2007年06月30日

昨日の反応

■金曜日にブレビン・ナイトをウェイブ。
む…残念ですけど…。
「苦渋の決断だった。彼の貢献は今後もうちの若い選手たちに影響を及ぼし続けるだろう」と、ビッカースタッフ副社長。
3シーズンありがとう。PGの控えとしてどこかが契約するでしょうね〜。

今日もトレード後の首脳陣の会見など更新されていますが、とりあえず昨夜読んだシャーロット・オブザーバーの反応を。(要約するのが苦手なのでほぼ全文…(^^;)

SCOTT FOWLER

私はジェイソン・リチャードソンの獲得が気に入っている。第4Qのスコアリングの問題がすべて解決するわけではないが、ブランダン・ライトよりはずっとすぐに役に立つ。

26歳のリチャードソンの獲得は、ボブキャッツが本気でプレイオフを目指す決意の表れである。ライトは将来への投資だろう(ボブキャッツはゴールデンステイトの要請で彼を指名しただけだ)。しかし、シャーロットには敵のディフェンスを脅かす誰かが必要だった。

リチャードソンはボブキャッツの誰よりも純粋な得点能力に恵まれている。

もちろん、誰もがこの動きを好むわけではない。ライトは7歳若く、3インチ背が高く、より重要なポジションでプレーしている。それらはこの取引を批判する正当な理由だが、私は最終的にリチャードソンのスキルが上回ると思う。

ESPNアナリストのスティーブン・A・スミスはこの動きを嫌い、全国放送で「ばか」だと言って、ジョーダンをののしった。(スティーブン・Aのインスタント・オピニオンが大言壮語に満ちていることは誰でも知っている)。

私は、リチャードソンだけでなく、22位指名のジャレッド・ダドリーの選択も好きだ。

彼のゲームはバックボードのトップよりフロア上に限定されたオールドスクールなタイプだ。しかし、彼はプレーできる。ショーン・メイとは違い、常にコートに留まっている。

RICK BONNELL

この夏、シャーロット・ボブキャッツには2つの重要な疑問があった:頼りになるスコアラーを獲得し、NBAで勝つために必要なものを費やすと証明できるだろうか?

木曜日、ボブキャッツはオフェンスの武器を見つけた。リチャードソンは1試合20得点できるだろう。その得点はかなりの出費を伴う。彼には今後4シーズンで約5100万ドルの契約が残っている。

ボブキャッツがジェラルド・ウォレスとも再契約するなら(マイケル・ジョーダンは今でもそれが最優先事項だと言う)このフランチャイズはまさに、最初のプレーオフ出場を決意したオフシーズンの仕事を遂行している。

「大黒柱になり得るベテラン選手が欲しかった」と、ジョーダンは言った。「自分のためにもチームメイトのためにもショットをクリエイトできる男が」

シャーロット周辺では、ボブキャッツのオーナー、ボブ・ジョンソンは勝者を築くために必要な支払いをする用意ができていないと噂されてきた。今回の動き(リチャードソンのサラリーはルーキーのライトより格段に高い)は、その印象に反する。

「ボブは自分が今日いくら使ったか分かっているかな」と、トレードの発表の席でジョーダンは笑った。「私たちは最初から、チームを良くするための出費は惜しまないと言ってきたよ」

木曜日の夜、ジョーダンはウォレスとマット・キャロルとの再契約(2人とも日曜日にFAになる)が緊急の要件であることに変わりはないと断言した。

リチャードソンのトレードによって、ボブキャッツは原則的にFA市場から手を引いた。それは大きな驚きではない。1年前にバスケットボール・オペレーションを引き受けたときから、ジョーダンは一貫して、タレントを獲得する好ましい手段としてトレードを挙げてきた。

「団体協約が動きに制限をかける」と、ジョーダンは言った。選手が所属したチームには常に再契約のアドバンテージがあることを指摘し、その結果、「FAで動く選手はごく少数だ」。

今回のトレードは8位でライトを指名する前に成立していた、とボブキャッツ経営陣は述べた。ライトはアスレティックな6−9のフォワードで、地域とのつながりもある。しかし、ボブキャッツはウォリアーズのために彼をドラフトした。

このトレードは、ウォリアーズがボブキャッツのために2巡目でデヴィッドソンを指名するまで公表されなかった。

リチャードソンの存在は、プレイオフ出場の可能性を高めそうだ。選手たちも新コーチのサム・ビンセントも、プレイオフ出場を現実的な目標にあげている。

現在、ボブキャッツはタレントの維持に移る。ビッカースタッフは今週末にロサンゼルスへ飛び、ウォレスのエージェントと会う。

「ウォレスはここにいると確信している」と、ジョーダンは言った。「迅速に合意に達することを願っている」。

リチャードソンとは同じポジションになるが、キャロルとの再契約も決めているとジョーダンは言った。ボブキャッツの目標のためにはチームの深さが絶対必要であるとして。「彼の存在は(ドライブやカッティングの)スペースを与えてくれる」。


posted by まき at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ07オフ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。