2007年05月24日

サム・ビンセントに決定

のようです。金曜日に記者会見があるとか。
44歳。ミシガン州ランシング出身。ミシガン州立大学卒業後、1985年のドラフト20位でセルティックスへ。ルーキーシーズンに優勝を経験。1987-88シーズンにソニックスからブルズにトレードされ、89年にマジックへ。92年引退。
南アフリカ、ギリシャ、オランダのプロチームをコーチした後、アテネ五輪でナイジェリアの女子ナショナルチームにオリンピック初勝利をもたらし、去年の世界選手権ではナイジェリアの男子チームを率いてセルビア・モンテネグロをアップセットした。2005-06シーズンにDリーグのヘッドコーチ。2006-07シーズン、ダラス・マーベリックスのアシスタントコーチ。
とのこと。
ブルズでマイケルとチームメイトだっただけでなく、シアトル時代はビッカースタッフコーチの元でプレーしたそうです。

ビッカースタッフGMのコメントによると、people skills がvery, very good。それは「特にプロレベルで重要なこと」(ダグ・コリンズは「非常に優れた戦術家だが、コミュニケーション能力に問題がある」と言われてましたね…あと、ラリー・ブラウンもか)。
そして、ディフェンスが得意なコーチであると。


あと、いろいろドラフト予想を見たんですけど、ま〜所詮予想だからな〜。
ジョージタウンのセンター、ロイ・ヒバートはエントリーを取り下げちゃったしさ。
今年のドラフト8位には例年の4位くらいの値打ちがあるそうで、シャーロット・オブザーバーの推薦はフロリダのコーリー・ブリューワー(6-9、3年)♪ 「センター以外のポジションをすべて守れる素晴らしく万能なディフェンダーであり、クリエイティブなスコアラー」
でも、ブリューワーをもっと高く予想している人もいるので不安です。
Yahoo! では4位だもん・・・で、ボブキャッツはフロリダのジョアキム・ノア(6-11、3年)だって。
まあ、ノアも好き。(笑)
シカゴ・サンタイムズの予想は、カンザスのジュリアン・ライト(6-8、2年)。「ボブキャッツは万能でアスレティックなプレイヤーを必要としており、ライトは確実にその2つを提供できる」
サム・スミスは、ブリューワー。「マイケル・ジョーダンはブリューワーを次のスコッティ・ピペンだと言う。そして、誰が彼以上にそれを分かるだろう?」

NBA.comの一覧表を見ると、ジュリアン・ライト、ジェフ・グリーン(ジョージタウン、6-9、3年)、コーリー・ブリューワー、スペンサー・ホーズ(ワシントン、7-0、1年)、ノア、ライト、ライト、グリーン、ノアか。
その辺のレベルなんでしょーね、8位って。
22位指名の方はサッパリ見当もつきません。とりあえずサム・スミスの予想では、イースタン・ワシントンのロドニー・スタッキー(Rodney Stuckey)、21歳、6-4、「ボンジ・ウェルズ型のパワーのあるシューティングガード」。
・・・しかし、「ホーネッツにはフィニッシャーが必要」って。チーム名間違ってるし。(^^;




posted by まき at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ボブキャッツ07オフ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラフト、久々の当たり年なんですか???
最近では、
1998年組(アイバーソンとか、レイ・アレンとか)

2003年組(レブロン、メロ、ウェイドとか)
でしたっけ???
年数を覚えてないのですけど。
当り年なら、来シーズンからまた楽しみですね〜。
Posted by kenken at 2007年05月25日 00:05
去年は高校生だった優秀な大学1年生たちと、去年のアーリーエントリーを見送ってフロリダ大学を連覇に導いた3年生トリオが来るので、一説には「史上最高のドラフト」だそうです。
ノアなんか、去年は1位指名確実と言われてましたからね〜。

アイバーソンは96年組でしたっけ?コービーもナッシュもいたんだから、大当たりですよね。
不思議なもので、10年に1度か2度は大波が来ますね。(^^)
Posted by まき at 2007年05月25日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。