2007年07月05日

MJの消息

やっと。(笑)
月曜日に、2日からUSシニアオープンを開催中のゴルフコース(ウィスコンシン州ヘイヴンWhistling Straits)で、そこのCEOとプレーしたとのこと。
USシニアオープンのイベントか分かりませんが…残念ながら写真はなし〜。

U.S. Senior Open notebook: Jordan, Kohler team up

ハーバート・V・クーラーJrは、ゴルフが自分の人生にさまざまな道を開き、思ってもみなかった友人と引き合わせてくれる、と言うことが好きだ。
今まで、元大統領やゴルフ界のレジェンドともプレーすることができた。月曜日、彼の友人リストにはマイケル・ジョーダンが加わった。

ジョーダンはFidelity Managementの重役2人とプレーしていたが、フォアサムでラウンドするためにもう1人メンバーが必要になった。
そのため、クーラーは自分が所有するコースの“客”になった。「彼から誘われたんだ」

2人が会うのは初めてだった。
「本当に楽しい時間を過ごしたよ。彼の素晴らしさは信じられないくらいだ。一流の人物だね。ボールを見失うと、真っ先に探しに行くのが彼だった」

ジョーダンはWhistling Straitsの常連だという噂があったが、クーラーは初めてだと否定した。ラウンド後、クーラーとジョーダンはクーラーが所有するRiverbendでビールを飲むために落ち合った。

ケーラーによれば、ジョーダン(ハンディキャップ4)はリバー・コース(6991ヤードの最長コース)を90打で回った。
「パワーがすごかった。それに、ほとんどのショットで、ドライブのコントロールも非凡だ。あの日はパットが不調で、8打か9打落としたね」
2人はいつかもう一度一緒にプレーする計画だと言う。


★ついでに、Thank you, Mia


前に探した時はなかったから嬉しい♪ 父娘共演が貴重ですよね…3年前だけど。
(お!Michael vs. Miaもある。これって便利かも)


posted by まき at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。