 112 (49P 5A 5R)
CHI 111, @PHI 101 (45P 11A 6R)
@CHI 117, PHI 99 (37P 8A 9R)

Conference Finals (3-4)
@DET 86, CHI 77 (34P 5A 7R)
@DET 102, CHI 93 (20P 7A 7R)
@CHI 107, DET 102 (47P 4A 10R)
@CHI 108, DET 101 (42P 9A 4R)
@DET 97, CHI 83 (22P 8A 4R)
@CHI 109, DET 93 (29P 2A 10R)
@DET 93, CHI 74 (31P 9A 8R)

カンファレンス優勝:デトロイト  NBA優勝:デトロイト


posted by まき at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
7以外では、僕は10を見ていないのですが、あれはニックスのチャールズ・スミスをゴール下で連続でブロックした試合でしたでしょうか。2連敗した後、4連勝しましたが、あの頃のニックスは強かったですね。今、スパーズがディフェンスが強いチームということで話題になりますが、あの頃の数年間のニックスもかなりのものでしたね。

94年のファイナルが、ニックスとロケッツの対戦で、ハンドチェックなども使ったディフェンスが全盛の時代で、得点も入らず、次の年にスリーポイントラインの距離が短くなったりもしましたが、やはり得点が多く入って、オフェンシブで華やかなバスケットが多くのNBAファンにはわかりやすいのかもしれませんね。ディフェンスを見る面白さに目覚めた人は、かなりのバスケ通だと思います。
Posted by Tetsu at 2007年05月15日 15:50
はい、ストップ!ストップ!ストップ!ストップ!ストップ!!のゲームです♪
あのシーンばかりが印象的で、他の内容は覚えていないのですが。(^^;
92年と93年のニックスは本当に強烈なディフェンスでしたよね。私はブルズとニックスの対戦が大好きで、何度も繰り返し見ています。
決して玄人ファンではないので、あまりにもディフェンシブなゲームがつまらないのは分かるんですけど、120対125のような試合が続くのもつらいかな…。
最近、今のルールで90年代のブルズを見たかったと思うようになりました。
サンズやマブスやスパーズやウォリアーズ(特に(笑))との対戦を見てみたいです。
Posted by まき at 2007年05月15日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。